Steins;Gateの登場人物

登録日 :2011/07/23(土) 19:05:19
更新日 : 2017/04/04 Tue 10:26:32
所要時間 :約 6 分で読めます





ゲーム『Steins;Gate』の登場人物一覧。
派生作品の登場人物は該当作品の個別の記事を参照。


メインキャラクター
(未来ガジェット研究所)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

岡部倫太郎 (おかべりんたろう)
CV:宮野真守

主人公。通称「オカリン」。
未来ガジェット研究所ラボメンナンバー001。
彼の視点で物語は進行する。

東京電機大学一年生。
厨二病(邪気眼)で、狂気のマッドサイエンティスト「鳳凰院凶真」(ほうおういんきょうま)と名乗る。

彼のノリについていけるかで、この作品の評価が変わることが多い。
小説版『円環連鎖のウロボロス』では幾分取っ付き易くなっている。
この厨二病にもある理由が……。


牧瀬紅莉栖 (まきせくりす)
CV:今井麻美

ヽ(*゚д゚)ノ メインヒロイン。ラボメンナンバー004。
ヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所所属研究員。

ラジオ会館で血塗れで倒れていたはずが、何故か岡部の前に無傷で現れる。
岡部からの通称は「助手」「クリスティーナ」「セレセブ(セレブセブンティーン)」など。
隠れ@ちゃんねらーで、日常会話でも抑えられず@ちゃん語が自然と漏れてしまう。

スピンオフ『史上最強のスライトフィーバー』『STEINS;GATE :Reverse』の主人公。

5pb.繋がりで格闘ゲーム「ファントムブレイカー」にゲスト出演している。
@ちゃんねる語混じりの勝利セリフで、『ChaoS;HEAd』ヒロインの梨深を含めた何人もの相手を「厨二病乙」と切り捨てた。


椎名まゆり (しいなまゆり)
CV:花澤香菜

岡部の幼馴染みで、未来ガジェット研究所の初期からのメンバー。ラボメンナンバー002。
自称「オカリンの人質」。

口癖は「トゥットゥルー」で、自分のことを「まゆしぃ☆」と呼ぶ。
周りがかなり濃いため普通の人物だと錯覚しがちだが、それなりのオタクで、よくラボでコスプレ衣装を作っている。
だが作る専門であり、仕事でなければこの手の衣装を着る気はないらしい。

ドラマCD β「無限遠点のアークライト」ではメインを務める。
小説版でも追加エピソードがある。 

元々は紅莉栖とまゆりの胸はそれぞれ逆の大きさの設定だったが、
キャラクターデザインのhuke氏によって現在のものに変更された。
ファンの間では「まっちょしぃ」なるネタが存在し、huke氏も度々それに乗っている。


阿万音鈴羽 (あまねすずは)
CV:田村ゆかり

未来ガジェット研究所階下のブラウン管工房のバイト。ラボメンナンバー008。
よくサボってはMTBを磨いている。

自称「一人前の戦士」で、岡部には「バイト戦士」と呼ばれる。
何故かラボに出入りする紅莉栖を快く思っていない。

スピンオフ『亡環のリベリオン』の主人公。

サイズの値だけなら紅莉栖とほとんど同じ体型だが、紅莉栖と比較して立派に描かれる。


漆原るか (うるしばらるか)
CV:小林ゆう

柳林神社の一人息子。ラボメンナンバー006。
まゆりのクラスメイトでもある。

父親の趣味で巫女服を着ている男の娘。
岡部には「ルカ子」と呼ばれる。

岡部に命じられた模造刀「妖刀・五月雨」での鍛錬を実行する、
岡部を「凶真さん」と呼ぶなど、岡部の厨二病は平気な様子。
自身も妖刀・五月雨を下半身に宿す。エル・プサイ・コンガリィ。

