ハイドッグブリーダーアカネ(ヴァンガード)

登録日 :2011/11/04(金) 01:54:10
更新日 : 2015/07/23 Thu 16:43:38
所要時間 :約 5 分で読めます




よく訓練されたハイドックは、
宝石よりも価値がある


ハイドックブリーダーアカネ
グレード:2 スキル:インターセプト
[自]CB2 このユニットがVかRに登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から〈ロイヤルパラディン〉の〈ハイビースト〉を一枚探し、Rにコールし、その山札をシャッフルする。


カードファイト!!ヴァンガードのカードの一枚。
ブースター2弾、竜魂乱舞に収録。レアリティはR

ロイヤルパラディンのハイビーストならば、グレード関係なくコールする能力を持つユニット。
パワーは低い上コストはデカいが、状況に応じて様々なロイヤルパラディンのハイビーストをデッキから呼べる為、汎用性は高い。
展開力の高いロイヤルパラディンを象徴する一枚である。

ロイヤルパラディンのG2は万能除去のブラスターブレード、守りを固めるイケメンゴードン、皆大好きギャラティンさんと激戦区ではあるが、それらと渡り合うに十分な能力を持っている。

ロイヤルパラディンのハイビーストはとにかく優秀であり、ロイヤルパラディンのハイビーストを投入するデッキならば、必ず入れておきたいカードである。
ここでロイヤルパラディンのハイビーストを紹介しよう。

ぽーんがる
CB1と自身をソウルへ置くことにより、デッキからソウルセイバードラゴンを手札に加える。
パワー7000と自身のパワーも高く、アカネの後ろに呼ぶ事で15000ラインの縦列を生む事が出来る。
また、ソウルセイバードラゴンをサーチする事が出来るためライド事故を軽減し、デッキ圧縮にもなり、ソウルセイバードラゴンの効果発動条件を満たしやすくなる為、一石二鳥にも三鳥にもなる。

ばーくがる
自身をレストする事によりデッキからふろうがる又は未来の騎士リューをコール。
ロイヤルパラディン特有の安定した展開力を見せるカードだが、今ではばーくがるをFVに指定する事が禁止されている為、アカネで呼び出すなどして展開を補助しよう。

まあるがる
自身をソウルに置きロイヤルパラディンのユニットのパワーを+3000するドロートリガー
ギャラティン+マロンなどの縦列がいる時にソウルに送り片方のパワーを上げれば21000ラインが超えられ、ソウルセイバードラゴンのスキル発動条件を満たす事が容易くなる。

といぷがる
G3のロイヤルパラディンが2体以上でパワー+3000されるゆるかわ系ユニット
元パワーが6000なので条件を満たすと9000になる。
同じ条件でパワー+3000される爆炎バロミデスの縦列に置くことで21000ラインを簡単に超えられる。
バロミデスの後ろはマロンでもいいのだがマロンが来なかった時の為に。

すのうがる
自身以外のすのうがる1体につきパワー+1000
後列に3体並べると8000ブーストになれる上、ガルモールやアカネのスキルにより簡単に並ばせられる。
Vにソウルセイバー、Rにバロミデスで相手を凍り付かせるブリザードフォーメーションを完成させてみよう。

れんどがる
山札からコールされたとき、自身のパワー+3000
アカネ自身を高パワーで殴れるようになるほか、バロミデスや高パワーユニットと合わせて高いパワーをぶつけたり、ほかの列によんで3パンするなど汎用性の高いDAIGOの相棒わんこ。



この他にも鳥なフクロウ、騎士王の馬、グリフォン等のハイドックではないハイビーストを呼ぶことも可能なので、彼女の抱擁力の高さが良く理解できよう。



さて、性能云々について語ったが、彼女の魅力は性能だけでなくそのイラストアドにある。

凛としているがあどけなさが残る童顔、赤く長く振り乱したサイドテール、体型が惜しみなく表現されたピッチリした服装、細い腰のライン、露わになった脇、そして豊満な胸。

エロ可愛さの塊なのである。


エロ可愛さの塊なのである。


大事な事なので2回言いました。

世のロイパラ使いからは「アカネちゃんの鞭でシバかれたいです!」「アカネちゃんに首輪付けたい!」「アカネさんマジサイドテール!」との声が上がるとか上がらないとか。
おまけにレアリティは低い為、200円前後の値段で売られる事が多い。
優秀な上非常にリーズナブルなのである。
イラストや性能を見るに明らかにレアリティを間違えたカードの一枚である。


ちなみに、種族を参照する能力を持ったユニットで初めて登場し、現在のカードプールで種族を参照にする能力を持ったユニットはアカネちゃんと先輩(アカネよりも後に出てきたが)のセイランぐらいである。
[アニメでの活躍]

CV:大久保瑠美
夏合宿編にて、アイチがシンから借りたカードの中に登場し、デッキ構築に悩むアイチにイメージの中で語りかける。

え?カードの声が聴こえるとか非ィ科学的だって?
……カードゲームではよくある事なので気にしてはいけない。

その後、ユリとのファイトにてアイチのデッキに投入され、表側のダメージ3の状態でコールされ、コスト2を払いぽーんがるをコール、コスト1を払いぽーんがるをソウルに入れソウルセイバードラゴンを手札に加える おっぱいコンボ をやってのけた。
ユリからは「勝つイメージが浮かんだようね」と言われ、アイチは以後のファイトもこの戦法を見せるようになった。









………かに見えた。
それ以降、これが必勝パターンになるかと思えば今現在の放映で その戦法を見せる事は無かった

それどころか、肝心のアカネちゃんがダメージゾーンにいく、Gにコールされ消えたりとRに呼ばれることすらされない。

どうしてこうなった…。

僕の分身ブラスターブレードよりも先にユニットの中では初登場時でありながらアイチに語りかけるなど、他のユニットよりもちゃんとした台詞があるというのにこの扱いである。
アカネちゃんが報われる日はいつのことやら…

と思いきや櫂VSコーリンにてコーリンが使用した。
場にコールされた時、すのうがるをスペリオルコールしブリザードフォーメーションを完成させた。
…が、その後アンバードラゴン蝕により焼かれた。




よく追記修正された記事は、宝石よりも価値がある。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • おっぱいコンボ、おっぱいコンボ。 -- 名無しさん (2014-03-03 02:28:08)
名前:
コメント: