紅渡

登録日 :2010/01/13(水) 02:27:49
更新日 : 2017/04/27 Thu 23:18:13
所要時間 :約 6 分で読めます





人間は、みんな音楽……


くれない わたる

仮面ライダーキバ』の主人公で、作中一番の 苦労人 である。

演:瀬戸康史

首にストールを巻いている20歳の青年。
引き篭もり(気味のバイオリン職人)からスタートという、世にも珍しいライダー。

亡き父、紅音也が残したバイオリン『ブラッディローズ』の音色に導かれるように、人間を襲うファンガイアとの戦いに身を投じていく。

キバへの変身能力は一話開始以前から持っていたようで、初変身についてのエピソードは特に語られていない。

自分がこの世アレルギーだと思い込み、長年家に引き篭もっていたので周囲から『オバケ太郎』と呼ばれるほどのかなりの世間知らずである。
一話でこの設定は恵にブッ飛ばされる。
第一話では不審者スタイルで魚の骨(バイオリンのニスに利用するために色んな物を集めている)を持って行ったところを不審がられて
恵にカフェ・マル・ダムールに連行、説教のコンボを喰らっていた。

性格は歴代主人公の中でもかなり内向的な部類に入る。ぶっちゃけ暗い。
純粋で優しい分、人一倍傷つきやすく、何かしら悩みを抱えていることが多く、また後向きな考えに積極的に動く事が多い。
また、非常に口下手で間も悪い事が災いし、753に嫌われたりジンジンな友人がやさぐれる切欠を作ったり等、
トラブルに巻き込まれる事が多い。
周りの人間に恵まれてないとも言えるが…(特に中盤の健吾)

実際、人間関係は作中でトップクラスに複雑であり、終盤でもガンガン悩みの種がリロードされていった。
井上先生はホンマに容赦のない人やで…

ただ、「渡のお母さん」として面倒をみてくれる野村静香には心を開いており、彼女とは普通に話せる。たぶん一番の理解者。


名護さんが犯罪者を華麗に捉えた光景を見てすぐに弟子入りを申し込むなど、感化されやすい性格でもある。

「だって…名護さん…最高だから…」
「聞こえないな。もっと大きな声で言いなさい」
「名護さんは最高です!弟子にしてください!」

大事なことなので二回言いました。

基本的には非好戦的だが、本気で怒った場合や機嫌が悪い場合にはどういうわけかドッガハンマーを引き摺って相手の処刑に向かうことが多い。
その様子はまさに死神である。


劇場版では民生委員の勧めで何故か高校に入学する事に。

自分の犯行をアンノウンになすりつけた刑事によく似た教師のクラスに入り、エロい声の将棋部員に惨敗したり、どう見てもはしゃいでるOBにしか見えない現役サッカー部員の顔面にスパイクをシュートしたりと稀有な学園生活を送った。


以下ネタバレ







彼の正体は人間とファンガイアとの間に生まれたハーフファンガイア(父親は音也、母は元ファンガイアのクイーンである真夜)。
劇中ではファンガイア形態は見せなかったが、変身する仮面ライダーキバや変身道具のキバットバット三世が蝙蝠であることや、エンペラーフォーム飛翔体についてデザイナーは「紅渡のファンガイア形態のつもりでデザインした」と証言していることから蝙蝠のファンガイアになるのは間違いないと思われる。

両親が二人ともヴァイオリン演奏の達人であるためか彼のセンスと腕はかなりのもの。

さらに母から授かったヴァイオリン製作のセンスも高く、作ったヴァイオリンの販売・修繕もしているので、一応ニートではない。
隠れた名工としてその道の人には名が通ってるらしい。


  • 作中での活躍

主人公らしく戦闘シーンは多いが、よくショッキングな出来事に遭う為、たまに戦闘を放棄する。

しかし、周囲の人や経験によってそれを乗り越え徐々に成長していった。

しかしある日、旧友の太牙がファンガイアのキング、渡とは友達以上で恋人未満の深央が現代のクイーンであることを同時に知り、
さらにその後、太牙が種違いの兄だと知る。
三角関係と自分が敵対する種族の狭間にある事に更に深く苦悩する。

さらに味方だと思っていた嶋や健吾から攻撃を受け、そのショックでキバット達を閉じ込め引きこもった。
周囲を拒絶するが夢の中で真夜と再会し、両種族に共通する魂の重要性を諭され、
人とファンガイアの架け橋となる為に戦う事を決意、嶋達とも和解する。