twitter上で「メス豚になれ〜!」というtweetを残した。



メイド喫茶「メイクイーン+ニャン2」のバイト。ラボメンナンバー007。
まゆりのバイト仲間。

岡部を超える中二病で、岡部もその勢いに飲み込まれるほど。
カードゲーム「雷ネットアクセスバトラーズ」の熟練者。

服装が変わることがあっても、ネコミミは基本装備で外さない。
メインキャラクター中で最も背が低いが、身体の凹凸は鈴羽以上。

ドラマCD α「哀心迷図のバベル」で重要な役回りに立つ。


桐生萌郁 (きりゅうもえか)
CV:後藤沙緒里

編集プロダクションのアルバイト。ラボメンナンバー005。
幻のレトロPC「IBN5100」を探している。街中で写真を撮っていたところ、岡部と出会う。

メールの打ち込みが異様に早く、岡部には『閃光の指圧師(シャイニングフィンガー)』と呼ばれている。
この呼び名でダルの中の人ネタがある。

極度のメール依存症かつメール魔で、直接話すのは苦手。
常に俯きがちだが、メールではやたらと明るい。

ドラマCD γ『暗黒次元のハイド』の実質的なヒロイン。


橋田至(はしだいたる)
CV:関智一

岡部の友人で、どうしようもないほどの重度のオタク。ラボメンナンバー003。
PC関連に長けた「スーパーハカー」で岡部の右腕的存在。

通称「ダル」。
PCの知識とハッキング・クラッキング能力はかなりのものだが、HENTAI度合いも凄まじい。

小説版では関連エピソードが追加された。
ドラマCDではHENTAIぶりに拍車がかかる。

ある意味一番のリア充。
女性キャスト陣の間で最も人気が高い。





サブキャラクター
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◆天王寺裕吾 (てんのうじゆうご)
CV:てらそままさき

ブラウン管工房の店長で、ラボのあるビルのオーナー。
通称「ミスターブラウン」。

スキンヘッドのひげ面でTシャツ1枚にエプロンを着たムキムキの男。

ブラウン管と娘を何よりも愛している。
実は帰国子女。

スピンオフ『恩讐のブラウニアンモーション』の主人公。

PC版予約特典のコスプレパッチ適用時には、特に破壊力の高いコスプレを魅せつける。


天王寺綯 (てんのうじなえ)
CV:山本彩乃

天王寺裕吾の娘。
父親のことが大好きで、まゆりや鈴羽にもよく懐く。

岡部をオカリンおじさんと呼ぶ。
岡部やダルが怖いようで、厨二病らしい言動をとられるとすぐに人の後ろに隠れる。

『恩讐のブラウニアンモーション』特別編では、まゆりのオタク趣味に順応してみせた。

「綯さん」「萎えちゃん」などプレイヤーからの異名が多い。
「綯」の字は「とう」で変換。

人気投票では上記の9人に続くと思いきや、まさかの11位。


◆漆原栄輔

るかの父で、柳林神社の神主。
彼も岡部を鳳凰院凶真と認識しているらしい。
優しい良い人。

しかしるかに巫女服を着せる辺りはちょっとアレな人。


◆フェイリスパパ

フェイリスの父。

非常に良くできた人。
るか父のようなアレな要素のない紳士。


◆4℃ (シド)
CV:白石稔

雷ネット大会参加チーム「ヴァイラルアタッカーズ」のメンバー。
厨二病で、自称「伊達ワル」。

ガイアに何かを囁かれていて、帽子の中にはある秘密を抱えている。

仲間を引き連れており、街中でも平然とDQN行為を働く。
数少ない明確かつ完全な悪役。

僅差とはいえ、人気投票で綯を11位に引き摺り下ろした。


◆ジョン・タイター
CV:土田大(アニメ版のみ)
2010年の@ちゃんねるに現れたコテハン。
2036年からIBN5100を探しにきたらしい。

2000年にもアメリカの掲示板に現れていたはずが、何故か岡部しか覚えていない。

2000年に米国のネット掲示板に現れた、自称タイムトラベラーの「John Titor」が元ネタ。


◆ドクター中鉢 (どくたーなかばち)
CV:小形満
胡散臭い発明家。モデルは言わずもがな。

タイムトラベル理論を完成させたらしく、ラジ館で記者会見を開く。
岡部の行動で会見を邪魔される。

コスブレパッチ適用後の姿は異様の一言。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/