機甲神伝説編(SDガンダム外伝)

登録日 :2011/11/10(木) 05:05:47
更新日 : 2017/04/28 Fri 14:08:31
所要時間 :約 8 分で読めます





俺は…誰だ…?


機甲神伝説編とは、SDガンダム外伝第四章のタイトルである。

主役機はゴッドマーズをモチーフにしており、ガンダムが乗るガンダムが合体した。

漫画は聖機兵で一端区切り、この章からは章毎にサブタイトルをつけ発売している。また、前作では元祖!SD一色(のちにちーびー戦士はでた)であったが、今回は少数ながらBB戦士も発売されている。

話は前作の直後からであり、多数のキャラが続投している。

ルーンカロッゾ撃破後、消滅したガンレックス。手薄になったダバードに謎の空中要塞が攻撃を仕掛けてきた。
その危機を、一機の機兵が打ち砕く。しかし、その操手は・・・『紅の神秘機兵』

ネオが持つ、名前以外の記憶『6』。ニナの計らいでGP01はネオとともに『6』探しの旅に出た。その数字が、天空要塞ゲルニカ撃破の鍵だと信じて・・・『六体の機甲神』

ゲルニカに捕らわれたネオの兄ルナはカオスガイヤーを搭乗。エルガイヤー=ネオから機甲神全てを奪い、なんとガンジェノサイダーへ合神した!
そこへ、GP01たちが力を合わせ、伝説を進化させる『運命の三騎士』

ゲルニカ内部。ネオと三騎士はかつて、騎士ガンダムが討ったジーク
次々と進化していくジークジオンに、ネオはルナの記憶と力を使い、機甲神の封印を解く!『光の機甲神』

以上の四節からなる。


◯紅の神秘機兵
ダバードを攻める空中要塞。多数の機兵を相手に、GP01のグランレックスは破壊される。
ついにダバード崩壊かと思われたその時、紅の機兵が敵機兵を次々と破壊していく。
業を煮やしたアトミックガンダムは空中要塞から降下、機兵サイズに巨大化してエルガイヤーと戦うも、軍師クワトロの命で撤退する。
エルガイヤーの操手、ネオはダバードに降り立った。

●登場人物
  • バーサル騎士GP01
主人公…だが、ネオガンダムがあまりに目立っているのでその事に気付かなかった人もいたかもしれない(追記者は普通にネオガンダム主人公と思ってました)。
ガンレックスを模したシーブック作のグランレックスは大破し、己の剣で機兵と戦う。

  • 神秘騎士ネオガンダム
名前と『6』以外の記憶を失っている騎士。エルガイヤーの操縦は体が覚えていたようだ。
カードダスの台詞はゴッドマーズの第1話『オレはだれだ!?』から。
ゲームでは国境の森で眠っている。

  • アトミックガンダム
重魔騎士、大魔騎士の称号を持つ。
機兵サイズに巨大化でき、その力はグランレックスを越え、エルガイヤーにも劣らない。

  • 仮面騎士
デラーズ派ネオジオンの騎士。ネオに似た太刀筋。
ちなみに、元祖!SDで発売された。


◯六体の機甲神
ネオの心に残る『6』が天空要塞ゲルニカ打倒の鍵と期待し、ニナはGP01とネオを『6』探しの旅に
一方、ゲルニカのネオジオンも『6』とエルガイヤーを奪うべく、エビルシャドウ、ガゼルバイヤーなどの特殊機兵を差し向けた。
フレメン砂漠で、アバロン山で。
南海の孤島で・・・そしてエビルシャドウを目覚めさせ、遂に『6』の意味を知る。

『6』とは、機甲神の事であった。

●登場人物
  • 神秘騎士ネオガンダム
今回から主人公。旅の途中、記憶を取り戻しつつある。

  • バーサル騎士GP01
元主人公だが前作のF91とは違い普通に継続参戦。剣では歯が立たないので、機兵に装備させるスピアを装備した馬鹿(力)。リーダーシップを発揮し、次々に敵を討つ。

  • 騎士ジュドー
ネオらの旅についてきた若騎士。その潜在能力は底知れない・・・今は実力はそれなり。

  • 召喚士ルー
魔法で聖霊を呼べる。
彼女は大した力がないが、聖霊は強力無比。

  • 薔薇騎士(ローズナイト)
ネオに似た太刀筋の騎士。ネオを助けるが・・・?


