変態おじさん

登録日 :2012/04/02(月) 03:25:27
更新日 : 2017/10/03 Tue 11:18:38
所要時間 :約 3 分で読めます




“奴”は


暗闇に紛れて


やってくる……




変態おじさんとは現実に存在する犯罪者であり、特に女性芸能人を標的にすることで知られる。

手口はほぼ同一である。部屋の隅に身を隠し、標的が部屋に入ったらわざと電気を落とした後に事に及ぶ。
暗視ゴーグルもつけずに暗闇の中を的確かつ隠密に距離を詰めていくその手際は恐るべきものがあり、警戒を強めているものの被害は後を絶たない。




追記修正お願いします



















以下本筋

変態おじさんとは、バラエティ番組『うわっ!ダマされた大賞2012』において誕生したドッキリ界の超新星である。
日常的に女性から気持ち悪いと言われ続けているお笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーこと脇田さん(脇田寧人)が女性たちをギャフンと言わせるべく立ち上がった。

その出で立ちはブリーフ1丁に七三分けというシンプルかつ生理的に嫌悪感をくすぐるものであり、さらに油を塗ってテカっている。
また、脇田さんの無駄に引き締まった身体と毛深い体毛がより気持ち悪さを増大させている。

まさに脇田さんにしか生み出せないキャラクターが誕生した。


手口も至ってシンプルである。

①脇田さんが死角で待ち構える
②部屋に何も知らずに女性芸能人が案内されてくる
③暗転+シャボン玉(変態玉)発射
④その隙に標的に接近
⑤電気復旧、目の前には変態おじさんが…
⑥スベり芸

突然の停電により不安感を煽られ、ようやく復旧かという安堵感を急転直下阿鼻叫喚の巷へと叩き落とす強烈なインパクトを与えた。


だが、考えてほしい。

確かにシンプルな手口だが、暗闇で何も見えないのは変態おじさんも同じ条件なのである。
手探り状態の中、椅子や机にぶつからずに標的に寸前まで接近することは考えるよりはるかに困難である。

しかし…変態おじさんは格が違った。

まるで標的の姿が見えているかのように的確に距離を詰める絶妙な感覚
ガンマイクですら拾うことのできない足音
咄嗟の携帯電話の明かりにも反応し音もなく回避する身体能力
毎回攻め方を変える変質性

なぜあれほどうまく距離を詰められるか謎が深まるが、相方のヒデ曰く「イルカのように身体から超音波でも出しているのではないか?」との事。


アメトーークでスベりまくっていた脇田さんとは思えない完璧な仕事ぶりにスタジオは爆笑と悲鳴の渦に包まれ、特にココリコ遠藤とマツコ・デラックスは「ずっと観てられる」「この路線で行くべき」と大いにハマっていた。
そのドッキリの仕事ぶりが高く評価され、見事最優秀ダマされた大賞2012を受賞した。変態おじさんではなくヒデが。

今後の活躍が大いに期待されるキャラクターである。



【変態おじさんの被害者達】

  • 2012
松井絵里奈
ローラ・チャン
佐藤ありさ
磯野貴理子





追記修正お願いしま…おや?停電?










<●><●>



僕は変態

ビ~ヨヨヨ~ン♪

この項目が面白かったなら……\ポチッと/