円環少女

登録日 :2012/01/11(水) 20:39:16
更新日 : 2016/11/05 Sat 00:17:49
所要時間 :約 4 分で読めます






幾万の魔法世界で、ただひとつ、
魔法に見捨てられた世界。
ここは地獄----


レーベル:角川スニーカー文庫
著者:長谷敏司
イラスト:深遊
全13巻


異世界からやってきた犯罪魔導師を相手に戦い続ける非公式公務員の武原仁と、
少女魔導師の鴉木メイゼル、滅びたはずの魔法大系を使える倉本きずなが現代の日本を舞台に繰り広げる魔法バトル。
キャッチフレーズは「灼熱のウィザーズバトル」練り込まれた設定と複雑に絡み合う人間関係、シリアスなストーリーとコミカルな変態が特徴。

「魔法使い」=「超越者」という他作品に見られる構図ではなく、
地球人が魔法を観測すると魔法が破壊される「魔法消去」の設定により、ただの一般人が魔法使いの天敵になっている。
また「魔法消去」の設定から一般人は魔法を見ることが出来ず、そのため現代社会において魔法が明るみにでることは無い。

前述の魔法消去を地球人が持つ事と、地球に神がいない事から、
異世界の魔法使いらは、地球を「地獄」と蔑み、地球人を「悪鬼(デーモン)」と呼ぶ。


【主要人物】

犯罪魔導師を取り締まる「魔導師公館」に勤める専任係官であり、
私立御陵甲小学校で副担任をしている教員免許を持たないニセ教師。得意技は視姦。
「おまえ変態だから魔法使いだろ」は名言。


最年少の《刻印魔導師》で、電子操作を得意とする円環大系の高位魔導師で、
私立御陵甲小学校に通う小学校六年生。本名は「メイゼル・アリューシャ」。

クラスの副担任であり、担当の専任係官の仁を「せんせ」と呼ぶ。
生来の加虐嗜好者で仁を虐めてはうっとりするサディスト。
ドS小学生に見下され罵倒されたいと思ったのは筆者だけではないはず。
料理の腕前は殺人的(そのまんまの意味で)


六十年前に滅びたはずの魔法大系、『再演大系』を使える女子高校生。
父親の倉本慈雄と2人暮らしをしているため高い家事スキルを持つ。
優しい顔立ちと家庭的な雰囲気で仁の癒やしになっている。おっぱい要因。

似ているものを操る、相似大系の刻印魔導師34才おっさん
初登場でメイゼルをいたぶり、仁に捕まるチョイ役、と思いきや後にヒロイン昇格。
癒し系中年として読者を和ませる。戦闘になると無駄に偉そうな態度で逃げようとする。
「別に逃げても構わないのだろう?」

変態1
触覚から魔力を引き出す聖痕大系を使う専任係官《茨姫》
自分の体を痛めつける事で魔法を発動し、自分の血肉を飛び散らかせながら戦うドM。
アニメ化できない存在。

  • セラ=バラード
変態2
境界に魔力を見いだす錬金大系を使う全裸女
触れたものを溶かす錬金大系の特性上、まず自分の服が溶ける。
《無双剣》の二つ名を持ち結構活躍する。全裸だけど。
錬金魔導師にとって服は子供の着るもの。
「まずは服を脱げ。話はそれからだ」


  • 瀬利ニガッタ
変態3
嗅覚と味覚から魔力を引き出す賢猟大系の女。
小学校に忍び込みメイゼルのペットになろうとする。
Sのメイゼルが引く程の犬気質。


【用語】

■魔法
観測することを起点に自然秩序を意志に従わせる技術の総称。
地球を除く世界にはそれぞれ自然秩序に何らかの不安定さを持ち、
魔法使いはそこに魔力を見出し、支配する。

■地獄
我々が暮らしている地球を魔法使い達が呼ぶ蔑称。
地球には他の世界に存在するような自然秩序の歪みが無い為、
魔法研究に最も適した環境であり、奇跡の存在しない世界。

■悪鬼(デーモン)
魔法消去能力を持つ六十億人の地球人に対する憎しみと恐れから付けられた蔑称。

魔導師公館
通称『公館(ロッジ)』日本の法律に違反した犯罪魔導師を取り締まり、
必要であれば裁判抜きで殺害もする非公式機関。

■協会
既知魔法世界約三千のうち、およそ千もの魔法世界を取りまとめる巨大な組織で、
優れた力を持つ魔法大系の上位三十六位までが『三十六宮』として組織内での権力を握っている。
公館とは一応の協力関係にあり、定員600名の刻印魔導師が欠ける度に補充したりしている。

■神聖騎士団
神音大系の世界で最も大きな勢力で遥か昔から地球にも関わってきた。
神なき世界で信仰を持ち続ける地球人に感銘を受け、神を降臨させようとしている。
一大系で協会に匹敵し、離反以来一万年にわたり協会と抗争を続けている。
本拠地がアメリカにあるので協会の管理下にある魔法世界では英語は卑語とされている。
地球人を唯一悪鬼と呼ばない魔法大系。


ネタバレ





実は円環大系は永劫の円環ではなく進化する螺旋。

つまり本当のタイトルは円環少女ではなく螺旋少女なんだよッ!



追記・修正は 「行ってしまったわ……円環の理に導かれて……」 を思い出しながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/