火星オクトパス

登録日 :2010/01/20(水) 20:08:46
更新日 : 2017/07/11 Tue 23:50:41
所要時間 :約 5 分で読めます




パワプロクンポケットシリーズに登場する野球チーム
ポケ3において主人公が所属、ポケ6では対戦相手

選手は火星カンパニーの社員で構成されており、社長の垣内善冶が監督を務める
裏野球大会の賞金目当てに発足したチームなので、助っ人のアンヌとアルベルトを除きほぼ全員が素人
数少ない経験者もキャッチボールや観戦メインのレベル

展開によっては主人公の行動と垣内の心境変化によって、歴代最強クラスのチームへと化ける


サイボーグ、甲子園経験者、元プロ、改造人間、ロボット、オカルト、ヤクザと濃すぎるメンツ


パワプロクンポケット3
野球大会に乗じてプロペラ団を壊滅させるため、主人公が亀田光夫の提案によって入団

「火星に行く」という目的のもと、急拵えで作ったチームなのでお世辞にも強いとは言えない
だが助っ人の元AAA女性投手アンヌと、その兄アルベルトだけは別格
(諸々の事情によりアルベルトは一切試合に出ないが)

親会社がぶっちゃけヤ○ザ的なアレで、対戦相手を潰したりプロペラ団の買収に応じるなどスポーツマンシップなんて微塵もない
しかし試合を重ねる度に垣内と社員は野球の楽しさに目覚めていき、「野球に関してだけ」は正々堂々と取り組むように

正史だと3年目の裏野球大会決勝でプロペラデストロイヤーズを下し優勝するも、ごたごたで結局賞金は手にできなかった


素の状態だと弱小だが、主人公の行動や運次第で訳ありな経験者や爪弾き者を引き抜ける
全員揃えるのは苦行の域だが正史だとフルメンバーだった模様
アレンジチームだと更に平山店長とネオ亀田が加わる



パワプロクンポケット6
裏野球大会2回戦の対戦相手として登場
ポケ3の大会優勝チームだが、闇世界の出来事だったのと主催者のプロペラ団壊滅で知名度はかなり低い

当時の主力メンバー達はそれぞれの道へ進み、残っているのは鋼・ネロ・メカドミオのみ
その代わり野球に目覚めたモブキャラ達が少し上達している

ポケ6だと、垣内のライバルである木岡率いるラッキーフラワーズのほうがよく絡む





【主な所属選手】
主人公
ネオプロペラ団所属の甲子園優勝経験者
サイボーグ


アンヌ・安生・アズナブル
元AAAの女性抑え投手
気が強く、語気は荒いが日本語堪能
後にアメリカへ戻りコーチとなる


◆PX-001(たかゆき)
プロペラ団出身の初期型アンドロイド
尋常じゃない走力(神速持ち)で打順は不動の1番
人間を目指しており、強化後は人間名「たかゆき」に


立花ボボ
プロペラ団出身の改造バッタ人間
巧打・堅守のショート
バランスが良くサクセス中の打順は大抵3番か5番


◆服部国男
元プロペラ団関連組織であるフラッペ教団の教祖
元イカサマ野球青年で、強化後は「先生」となり圧巻の全方向変化球所持
後に小説家として多忙な日々を送る


◆ネロ
プロペラ団出身で元聖皇学園4番
見た目通りの長打力と、見た目に反した器用な守備能力を持つ
ポケ1ではモブキャラで、たどたどしい口調は当時施された改造の副作用
見た目と行動はバカだが、中身は純粋に野球を楽しむ少年そのもの


◆鋼 毅(はがね つよし)
元大東亜学園エースで4番(初対決時)
独特のはがね投法(トルネード)が特徴
プロペラ団とは縁を切り、ただひたすら野球を極めていた求道者
150km/h台の速球と鋭い変化球が武器で、打撃能力も高い
後にネロと共に泳いで渡米に挑んだが、ポケ6で未だに在籍


◆倉刈仁志
元ドリルモグラーズ所属
プロペラ団に反発して一家離散&路等に迷い、草野球の助っ人をする日々
技巧派の苦労人、ポケ11ではルート次第で帰らぬ人に


◆ドミオ・バンデラス
元ドリルモグラーズ所属のドミニカ人
倉刈がいるとランダムで加入
時代劇など日本の文化が大好き
人間じゃない奴らに混じってても充分通用する能力だが、イベントを進めるとメカになり最強の打撃能力に(豪力持ちのパワー230越え)


◆冬野枯男
元白鳥学園キャプテン
戦力として期待できず、場合によっては原子力(クリーン発電機という名の原子炉)で主人公を殺しにくる
実は過去にモグラーズに在籍しててポケ2にもこっそりいた
威圧感パーツをくれるまでが長い

◆平山紀之
甲子園優勝経験者で酒屋の跡継ぎ
サクセス中ではイベントのみだがアレンジチームでは助っ人としている
草野球チームを持っており、実家は後に酒屋からスーパーになった


◆亀田光夫(ネオ亀田)
ネオプロペラ団創設者
サクセス中は火星オクトパスに所属してないが、アレンジチームで助っ人参戦
サイボーグだったポケ2の「H亀田」とは微妙に違う
パワーは高いが守備に穴がある


◆アルベルト・安生・アズナブル
元大リーガーでオリンピックアスリート、ついでに英語教師や露天商だったこともある
サクセス中では試合に出られなかった
  • お約束の骨折
  • 交通事故
  • 落下してきた照明灯に直撃
  • グラウンド整備の車に轢かれる …etc
アレンジチームでは使用可
高い基礎能力と大量のマイナス特殊能力持ち



【モブキャラ達】(サクセス中で名前が出る者)

◆ピンスケ
野球はやるより見る方が好き
麻雀牌から連想して長らく斉藤一のあだ名と思われていたが、8以降のウグイスでは三野が「ピンスケ」とコールされる


◆品川
話すのが大好きで博識っぽい
社員が同じ格好な理由を論文も引用しつつ数時間語る
耐エラー1なのに遊/二を守り、おしゃべりクソ野郎との関連は不明


◆巴川(ともがわ)
喧嘩好きで、他人の喧嘩を仲裁してたハズなのに自身が大暴れ
素人なのに151km/hの直球を放る驚異の右肩を持つが、他は最低ランクで変化球も無い
スタミナも1イニングもつかどうか
ポケ6ではカーブを修得している


◆福田
主人公を飲みに誘ってくれ、鋼の情報を調べてくれる
ポジションは外野手





プロペラ団組は加入させないと、プロペラデストロイヤーズの選手として立ちはだかる

後作品での登録名(たかゆき、服部先生、メカドミオ)から察するに一通りパワーアップしたのが正史らしい
鋼以外の先発は頼りないが超重量打線で無理矢理ねじ伏せ、超特殊能力持ち6人はかなりのチート


何回戦目かによるが、グッピーで鉢合わせた際に先発が鋼だったら地獄を見る

最近になって強芯時のパワー反映にミートも係わるよう調整されたので、クリーンナップが軒並み弱体化した
それでもパワー200前後の3人は充分すぎるほど驚異だが

戦力外の冬野はアルベルトと同時起用すると凄くイヤらしいことになる
互いに奪力持ちなので、打線の爆発で相手投手をピヨらせれば……


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/