トイ・ストーリー

登録日 :2010/07/10(土) 07:15:30
更新日 : 2017/07/28 Fri 12:03:32
所要時間 :約 6 分で読めます




1995年に公開されたウォルト・ディズニー及びピクサー制作のフルCGアニメ映画。

ディズニーのCGアニメ映画の長編作品では処女作であり、後の『バグズ・ライフ』や『モンスターズ・インク』等の基盤になった作品。

「玩具が生きていて、持ち主である人間がいない間の日常を描く」というストーリーが子供に反響を受け、大ヒットした。

この作品は大人気になり、公開4年後の1999年に『トイ・ストーリー2』が制作された。
この作品で前作の登場玩具であるバズ・ライトイヤーのキャラ像が明らかになり、
スピンオフ作品であるアニメ「スペースレンジャー バズ・ライトイヤー」が放送された。

そして2010年公開の『トイ・ストーリー3』でシリーズ完結となる。

主題歌はシリーズ揃って「君はともだち」


以下の内容は1のものとなります。


【あらすじ】
普段子供たちが遊んでいるおもちゃ、実は彼らは人に見られていない時に限り自由に行動することができるのである。

引っ越しを控えた少年アンディはカウボーイ人形のウッディが1番のお気に入り。
ウッディはそんな立場を誇りに思い、アンディのおもちゃたちのリーダー格として慕われていた。

しかし、アンディは誕生日プレゼントに贈られたスペースレンジャー人形のバズ・ライトイヤーに夢中になってしまう。
ある日、嫉妬にかられたウッディはバズにいたずらをしかけるが、不慮の事故でバズを窓から落としてしまう。
そのことでおもちゃたちからの信頼を失い、さらには車にしがみついていたバズと共にガソリンスタンドに置き去りにされてしまう。

ウッディとバズはアンディが引っ越しをするまでに帰り着くことはできるのか?



■登場玩具

バズが来るまではアンディの一番のお気に入りだった玩具。カウボーイ姿の人形で、背中の紐を引くと『銃を捨てろ~!手ェ上げな!』等のボイスが出る。
性格はお調子者で皆をまとめるリーダー的な存在だったが、バズが来てからは日常が変化してしまい、彼を妬むようになる。
2では、実はプレミアがつくほど超レアな玩具であると判明する。

「無限の彼方へ、さぁ行くぞ!」
アンディの誕生日にプレゼントされた最新の玩具。右手にライト(レーザー)が付いていたり、左手でチョップが出来る等色々と高機能。
自身を玩具ではなく本物のスペースレンジャーと思っており、ウッディに「お前はただの玩具だ」と言われても否定している。

  • ミスターポテトヘッド(CV:ドン・リックルズ/名古屋章)
ジャガイモ型の玩具で目や鼻、手足などのパーツが取り外し出来る。アンディによく悪役に使われる。
長年嫁募集中だったが、ラストでモリーへのプレゼントとしてミセスポテトヘッドが贈られたことで実現する。
ちなみにアメリカに実在する人気玩具。

  • ハム(CV:ジョン・ラッツェンバーガー/大塚周夫)
ブタ型の貯金箱。フタが空いているところを見られると恥ずかしいらしい

肉食恐竜の玩具。恐竜だが優しい表情をしており、性格も臆病。
だが恐竜らしくないことにコンプレックスを抱いている

  • スリンキー・ドッグ(CV:ジム・ヴァーニー/永井一郎)
胴体がバネ状になった犬の玩具。その形状から縄代わりによく使われる。

『1』で唯一の女性型の玩具。羊飼いの少女の人形でウッディの恋人。

  • ラジコンカー
目のついたラジコンカー。
しゃべることは出来ないが、それなりに意思疎通は出来るらしい。
ターボモードになると公道を走る自動車を追い抜く最高速度が出せるが、電池式なので長くは持たない。コントローラはウッディが操れるほど小さい。

  • グリーン・アーミー・メン(CV:R・リー・アーメイ/谷口節)
バケツの中に入った軍隊の玩具。どう見てもバッドカンパニーである。種類は様々で、ウッディの部下。
小さいので、気づかれないようにアンディたちの偵察を行うには適任。
リーダー格の軍曹の中の人はハートマン軍曹

  • マイク
マイクの玩具。主にウッディが会議をしたりする時に活躍する。

  • レニー(CV:ジョー・ランフト/八代駿)
双眼鏡型の玩具。主に外を見渡す時に活躍する。
少しだが喋れる。

  • スケッチ
お絵かき型の玩具。絵を書く速度が凄く速く、劇中ではウッディが構える前に銃を描き上げた。

  • ミスタースペル(CV:ジェフ・ピジョン)
言葉遊びや用語の検索が出来る玩具。数年経っても検索機能の性能が劣っていないので、星の本棚を積んでいるのでは無いかと言われている。

  • ロッキー(CV:ジャック・エンジェル/小池浩司)
マッチョ体系をした玩具。ウッディを回して投げたり、大型車のレバーを動かせる等ハイスペック。

  • エイリアン
リトル・グリーンメンと呼ばれるピザプラネットのプライズゲームの景品。
目が三つで頭には一本の触角が生えていて愛らしいが、たくさんいるとなんかキモい。
『スペースレンジャー バズ・ライトイヤー』では宇宙服を着て登場している。

\イノチノオンジン カンシャエイエンニ/

  • スパイダーベビー(仮名)
シドが魔改造した玩具。頭が片目が無い赤ん坊、体が機械仕掛けの蜘蛛の形状をしている。初めてこいつを見た奴は必ずトラウマになる。

他にも、釣り竿に女性の脚がついているものや、アヒルの頭とボディビルダーの胴体にバネの足の玩具、
スケボーの先端にF1レーサーの上半身を取り付けたものなど、見た目はとても奇妙なものばかり。
しかしそんな見た目とは裏腹に優しくて臆病な性格で、バズの腕を直したり、ウッディたちの脱出に協力してくれたりと、みんないい玩具である。



■登場人物

  • アンディ・デイビス(CV:ジョン・モリス/市村浩佑)
ウッディサイドの玩具の持ち主。玩具が大好きな元気いっぱいの少年。彼の玩具には友の印として油性マジックで彼の名前が刻まれている。

  • シド・フィリップス(CV:エリック・フォン・デットン/堀裕昌)
アンディの隣人。マザコン。
玩具を破壊することに快感を得ており、よく花火や爆竹等を通信販売で仕入れてそれを玩具に使用している。
手術と称して玩具をいじくることもあり、全て恐怖の魔改造を施している。当時様々なトラウマを見せてくれたワルガキ。

  • ハンナ・フィリップス(CV:サラ・フリーマン/笠原清美)
シドの妹。お人形遊びが大好き。
魔改造玩具の一番の被害者で、彼女の人形はほとんど頭が無い。

  • モリー
アンディの妹でまだ赤ん坊。
ベビーベッドが牢屋代わりにされており、投獄されたポテトヘッドを粉砕した。



追記、修正はおもちゃを大事に扱う心を持ちながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/