◯運命の三騎士
ゲルニカに捕らわれたネオの兄、ルナガンダムがカオスガイヤーを操り、ネオに迫る。
エルガイヤー以外の機甲神を奪い、なんと闇機甲神ガンジェノサイダーに合神した。それに対し、GP01、02、03は運命の三騎士に覚醒。ゼフィランサス、サイサリス、ステイメンとなる。運命の三騎士に導かれ、オーキスはスーパーオーキスに進化。
エルガイヤーを乗せ、闇機甲神に挑む。

●登場人物
  • 月光騎士ネオガンダム
運命の三騎士の覚醒に引っ張られ、記憶をほぼ取り戻す。
因みに、ネオら月の一族は記憶が角にあり、ネオは角が折れたので記憶喪失だった。

  • (精霊)騎士ガンダムゼフィランサス
精霊騎士は漫画のみ。
スーパーオーキスを目覚めさせた。

  • サイサリス&ステイメン
同じく運命の三騎士に進化した。サイサリスは盾がなくなったおかげでようやく洗脳が解けました。

  • デンドロ&ビウム
オーキスとともに数百年眠っていた神馬。サイサリス&ステイメンを乗せ、戦場を駆け抜ける。

  • 騎士ガンダムガーベラス
運命を読む力を得たGP04。ルーと旅をしていた。

  • 騎士ジュドー
格闘機兵スタンリープでネオジオンを追い詰める。

  • 召喚士ルー
ルードラゴンを召喚し、ガンレックスを復活させた。

  • 月影騎士(クレストナイト)ルナガンダム
月の王国セレネス第一王子にして薔薇&仮面騎士の正体。
機甲神を操る力を持つ、唯一の存在である。(ネオが機甲神を操れるのはエルガイヤーの力である。)

  • エギーユ王
デラーズ王国の王。第二弾ラストで勝手な行動をしたアトミックを処罰したところ盾が割れて中に封印されていたものが解放されてしまい、なにやら邪悪な気配に飲み込まれつつ在るようだ。

  • 軍師クワトロ
そのエギーユ王を何やら不審な目で見守っているが…

揃ったものの、エルガイヤーを除いて敵に回る。


◯光の機甲神
ダバード上空に現れたゲルニカ。その内部に突入したネオと運命の三騎士は、かつて騎士ガンダムが滅ぼしたジークジオンを見つけた。

グレンモンスター、ジークジオンブレイン・・・そして最強形態ジークジオン・マブーゼとなった。奴の目的はスダ・ドアカ全生命の抹殺。
対してネオは、遂に超機甲神ガンジェネシスへ輝光合身を成し遂げた。
ルナの魂を受け継いだネオは、決着をつけるためにマブーゼに挑む。

●登場人物
  • 月光騎士ネオガンダム
ルナの魂を得て、月の王子として完全な姿(角)となった。同時に、機甲神を操る力を得た。

  • (精霊)騎士ガンダムゼフィランサス
ガンレックスでネオのサポートする。

  • ジークジオン
遂に本体となった悪の根源。騎士ガンダムが倒したのはザクレロキャットの怨念を使って作った体だったのだ!
エギーユを操り、月の王国関係者を抹殺・洗脳していた。

  • 騎士シャア
軍師クワトロとして、強化アイテム『砂の十字架』の使い方をマルスに聞こえる様に独り言し、また砂の十字架を探しだしてマルスが盗りやすく置いておくなど、舞台裏で活躍していた。
ルナが仮面や薔薇騎士として活動できたのも彼のおかげ。
しかし、かつて猫化の呪いを受けた因縁のあるジークジオンの気配に、その剣その身で遂に動く決意をした。
……ずっと前線を離れていたためか、HPは「お前今更何しに来たの?」と言いたくなるような惨状になっているが、アムロが異常なだけである。そのはず。

最終決戦ではジークジオン編同様にシャアの助けでジークジオンに勝てるのだが、
シャア自身が貧弱すぎて雑魚であるジオンシードの群れに勝てないため、それを突破して最終決戦に辿りつくために十字架の剣の装備が必要になっている。

  • 騎士団長アムロ
機兵に生身で挑む人間。人間のはず。
シャアとは違い、常に前線、常に表舞台に立つ。
なお、兜、鎧はアルガス騎士団を模した物(ただし全体のモチーフはνガンダムである)。

