SAW(映画)

登録日 :2010/03/02(火) 17:16:05
更新日 : 2017/06/13 Tue 18:21:58
所要時間 :約 3 分で読めます





目覚めたら老 化したバスルーム


首には鋼鉄の鎖


対角 上にもう一人の男


間には自 死体


このノコギリは に使うのか…



SAW(ソウ)は2004年に公開されたスリラー映画である。
シリーズ化しており、最終作となる7作目が日米同時に2010/10/30に公開された。ちなみに、シリーズ初の3D作品でもある。

小説版もあるが、急遽シリーズ化された作品のノベライズにはありがちなことだがストーリーやラストが若干アレンジされているため、その後の作品とは設定の齟齬が多々発生している
(あまり影響のない部分で言えば小説版1作目のみアマンダの姓がファリスである点など)。

アメリカでは、この作品のゲームも発売している。

この項目では映画1作目『SAW』について紹介します。



【あらすじ】

老朽化したバスルームで目覚めた、外科医のゴードンとカメラマンのアダム。
対角線上にいる2人は、それぞれ鎖で背後の壁に繋がる足枷をはめられている。
2人の間には自殺死体。全く見当がつかない状況に散乱するテープ・レコーダー、“再生せよ"と書かれたテープ、一発の弾、タバコ2本、着信専用携帯電話、鎖を切るためにはあまりに脆い2本のノコギリ。
耳障りな秒針と共に告げられたのは、「6時までに相手を殺すか、2人とも死ぬか」だった。
連続殺人犯を追う2人の刑事。犯人の目的は?その正体は?



【登場人物】

○Dr.ローレンス・ゴードン(演:ケイリー・エルウィス 吹替:大塚芳忠
外科医。老朽化したバスルームに監禁された。妻からの愛称はラリー。
興奮すると若干の傲慢さが垣間見えたりもするが、基本的には紳士的な男。

○アダム・フォルクナー(演:リー・ワネル 吹替:平田広明
フリーの写真屋。老朽化したバスルームに監禁された。
別名ミスター大混乱。口の悪いヘタレ男。

○デイヴィッド・タップ(演:ダニー・グローヴァー 吹替:池田勝
猟奇殺人鬼「ジグソウ」を追う黒人刑事。

○スティーブン・シン(演:ケン・レオン 吹替:上田耀司
タップと共にジグソウを追う中国系アメリカ人の刑事。

○アリソン・ケリー(演:ディナ・メイヤー 吹替:富本牧子
ジグソウ事件を調査する女性捜査官。

○アリソン・ゴードン(演:モニカ・ポッター 吹替:安藤麻吹
ローレンスの妻。夫からの愛称はアリ。ダイアナという名前の一人娘がいる。

ジグソウ(演:トビン・ベル 吹替:石田太郎
ある条件を元に選んだ人間に命懸けの残酷な「ゲーム」を与える連続猟奇殺人鬼。
敗北し命を落とした被験者の遺体からジグソーパズルのピース状に皮膚を切り取ることからこの名が付けられた。

○ゼップ・ヒンドル(演:マイケル・エマーソン 吹替:牛山茂
ローレンスが勤める病院の雑役係。

○アマンダ・ヤング(演:ショウニー・スミス 吹替:藤貴子
ジグソウ関連事件の唯一生き残った女性。



【SAW(1で)行われたゲーム】

  • ゴードン:家庭を顧みることもなく癌患者に仕事と割り切った冷酷な余命宣告を行う癌専門医。
 6時までにアダムを殺さなければ、妻と娘が死に、自分も死ぬ。

  • アダム:盗撮などの汚れ仕事も行うカメラマン。
 バスルームから逃げ出すことができなければ、ゴードンに殺されるかそのまま餓死することとなる。生き残るチャンスはきちんと与えられている。

  • アマンダ:自暴自棄になっている重度の麻薬中毒者。
 制限時間内に、近くで薬によって動けなくなっている男の胃の中に有る鍵を入手しなければ、ヘッドギアが作動して顎を引き裂く。

  • マーク:多くの人を死に追いやりながら精神疾患を理由に無罪となった放火魔。
 遅効性の毒を注射され、数時間後の命。目を覚ますと真っ暗な部屋の中。
 解毒剤は部屋の中央に置かれた金庫の中にあり、鍵を開けるための暗証番号は壁に無数の番号として書かれている
 (小説版では、「壁の番号を全てを足して自分の放火によって死んだ人間の数で割れば暗証番号が分かる」となっている)。
 明かりはロウソク1本のみ。体は全裸で引火性物質が塗られている。

  • ポール:裕福でありながら情緒不安定で自傷・自殺騒ぎを繰り返していた株屋。
 制限時間内に、部屋中に張り巡らされたカミソリワイヤーを抜け、脱出せよ。時間を過ぎるとドアはロックされ脱出不能になる。

・ゼップ
ジグソウの信奉者。
注射された遅効性の毒から助かりたければ、指示に従って「ゲーム」を行え。
ゴードンが6時までにアダムを殺せなかった場合、彼とその妻子を殺すこと。


この映画のラストは是非その目で確かめてほしい。




Hello、wiki篭り。私とゲームをしよう。
この項目の追記・修正する編集者になるか、それとも只眺めるだけの傍観者に留まるか。




選択は君次第だ。












GAME OVER



この項目が面白かったなら……\ポチッと/