アニメーカー

登録日 :2011/08/26(金) 01:59:24
更新日 : 2016/12/14 Wed 20:03:30
所要時間 :約 2 分で読めます




アニメーカーはドラえもんのひみつ道具の一つ。
「アニメ制作なんてわけないよ」という話に登場する。


自宅の物置を アニメスタジオに改造した スネ夫。
資金はたっぷりあるが人手が足りないためジャイアン達を誘ってアニメを作ろうとするのだが、絵の下手なのび太はいつものように仲間外れにされてしまう。

これまたいつものようにドラえもんに「アニメスタジオを出して」と頼みこむのび太。
事情を察したドラえもんはのび太にアニメ制作の基本を説明するも、結局のび太は面倒になってやる気が無くなってしまう。
そんなのび太を見かねて出したのがアニメーカーであった。

アニメーカーは脚本や原画、動画などセルアニメを制作する際の全工程の製作を自動で行ってくれる 夢の道具 である。
もちろん声優もあらゆる声を機械的に合成して出すことが出来る 夢の道具 である。
更にわさドラ版のアニメーカーはセルアニメだけでなくデジタルアニメにも対応している 夢の道具 である。

思い通りのアニメを作ることが出来るこのアニメーカーはアニメ好きにとってまさしく喉から手が出るほど欲しい 夢の道具 なのである。



そんなアニメーカーを使い、「のび太ウォーズ」なるSFアニメを作ったのび太は早速スネ夫やジャイアン達にアニメを見せる。
「どうせひどい絵で、むちゃくちゃな話で…」とバカにしていたスネ夫達であったが、
実際に見たアニメの出来は素晴らしく、「くやしいけどおもしろい」と高評価であった。



しかし


演出………………アニメーカー
シナリオ…………アニメーカー
キャラクター……アニメーカー
美術………………アニメーカー
原画………………アニメーカー
動画………………アニメーカー
撮影………………アニメーカー
ボタン押し………ドラえもん


「のび太はいったいなにをやったんだ!?」



何もやってない
(※厳密に言えば、物凄く簡単な形の「原案」だけはやっている)



追記・修正はボタンを押しながらお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/