ガンダムアストレイ アウトフレーム

登録日 :2012/02/14(火) 22:34:18
更新日 : 2016/11/26 Sat 20:59:25
所要時間 :約 5 分で読めます




「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」などに登場するMS。


オレはアンタの全てが見たい!

■ガンダムアストレイ アウトフレーム


型式番号:ZGMF-X12
全高:17.71m
重量:46.40t
装甲材質:発泡金属

装備:
ガンカメラ
ビームサイン
作業用ナイフ「アーマーシュナイダー」
ワイヤーアンカー
ビームライフル

特殊装備:ミラージュコロイドデテクター

パイロット:
ジェス・リブル
カイト・マディガン


非戦闘用の機体。
ジェネシスα内でフレームのみの状態で放置されていたのをロウ・ギュールが発見し、完成させた。

その正体はザフトが開発し、連合に強奪されたテスタメントの予備機である。
そのため、本機も背部にストライカーパックを装着可能(ただし、肩に装着するパーツについては補助パーツを必要とする)。
通常はアームやライトを備える「バックジョイント」とバックホームを装着している。

動力は核エンジンではなくバッテリー。本来ならテスタメントと同じPS装甲を持つ筈だが上記の通りフレームのみで発見されたため代替として発泡金属製になっており、形状もテスタメントの物とは異なっている。
このおかげで機体重量が軽く、機動性に優れる。
センサー系もかなり高性能。ミラージュコロイドデテクターも搭載され、付近のミラージュコロイド使用中の機体を感知出来る(さすがに位置までは分からないが)。


名称は本機が「規格外の機体」であるということから来ている。
また、名称こそ「アストレイ」だが、上記の経緯からロウが命名しただけなのでオーブのアストレイシリーズとの関連性はない。

ロウが火星へ向かう直前、ジェネシスαをザフトが運用していたジェネシスと勘違いして勝手に取材していたジェスの乗機(レイスタカスタム)を、ロウ達が出立するまでの護衛を引き受けていた劾が破壊したのでその侘びに、と譲り受けた。気前が良すぎる…
後に8によってバックパックがマルチパックになり、ストライカーパック以外にウィザードやシルエットも装着可能になっている。但し弊害として換装時にOSが書き換えられてしまうので8のサポートが必要になってしまった。


○装備
非戦闘用なので、基本的に武装はほとんど装備されていない。

  • ガンカメラ
MS用の携行式カメラ。映像の録画はもちろん、再生も可能。
出力を上げた光を当てて、相手のセンサー系を一時的にダウンさせる事も出来る。

  • ビームサイン
腰に2本装備。
その名の通り、ビームを使ってサインを出す。
短時間だが、出力を上げればビームサーベルやビームシールドとしても使える。

  • 作業用ナイフ「アーマーシュナイダー」
バックジョイントやバックホームに2本ずつ装備。
主に作業用として使われるが、戦闘にも充分耐えられる。

  • ワイヤーアンカー
両膝に内蔵。
壁などに打ち込んで機体を固定したり、崖を上る時に使う。
隠し武装としても役立つ。

  • バックホーム
長期取材用に8(ハチ)が設計した居住パックで、文字通りジェスの家。
バックジョイントを介して装備されている為、ある意味これもストライカーパックの一つかもしれない。
内部は三階建てで、一階がベッドルーム、二階がキッチン、三階は後からユン・セファンに追加してもらったユニットバス(8設計)となっている。
外部からの入り口に加えコクピットから直接出入りが可能。大容量バッテリー内蔵なので長旅でも安心。
但し機体バッテリー残量が少なくなると真っ先に風呂の電源がカットされるのかぬるくなるらしい。

  • ビームライフル
マディガンが設計した専用武器。カートリッジからエネルギー供給する。
護身用だが威力は高く、本機のセンサーと連動させれば精密射撃も行える。
グレネードランチャーも内蔵。



○劇中の活躍
主にジェスが搭乗。
破損したレイスタの代わりとしてロウから渡され、8と共に南米を始めとして世界各地に赴き、取材を行った。
その後、ブレイク・ザ・ワールドが起こると地球に落下するユニウスセブンをジェネシスαで破壊するために出撃して照準役を務めるがテスタメントに妨害され、カイトの搭乗するゴールドフレーム天ミナの介入によってジェスは死なずに済むが、元々戦闘向きのMSでなくジェスも戦闘に不慣れであったこともあり、中破させられてしまった。



『真実』を教えてくれ

■ガンダムアストレイ アウトフレームD


型式番号:ZGMF-X12D
全高:17.71m
重量:46.40t
装甲材質:発泡金属

装備:
ガンカメラ
ビームサイン
作業用ナイフ「アーマーシュナイダー」
ワイヤーアンカー
ビームライフル
マディガン専用複合銃

特殊装備:ミラージュコロイドデテクター

パイロット:
ジェス・リブル
カイト・マディガン


ロウによって改修されたアウトフレーム。
正確には「元に戻した」と言うべきか。

腕や下半身の装甲がテスタメントと同じ形状の物に交換されておりワイヤーアンカーなどはオミットされた。
しかしこの装甲も発泡金属製なので、テスタメントと比べて防御力が劣っている反面、機動性では勝っている。
また、ストライカーコネクタに変更は無いため各種ストライカーも継続して使用可能(肩への補助パーツも依然必要だが)。

大きな特徴としてウィルスによるジャミングを防ぐため頭部のメインカメラ部分をコクピットに換装でき、複座式の機体としても運用できる。もちろん、センサーへの再換装も可能。
コックピット換装時にどこかの誰かに武装解除されたら洒落にならない事態になる。


名称の「D」はロウ曰く「ダブル」や「ダッシュ」など、様々な意味が込められているらしい。
というか、当初は戦闘用という意味で「デュエル」から付けていたが、マディガンに「既にその名の機体が存在する」と指摘され、次に適当に「デスティニー」と付けたら今度はジェスから「インパルスにそんな名前の装備がある」と指摘されてしまい、最終的にセトナが提案した「ダブル」「ダッシュ」に落ち着くというグダグダなやりとりの末に命名された。



○装備(改修前と同じ物は割愛)
  • マディガン専用複合銃
マディガンが愛用している武器。
ビームと実弾の撃ち分けが可能で、銃身の下部にはブレードが装備されている。
イルドとの戦闘の際にジェスが使用した。

  • カレトヴルッフ
ロウが製作した多目的ツール。ロウが調整してガンカメラとして機能するようになっている。
武器として使えることもあってジェスは当初受け取りを渋ったが百聞は一見にしかずということで装備された。
ガンカメラの機能も以前よりよくなっているらしい。


○劇中の活躍
以前と同様、ジェスが主に搭乗する。
テスタメントとの再戦で頭部にジェス、通常コクピットにマディガンと8が乗り込み、ソードストライカー装備で出撃。切り裂きエドと同じ「装甲の継ぎ目を狙う」という戦法でテスタメントに勝利した。
その後は以前のように世界中を周り、様々な人物達を取材していた。

なお、本編後8がロウの下に戻ってからはジェスが一人で操縦している。



■ゲームでの活躍

  • GENERATION OF C.E.
アウトフレームが参戦。Dは出ない。
ビームサインとガンカメラで攻撃するが間合いが狭い為扱い難い。





追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/