  • スペリオルドラゴンEX(エクセリオン)
前作にてGP01と超融合していたスペリオルドラゴンが、アルガス騎士団の魂を吸収した新たな姿。
ジークジオンの気配に、スダ・ドアカワールドの守護神が動き出す。

ジークジオン討伐後、アルガス騎士団の魂を解放し、更なる進化をしながら天へと向かった。


●余談
  • 玩具扱いである元祖!SDに力が入ったシリーズである。
    全ての機甲神、スーパーオーキス、運命の三騎士、仮面騎士、スペリオルドラゴンEX、勿論ネオガンダムと多数登場している。
    また、この元祖シリーズは変形合体機能がついているものが多く、余裕があるなら各二個買ってみるのも一興かもしれない。
    現在では絶版しており、ネットオークションかリサイクルショップを探さなければならないが。

  • 前述の通り、ゴッドマーズがモチーフである。
    操られたふりの兄(マーグとルナガンダム)、惑星合身(六神合体と輝光合身および重影合身)、兄を殺す、薔薇の騎士、サポート戦闘機(コスモクラッシャーとスーパーオーキス)、何度でも蘇る悪の根源(ズール皇帝とジークジオンマブーゼ)。かなりのキーワードが共通する。
    現在はゴッドマーズのBlu-ray&DVDも出ているので、機甲神伝説編の漫画を買い、見比べるのも一興かもしれない。

  • 実はもう一つのモチーフはセーラームーン
    月の王国、助けに来る仮面キャラ(後に敵対)が薔薇と月影の騎士等が共通している。

  • 月の王国セレネスで善と悪の戦争があったのは、超古代文明が栄えた太古の時代に双子神イシュタとガイアスが降臨して聖機兵を作ったのよりも遥かに昔、黄金神とバロックガンの戦争があったのと同じ頃、創世期の末期である。

  • 本編ではエルガイヤーがスーパーオーキスに乗って戦い(テッカマン+ペガスが元ネタ)、次作ではガンジェネシスとスーパーオーキスが合体するが、ゲーム版機甲神伝説ではガンレックスとスーパーオーキスが合体する。

  • 後年に発表された設定(コンプリートBOX)では、カオスガイヤーの原形機こそが7体目の機甲神・アルテイヤーであり、ネオの記憶にあった『6』とはエルガイヤー以外の6機甲神の事であった事が示唆されている。
    また、他の機甲神同様にガンジェネシスへの合体が可能であり、ガンジェネシスの背部に合体し翼を展開させ機動力を高めていた。

  • 機甲神は有人仕様がエルガイヤーとアルテイヤーの2機であり、本来はエルガイヤーにルナ、アルテイヤーにネオが搭乗していた。
    しかし、王国からの脱出の際、ガンジェネシスの背後から敵の攻撃を受け、アルテイヤーに直撃。ルナはネオを救う為エルガイヤーへ乗せ、自分はアルテイヤーに乗りスダ・ドアカ・ワールドへ降り立った。

  • シャアの髪型は本作で逆シャア版に変化しているが、騎士シャアとして現れた際に前髪が解けかかっており、エピローグで1st or Ζ時代に戻っている。


追記・修正は数万年寝てからお願いします。





この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • エギーユがジークジオンと取りつかれるって字だけ見るとまるで本編準拠のようだw -- 名無しさん (2014-12-31 09:08:29)
  • 主人公の兄が乗るガンジェノサイダーは、実はOVA版ゴッドマーズがモチーフ。そして後のスパロボでは、そのOVAゴッドマーズにマーグが乗るという展開に。歴史が一巡したというべきか? -- 名無しさん (2014-12-31 15:33:04)
  • シャアの呪いは猫耳だけでなく、全身猫化では? -- 名無しさん (2016-10-23 22:46:26)
  • この編で出てくるスペリオルドラゴンEXに関して、スペリオルドラゴンという神様が元々持つ力を取り戻した姿なんじゃなくて、ナイトガンダムがナイトガンダムとして生きた時間の中で育んだ仲間との絆の力が加えられた姿だからだという理由で、スペドラ歴代形態の中でも一番EXが好きだ。 -- 名無しさん (2016-10-24 14:53:36)
  • ガンダム・バルバトスを初めて見た際、既視感があったんだが、俺の場合それは多分これに出てくる機兵ガゼルバイヤーが原因だと思われる。 -- 名無しさん (2016-11-16 10:23:15)
名前:
コメント: