高橋克実

登録日 : 2012/07/25(水) 13:21:51
更新日 : 2017/05/29 Mon 13:12:59
所要時間 :約 3 分で読めます




高橋さん!?


















※上に2枚のペッタン高橋くんがありました。


どうも、「高橋Cats me」です



高橋克実は俳優、タレントである。克 ではなく、克 でもない。もちろん克 でもない。
1961年4月1日生まれ。新潟県三条市出身。血液型A型。『できるかな』のゴン太くんと同じ誕生日である。
俳優の羽場裕一氏とは生年月日と血液型が同じ。

コメディドラマに多く出演していることも あってか、どこかとぼけた役柄を演じることが多い。
一方で、『フルスイング』のような熱血教師役や、真っ黒な悪役を演じることもある等、演技の幅は広い。

バツイチであるが、2011年に一般人女性と 再婚。その翌年にパパになった。

また、最近は声優としても活躍しており、 『劇場版ポケットモンスター ベストウイッ シュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ』のキュレム役を演じたりしている。

上記以外ではバラエティ番組『トリビアの泉』での出演が有名だが……詳しくは高橋語録(トリビアの泉)を参照。
ちなみに、共に出演している八嶋智人とは同じ事務所所属の関係であり、長年に渡って公私共に仲が良く、一緒に旅行に行ったりもする。
料理番組で共演した際も2人で仲良く会話していた。

そんな高橋さんだが、ブレイクするまでの長い間は大変苦労していた。
そのせいかはわからないが、髪が若い頃から薄い。

1987年、松田優作に憧れて芸能界入りするも仕事が来ず、様々なアルバイトを転々として生計を立てていた。住居は当然アパート。
アルバイトの中にはビニ本(所謂ポルノ本)の配達や、ラブホの駐車場で車庫入れ係、ディスコの黒服、野立て看板を立てる仕事もあった。

当時はあまりの貧しさに FromAを買って「なぜ自分は貧乏なのか」と泣いたり
所属事務所の社長に 「おまえはすでに死んでいる」 と言われたこともあった。

そして、長い下積み経験の後、38歳の時に 『ショムニ』の人事部長役でようやくブレイク。
不遇の時代からは脱却したと言える。

また、ピタゴラ的装置のギネス記録者とし て、高橋克実の名前が登録されている。単に登録の際に高橋さんの名前も一種に登録したという話だが。
この様子はトリビアの泉で紹介され、その時の服装はレッドカーペットの服装であった。なお投稿者は本人。



■高橋さんの頭
今は寂しい頭だが、昔はふさっとした髪があった。
しかし、頭頂部の毛は少なかったため、 側頭部の髪の毛を長く伸ばして大量の整髪料で固め、その毛を上に被せて頭頂部をカバーする という奇抜な髪型だった。
あまりの固さにその部分だけ フタのように開閉が可能 であり、その性質から水にとても弱かった。

坊主として2004年に「リニューアル」した後、高橋さんは「解放された」とコメントしている。
尚、坊主になる前はカツラ疑惑があった。

坊主になった後も、演技の際にパンチパーマ等の髪が必要な役の場合はカツラを被ることもある。



■主な出演作
  • ドラマ
ショムニ』シリーズ
『踊る大捜査線』シリーズ
『フルスイング』
33分探偵』シリーズ
相棒』シリーズ
『梅ちゃん先生』
『特上カバチ!!』

  • バラエティ
トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜
『爆笑レッドカーペット』


  • アニメ
キュレム
(劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ)
ぶんちゃかトリオ(ピロ、ブンタ、ポコン)
(『わたしのきもち』)



高橋:「皆さんはいいですよね、追記も修正も出来て」
八嶋:「何のことですか?」


(頭を前に傾ける)


八嶋:「あぁ………」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/