サファイア(ポケットモンスターSPECIAL)

登録日 :2010/09/24(金) 22:56:40
更新日 : 2017/07/04 Tue 23:50:58
所要時間 :約 4 分で読めます




あたし、



あんたのことが



…好きったい……。




ポケットモンスターSPECIAL』の登場人物。


ルビー・サファイア版の女主人公がモデル。

服装もそれに準じてたが終盤ではエメラルド版の衣装に着替えた。
第6章では本作オリジナルの衣装で再登場。


○プロフィール
メイン担当:第4章
  誕生日:9月20日(誕生石:サファイア)
   星座:乙女座
   年齢:11才(第6章時)
  血液型:O
  出身地:ホウエン地方ミシロタウン


オダマキ博士の娘でフルネームは「オダマキ・サファイア」
この世界の命名基準どうなってんの?

ちなみに父親の呼び方は父ちゃん。


○性格
人柄を現すとしたら「野生児」という言葉がピッタリ。
博多弁のような訛りが付いた言葉遣いでしゃべり、優れた五感と野獣のような身体能力を持つ。
八重歯や尖った爪も野性的な見た目をさらに強めており、葉っぱで姿がよくわからなかった時にはルビーにポケモンと間違われた。
正義感も強く、困っている人やポケモンに手を差し伸べることを躊躇しない。

ポケモンAGハルカと見た目こそ同じモデル故に似ているが、そのイメージで見ているとまず間違いなく度肝を抜かれる。
ポケモンのケツの匂い嗅いだり、鼻にジグザクマのウンコ付けて平気だったりするから……。

着ている服はルビーが仕立てた物で、それ以前は葉っぱで出来た服を着ていた。
(科学製品を着ていたらポケモンが逃げるとの談)
ちなみに身体のサイズは気絶していた時に量られており、それに思い至った時には赤面していた。 *1

「戦えないポケモンは嫌い」「余計な飾り立てが好かない」「自然のものは自然のままが一番」と、ルビーと主義が正反対なため出会った当初は険悪な雰囲気だった。
ただ、可愛いポケモン自体は好きで、ルビーの手持ちになっていたポワルン (POPO) と再会した時にはその可愛さに目を輝かせ、ルビーと意気投合したことも。
パワフルな言動に目を引かれがちだが、そういった面や恋をするなどといった女の子らしい面も持ち合わせているのである *2

漢字の読み書きは出来ないが、父親のフィールドワークを手伝っていたからか、知識は豊富で頭自体は悪くない。
相手の言動にヒントを得てバトルの突破口とすることもあり、機転、実行力にも優れている。

ただ、特定のポケモンに対する傾倒なども目立ち、肝心な場面では実力自体もさることながら、戦略でルビーに遅れを取りがち。
マボロシじまでの特訓時に侵入者がいた際も、プラスルとマイナンのほうに意識が向いて他にも侵入者(カガリ)がいることには気づかなかった。
彼が実力をひた隠ししていた時期は彼を助ける場面が度々見られたが、彼が実力を示してからは逆に彼にいろいろな面で守られている。
ただルビーがアダンと会話している際に盗み聞きするなど勘がそこまで鈍いわけではない。

アンチの的によくされる不憫なキャラ。イエローの例にあるようにポケスペには恋愛要素を嫌う層が存在するのだ。


サファイアの手持ち
該当項目を参照。


○各章での活躍(※ネタバレ注意)

【第4章・前半】
ある日、崖から落ちたルビーを助けたのが始まり。

ルビーの主義を認められず口論に発展。勝負を持ちかける。

勝負におけるサファイアの課題は「80日間でホウエンの全ジムを制覇する」

ルビーから贈られた服に着替え、冒険の旅へ。


余談だが、ルビーに寝てる間体のサイズを測られた。(服を仕立てるため)
体のサイズを……ゴクッ。


旅の途中、悪の組織(特にアクア団)と衝突を繰り返しながらジムバッジを着実に収集していった。

しかし、ヒワマキでのナギ戦で敗北。半ばナギに師事する事に。

そこにミクリに連れてこられたルビーと再会。
話している最中に興奮したブーピッグの群れに襲われる事故に遭い、ルビーが思わず全力で助けてくれたために彼の実力を知るが……。


