品川さん

登録日 :2011/01/07(金) 02:11:04
更新日 : 2017/03/12 Sun 01:32:27
所要時間 :約 5 分で読めます




品川さんとはお笑いコンビ品川庄司のボケを担当している「品川祐(しながわひろし)」の敬称である。

品川さんはボケでありながらツッコミにも秀で、かつ、場にいる他の芸人を的確にイジる能力を持つ。その非凡な能力から、 芸人界の至宝 と呼ばれる事も。

多才であるが故にマルチな活動を展開しており、ブログや小説も大ヒットするというケンドーコバヤシのような今大人気な芸人の一人である。

追記・修正お願いします。



この項目が面白かったなら……\ドヤッと/

さすがは品川さん!
↑コイツ品川じゃね?










   *   *
 *   + 一部うそです
  n ∧_∧ n
+ (ヨ(*´∀`)E)
  Y   Y  *

最初の一文以外はだいたい適当なのであまり鵜呑みにしないように。

芸人で誰が面白いか、というスレがあれば大概「品川さんだろ」←「コイツ品川じゃね?」といった流れが起こるためにネタとして品川さん、品川さん(笑)と呼ばれる事がある。
何故品川さんと呼ばれるかを簡単ながら説明しよう。

■品川さんのマルチな才能っぷり

  • ブログの閲覧数が常に上位
アメブロがTVで取り扱われ、ブログが流行るという事実をいち早く察知し、ブログをやり始めた。
上地祐輔の流れに便乗する形でランキング上位にいつの間にか入り込んでいた。太鼓持ち芸人としての真価が示された瞬間である。

  • クイズ番組多数出演
ヘキサゴン(第一シーズン)やネプリーグといった人気クイズ番組により起こったクイズブームに乗るべく勉強を積み、漢検に挑んだり雑学を学んだりetc……
意外と努力家な一面であるが、ただ単にテレビに映りたいがために勉強やっている節も。そのためかちょくちょくボロを出す。

  • 歌が上手い
芸人歌が上手い王座決定戦が人気になると同じくカラオケで猛特訓。相方の庄司と決別してピンで歌が上手いアピール。
まぁ確かに歌は上手い。が、せいぜいカラオケで上手いと言われるレベル。現に最近では出オチか不参加が多い。

  • 小説も執筆
劇団ひとりが「陰日向に咲く」を執筆し、高い評価を獲得。映画化や漫画化までするという快挙を成し遂げた。
それに便乗する形かはわからないが、「ドロップ」という小説を執筆、しっかりとプチブレイク。映画化もされ、なんと監督・脚本まで務めちゃったりした。

  • しゃべり上手
有吉弘行におしゃべりクソ野郎と命名されるほどに喋りは得意である。ひな壇の一番奥に配置されても容易に会話が成り立つほど声も大きい。

  • 褒め上手
どんな人や物が相手だろうといい点を見つけ出すその力は他の追随を許さない……かもしれない。
だが最近は同じくアメトーークでブレイクした太鼓持ち芸人のサバンナ高橋にその地位を奪われ気味である。

  • 配線接続ができない
家電芸人であるが配線はできないらしい。
大型テレビにPS3を事もあろうにコンポジ接続してプレイする画像が一部で話題になった。

  • アニメ、漫画に詳しい
アニメや漫画にも詳しいらしく、アメトーークにはガンダム芸人としても出演した。
しかし「黒い三連 」を「黒い三連 」と間違えて発言(しかも何度も)したり、黒い三連星専用ザクをドムと言ってしまうなど、凡ミスが目立つ結果に。やっぱただのにわか(ry

矢口さん(笑)のように流行に合わせてにわかっぽい発言をしたりする事から、品川さん(笑)と言われたりする事もあるが、彼は周りに気を配れる優秀な人であるという事実を忘れないであげてほしい。

トーク番組などでは司会者がフォローしきれない場合に助けに入ったり、スベった話から空気を戻す事にかけてはトップクラスの実力を持ってると言っても過言ではないはずだ。

もしかしたら番組が面白くなっているのは品川さんのおかげ……なのかもしれない。まぁおしゃべりクソ野郎ってあだ名ですけども。


■品川さんの起こした事件

南海キャンディーズの山ちゃんがラジオにて品川さんに陰湿なイジメを受けたエピソードを暴露。
それをツイッターで追求されると、言い訳を残して垢を消してしまっている。

その後、2月10日放送の「水曜JUNK山里亮太の不毛な議論」内において和解?(発言を認めるものの謝罪無し)し山里に映画の番宣をさせられてこの事件は終息した……と思ったらブログにて不満をぶちまけた。

もしかしたら本当にクソ野郎なのかもしれない、と思わせるには十分な出来事だったと言える。



そんな品川さんだったが、最近は牙を抜かれた犬のようにおとなしくなってしまっており、そんな現状を嘆いた東野幸治がアメトーークで「どうした!?品川」企画を立案。
東野に有吉やインパルス板倉らを加えて、調子に乗っていた頃の勢いを取り戻してもらうために過去の品川さんの調子こきっぷりが検証された。
この企画で検証された、主な品川さんの言動は以下の通り(当該項目も参照)。

  • 「おしゃクソ事変」の後を受けたプレゼン大会において「有吉被害者の会」企画をプレゼン、「自分以外にも有吉の悪口に傷つけられた人間はいる」と主張。しかし有吉から「悪口ではなく、世間の抱いている品川のイメージを伝えただけ」と反論され、押し黙ってしまった。

  • 「子供売れっ子vs子供人気なし芸人」で、脇役のくせにでしゃばりすぎたため「品川しゃべりすぎ」と注意のカンペを出された。

  • 前述の家電芸人において、TKO木本のトークに割って入り横取りする「お笑い軽犯罪法違反」を犯す。その後スタッフから厳重注意をされたにも関わらず、再犯した。

さらに髪型を韓流スターもどきと非難されるに至り、ついに品川さん本人を呼び出しての激励が行われる事になった。

最終的に初心に帰ってボウズ頭に戻す事になり、 相方の庄司共々 ボウズにビキニパンツ一丁でコンビ写真を撮影。

かくしてギラギラした男へと復活を果たした品川さん。
今まで以上の調子こいた活躍に期待したい。


品川庄司のイケてる方こと品川祐が好きな方は追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/