連発型不運光線銃

登録日 :2011/09/09(金) 08:40:46
更新日 : 2017/06/30 Fri 06:48:02
所要時間 :約 3 分で読めます




連発型不運光線銃はドラえもんに登場するひみつ道具の一つ。
「空中シューズ」もしくは「不運は、のび太のツヨーイ味方!?」に登場。(タイトルは前者が原題、後者はドラえもんプラス収録版のもの)

ドラえもんに登場するひみつ道具にはマイナーなものが多々あるがこの 連発型不運光線銃 もその一つ。
登場は わずか1コマ で、詳しい道具の説明は無し。ただし、その後の展開から道具の能力は 「撃たれた人間に次々に不幸が襲いかかる」 というものであることがわかる。



学校から家にたどりつくまでに…

  • 車にぶつかりそうになる
  • 水たまりに踏み込む
  • 電柱にぶつかる
  • 空きかんにすべる
  • 工場の穴に落っこちる
  • 百円を落とす

と、ろくな目にあっていないのび太。

「こんなことじゃ、こわくておもてを歩けない。お願い、なんとかして」

いつものようにドラえもんに頼み込むのび太であったが、ドラえもんは難色を示す。

「考えてみろよ、その災難はみーんなきみの不注意が原因だろ。ボヤーッとしなけりゃいいんだ。きみの性格をなおすことがだいいちだね」

ドラえもんは冷たくのび太を見放し、部屋を出ていこうとする。のび太はそんなドラえもんを追いかけ 何故か 壁にぶつかってしまう。

「性格がなおる前に死んじゃう」


呆れたドラえもんが仕方なく出した道具は空中シューズ。空気を踏んで空中を歩くことが出来る道具であった。

「空には車も空きかんも電柱も水たまりも工事の穴もないから、安心して歩ける。どんなにボンヤリしててもへいきだぞー」

意気揚々と空中散歩に出かけたのび太を見て、ドラえもんは 「出さないほうがよかったかも……」 と不安に思うのであった。



案の定、のび太は空中シューズを使いスネ夫にイタズラしたり、しずかちゃんの入浴を覗いたり、ジャイアンをからかったりとやりたい放題であった。そして…

「なによりすばらしいのは、どこからどこへ行くにも最短距離をたどれることだ。学校なんか三分の一の時間で行ける。毎朝ねぼうできるぞ!!」

と、何一つ反省せずに怠ける気満々であった。そんな様子を見ていたドラえもんは 「貸すんじゃなかった……」 と呆れてしまう。


そこで ようやく 出てきたのが 連発型不運光線銃 。ちなみにこの時点で残り2ページ。ドラえもんはその銃でのび太を撃ち、こらしめることにするのであった。


連発型不運光線銃で撃たれたのび太は…

  • ヘリコプターとぶつかりそうになる
  • 煙突の煙に突っ込んでしまう
  • ラジコン飛行機に追いかけられる
  • パーマンが描かれた凧の糸が足に絡まり、ラジコンとぶつかる
  • 野球ボールが飛んできて股間に直撃
  • 頭に毛が三本しかないオバケとぶつかり、「どこ見て歩いてんだ!!」と怒鳴られる。

ボロボロになったのび太にドラえもんはこう説教する。

「わかったね、きみ自身が注意力を育てないかぎり、安全な場所などどこにもないんだよ」

「ほんとかなあ……」

アニメでは微妙に出番が増えており、帰ってきたのび太から話を聞いた時点でポケットから出し「不幸だって言ってるのになんでこんなもの出すんだ」と怒るのび太に「これで撃たれたみたいだね、言いたかったんだ」と平然と答えている。その後「反対に幸運光線銃っていうのはないの?」と聞かれた際には「あるけど、今修理中なんだ」と返していた。その後の展開は原作とほぼ同様である。


追記・修正は連発型不運光線銃に撃たれてからお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/