ブラッド・ヴィッカーズ

登録日 :2011/06/03(金) 21:59:21
更新日 : 2017/05/04 Thu 20:31:20
所要時間 :約 4 分で読めます




ブラッド・ヴィッカーズとはバイオハザードシリーズに登場するキャラクターである。


年齢:35
血液型:O
身長:174cm
体重:60.8kg
趣味:スポーツ観戦
職業:S.T.A.R.S.αチーム リアセキュリティ

精鋭揃いであるS.T.A.R.S.の隊員

彼の担当は後方支援で、通信機器の扱いに長けているため情報処理を担当し、またヘリの操作も可能なため、洋館事件の際はαチームを現場に送り無線を使用して仲間たちと連絡を取りながら事件解決に一役買った。


以下、劇中でのネタバレ。




















実はとてつもないヘタレ。

性格は小心者で、プレッシャーに弱く、長いものに巻かれるタイプ。

☆各作品での活躍

  • バイオハザード
OPにてケルベロスにビビり、仲間であるクリス達を置き去りにして1人ヘリで逃亡。

ゲーム中盤頃になって無線に連絡を入れ早く脱出するよう偉そうに言ってくる。


ゲーム終盤、旨くヘリポートまで脱出できたクリス達から連絡を受けて迎えに行く。この時、本作のラスボスであるスーパータイラントを倒す為にロケットランチャーを渡し、タイラント撃退に一役買っている。(このロケットランチャーはバリーが持ち込んでいたもので、本当に「渡しただけ」である)


その後は洋館事件より生還したクリス、ジル、バリーらがアンブレラの実態調査を行っている時にこの男………

スルー

完全にスルー 

※大切な事なのでry

日和見に走り何もしなかった(実際にバイオハザードの惨状を見ていないので、しかたない部分もあるが)。

  • バイオハザード3
ゲーム序盤に登場。
ラクーンシティ内のとあるバーにてゾンビに襲われているところで再会しジルに「俺たちは命を狙われている」と伝え、その場を去ってしまう。


そして警察署前にてジルに必死に助けを求めながら再登場。
「ジル!!た、助けてくれ!!」
とジルに助けを求めるもS.T.A.R.S.抹殺を任務としたネメシスT型に追われ
ヘタレっぷりと小物っぷりを見せつけた後に、ネメシスの触手で頭を貫かれSATSUGAIされてしまう。

このシーンは一応ムービー付きなので人によっては辛いかもしれない。

本編ではこのムービーの後にライブセレクションが発生し、ネメシスと戦うか逃げるか選べる。

戦うを選んだ場合はネメシスと戦闘に入り、見事勝てればブラッドの死体からS.T.A.R.S.の身分証明書である「ブラッドの」手帳が手に入る。
この手帳が警察署での謎解きに必要なのだが、手帳自体は「ジルの」手帳が手に入るためここで無理にとる必要性はなかったりする。

というか、上手くネメシスを避ければ勝たなくても死体から拾える。
オマケにゲーム序盤なためろくな武器も無く、回復アイテムも少ないため苦戦を強いられるためさっさと逃げるプレイヤーがあとを断たない。


・バイオハザード2

その後はバイオハザード2でゾンビとなって再登場。

出会うまでの条件としてスタート地点から警察署に着くまでアイテムを拾わずに行く、というものなので慣れるまでは中々難しい。

体力が通常のゾンビの5倍に設定されており、ナイフで勝つのは至難の技。
だがバイオハザード2は部位破壊が確率ではなく武器と距離に依存するため、武器次第ではあっさり倒せる。

手に入れたばかりのショットガンやグレネードランチャーの試し撃ちの的にされることも。

また、上手く距離を取れば頭を踏み潰せたり蹴り飛ばせたりでまたまたあっさり倒せる。

当然、攻撃をしても爆発もしない。
フォレストェ………


倒すと死体からスペシャルキーが手に入り、レオンはタンクトップスタイル(通称富竹スタイル)か革ジャン(ターミネータースタイル)に、クレアはライダースーツへとコスチュームチェンジが出来る。(この時、クレアのみハンドガンのコルトSAAが手に入る)

☆小ネタ

・さりげなく出演作品の多いキャラクター。
バイオハザード(初代)
バイオハザード(リメイク)
バイオハザード2
バイオハザード3
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
出番といえばちょい役程度だが、その数はS.T.A.R.S.の中でも主人公勢なみ。

・ネメシスとの対峙シーンで助けを求めてくるが、既にゾンビに噛まれているためどちらにしろ彼の運命は既に決まっていた。

・バイオハザード2で頭を貫かれても彼がゾンビとして活動していたのはネメシスウィルスのお陰。正確にはネメシスの触手から体内に侵入した高濃度のT-ウイルスによって肉体が再構成されたから、らしい。

・カプコン製のヘリは墜落するというジンクスを打ち破り、一晩中ヘリを飛ばしていたと考えると彼の優秀さがわかる。

・一見するとただのヘタレキャラのようだが、むしろ主人公たちが勇敢過ぎるとも言える。


「クソッ、奴はなぜここまでこの項目を追記しようとする!!何が目的なんだ!!こんなことになるならアニヲタWikiになんか入るんじゃなかったぜ!!」


ガシッ!!


「うわぁぁぁぁ!!ジ、ジル!!助けてくれ!!修正してくれぇぇぇ!!」



この項目が面白かったなら……\ポチッと/