【第4章・後半】
力があるのに悪と戦おうとしないルビーを見限り、彼から貰った服も脱ぎ捨て、戦いへ向かう。

後からルビーも合流。戦いの場を変えながらマグマ団・アクア団との激突を繰り返す。


そして、決戦間際。彼女の過去の出来事が描かれる。


幼い頃のサファイアはバトルも出来ないキレイ好きでおしとやかな女の子だった。

父の友人の息子と知り合い、やんちゃそうな彼と遊ぶことを楽しみにしていたサファイアだったが、
ある日、遊んでいる二人は凶暴な野生ポケモンと鉢合わせてしまう。

男の子は必死で手持ちのポケモンと協力し、頭に傷を負いながらも野生ポケモンを追い払ってくれた。
しかし、サファイアは襲われたショックと鬼気迫る表情で戦う男の子の姿に恐怖を覚え、「怖い」と言ってしまう。

怪我してまでも自分を必死に守ってくれた男の子を自分の心無い言葉で傷つけてしまった、とサファイアは後悔した。
その事が原因で着飾る事を止め、恐怖に負けないくらい強くなる事を誓ったのだった。


最終決戦。
ルビーとともにミクリの師であるアダンの下で修行し、カイオーガを制止させられる「あいいろのたま」の制御を身に付け、
ジムリーダーたちが次々と倒れる戦いに終止符を打つためにルビーと伝説の2体の元に向かう。

突入前、サファイアはルビーに想いを告白し、この事件が解決したらミシロに一緒に戻ろうと笑いかける。
しかしルビーはそんなサファイアを護るべく、あいいろのたまを借り受けて彼女を安全な乗り物の中に無理矢理保護する。
突入するルビーを止めようとするサファイアだったが、ルビーは止まらなかった。

結局ルビーとセンリの奮闘ととあるポケモンのおかげで事件は解決するが、サファイアは蚊帳の外という微妙な扱いだった。

事件解決後。約束の期限日が迫り、大急ぎで未攻略のジムに挑戦。
無事、ホウエンジムを制覇する。

ちなみに告白したことをルビーは綺麗さっぱり忘れており、それを聞いたサファイアはちょっと落ち込んだ。


【第6章】
ルビーと共にエメラルドのサポートに現れる。

ルビーとの関係は良好で出会った当初の険悪さはないが、告白をルビーがきれいさっぱり忘れているため仲の良い友達止まり。
『もう一度告白しよう』と決意を燃やすシーンが4章のラストにあったが、どうやら無理だったらしい。

ただ、二人はお互いに気付いていないが、端から見ているとカップルそのもののやり取りをしている。
エメラルドがあてられて『イチャつくな』とキレるのがテンプレになっていた。

先輩図鑑所有者を助けるため、ルビーと共にエメラルドの心を解かした。

なお、服装は4章後半のエメラルド版のものと同じ形状ではあるが、色彩が青を基準としたものに変わっている。


【第13章】
服装が『ORAS』の女主人公のものに変更。またまたルビーに仕立ててもらったらしい。
メガシンカを習得すべく、きるる(キルリア♂)と共に特訓に励むが…?

自分に行動を語らず、なぜかエメラルドには伝えているルビーに対して心配している。

また13章ではルビーの回想で、ルビーと一緒に各地をフィールドワークしていたことが語られている。
エメラルドとも親しい関係になったが、彼のきつい悪口に対してしばき返すなど、割と喧嘩する。


【台詞】
「助けてやったとに…なんばしよっとね!!」

「と、友だち!?そ、そんなんじゃなか!! あたしはあんなヤツになんの気持ちもなかと!!」

「あたしだって女の子ったい!! かわいかものも大好きだし、いいなーと思う人に憧れたりする気持ちもあるとよ!」

「鍛えた力はなんのためったい!! 誰かば助けたりそのための力じゃあなかとかァァ!?」

「あたし…あんたのことが…好きったい……」

「ポケモンと一緒に戦うあんたが好き。ポケモンの毛づくろいばするあんたが好き。気取って気持ちばかくすけど、本当はやさしいところも好き。
 こうと決めたら迷わず立ち向かうところも全部、全部好き」

「……一緒に…ミシロへ戻ろう?」

「よかったら話してくれん? アンタがどげん場所で、どげん想いで、どげんふうに生きてきたか」



追記・修正、頼むったい!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/