改心して怪我乗り越えてまで説得した健吾涙目。
でも、健吾とはまた友達になった。

しかしその後、太牙との戦闘中に深央が死亡してしまい、傷ついた彼はそれを自分が存在するからだと自らを責めるあまり、
次狼の計らいで過去に飛んだ際に父・音也と母・真夜を別れさせて自分が生まれないようにしようとする。

しかし、文字通り命懸けで戦う音也の姿を見た渡は両親の自分への想いを受け止め、深央の亡骸に宿った深央の想いを知り悲しみを乗り越えた。
そして音也と共に過去のキングを倒し、赤ん坊の頃の太牙と真夜を守った。

父と別れ現代に帰った後は心身共に見違える程に成長し、生身でファンガイアと渡り合い眼光の威圧だけで敵を追い払えるようになった。


以下さらなるネタバレ









ここに宣言する!僕がファンガイアの新しいキングだ!!
文句がある者は全力でかかって来い!
ファンガイアの掟は力の掟、強き者がすべてを支配する!!

現代に戻った渡は太牙からキングの座を 奪う。
だがそれは青空の会の嶋に頼まれ、また自分で望んだこと。
キングの座を狙うファンガイアから兄・太牙を守るためであった。

しかし、太牙は闇のキバの鎧を用いて再び渡に戦いを挑む。
戦いの中で二人は和解し、復活した過去のキングに最終決戦を挑む。

それから時が過ぎて名護さんと恵みんの結婚式でなんと未来から自分の息子、『紅正夫』がやってきた。

渡は名護さん、太牙、正夫と共に未来からやってきた新たな敵『ネオファンガイア』と戦うことを決意し変身する。

渡「正夫、アレなに…?」






仮面ライダーディケイド』にも登場。






九つの世界に九人の仮面ライダーが生まれました。それは別々の物語...
ディケイド...あなたは九つの世界を旅しなければいけません。

あなたは全ての仮面ライダーを破壊する者です。
想像は破壊からしか生まれませんからね....残念ですが。



ディケイドによる創造と破壊、世界崩壊の真相を知っていた数少ない一人。
一応新番組予告で渡が出ることは視聴者にも知られていた。
が、出るや否や指パッチンで時を止めたりキバに変身することなく逆さまの状態で悠々と歩いた挙句〆にはまるで意味の分からないことだけ言ってそのまま消えたりと等々色んな意味で視聴者の度肝を抜いた。

一話でもやしに世界の崩壊していく様を見せつけ、それを止めるために旅をするよう伝える。
その後は登場せず、そのままフェードアウトかと思われたが……。

以下ネタバレ














最終回で再び登場。スーパーアポロガイストを倒しめでたしめでたし...と思いきや夏美の不穏な回想、そしてワタルキバ、アスム響が消滅。
士達が動揺してると、突然謎の声がどこからか告げる。


ディケイドの存在が、キバと響の世界を消し去ったのです。


動揺する士。振り向くと、また世界が変わっている...。そして例によってなんの説明もなくゆっくり歩きながら 再登場


あなたは全ての仮面ライダーを破壊しなければならなかった。だが仲間にしてしまった。それは、大きな過ちでした。






今から僕の仲間が、あなたの旅を終わらせます。





そう言い放つや否や、彼はキバに変身。士に襲い掛かり……。




...このように、今作の彼は非常に謎が多い存在として描かれている。
前述のように神のような能力は勿論、投げかけられた質問(士が旅をしなければならない理由)にも 電波 曖昧な発言で終わらせそのまま消えるなど伏線も全くなく最初から最後まで謎のままだった。
加えて、リ・イマジネーションとはいえライダーが消滅していく様にも平然としており、人としての温かみが感じられないような表情など彼もまたリマジ渡では……と言われていたが中の人曰くディケイドの渡は本編から数年後の渡で少し性格が変わったとのこと。
完全な公式設定とは言えないが、ほぼ同一人物と見て間違いないだろう マジで何があったの……


その後、仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010のディケイド編にも再び出演。
士が倒れ世界が元通りになっていく様を満足気に眺めながら、有名なあのセリフで夏美 とファンを 絶望させる。




ディケイドに、物語はありません。





えぇ……。



ちなみに一話ではなんだかんだで様々な場面に登場し、変身を促すなどディケイドを旅へと導く語り部としての役割。というかもうそれ以外ない。


スーパーヒーロー大戦』や『仮面ライダー大戦』では普通に仲良く悪の怪人と闘っていたが、あれだけやらかした後でどうやって和解したのかも気になる所。
互いに殺し合った剣崎とも。
まあどうせリマジだろうけど




「追記・修正行くよ、キバット!」

「キバッていくぜ!!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/