春日野さくら

登録日 :2010/07/05(月) 13:05:29
更新日 : 2017/07/01 Sat 08:48:27
所要時間 :約 4 分で読めます




まっ、こーんなとこだね!

ストリートファイターシリーズのキャラクター
苗字はかすがのと読む。

出身地:日本
格闘スタイル:リュウの見よう見まね
誕生日:3月15日
血液型:A
身長:158cm
体重:42kg
スリーサイズ:B80・W60・H84
好きなもの:体育(特に陸上系)、白いごはん、ストリートファイト
嫌いなもの:数学、弟のゲームの相手
特技:英会話、料理(見てくれは最低)
声優:笹本優子(ZEROなど)、福圓美里(Ⅳ)


世田谷の玉川南高校に通う現役女子高生。
ある日リュウの闘う姿を見て憧れを抱いた彼女は、技を 見よう見まねで 習得。
リュウともう一度会い、闘うためにストリートファイトの旅に出る。

リュウへの憧れから、白いハチマキと赤い手甲というZERO時代のリュウと同じ格好をしており、『ZERO3』以降ではリュウの勝利ポーズも真似している。

高校卒業後もセーラー服を着ているのは、相手に礼をつくそうという気持ちから、自身の正装として着ているからである。
ちなみにスカートの下に履いているのは ブルマ。
なので見えても問題なし。
アレンジコスチュームは、上が胴着、 下がブルマ 。上がジャージ、 下がブルマ。
とブルマまみれだったが、最新のアレコスは花柄のワンピースである。下?自分で確かめて下さい。

当初は姿格好だけの真似っ子であり、ストリートファイトもただの遊びと考えていたが、
リュウと再会したことでストリートファイトに対する考えを変え、自分にとってのストリートファイトとは何かを模索することとなる。


あまりにもファン受けを狙った容姿から当初は批判を受けたが、現在ではストⅣのCMキャラクターに採用されるなど、シリーズを代表するキャラクターの1人となった。
ちなみに『ストⅣ』のCMでさくらを演じた高良光莉は当時小6。



【他キャラクターとの関係】

「落ち着いて力みを無くすんだ。そうすれば相手が見えてくる」

憧れ。ストリートファイトの世界に入るキッカケとなった人物。
弟子入りを望むも断られた。


これでオレの偉大さがわかっただろう!よし!飯食いに行くか!お前のオゴリで!

知り合い。
技と気の練り方の基本を教わる。それ故ダンからは勝手に一番弟子扱いをされている。
「ダンさん」ではなく「火引さん」と呼ぶ。まあ何だかんだで信頼している。
漫画版ではさくらの師匠的存在。


モノマネのワザにはまけないぞ!オレのはオリジナルだぞ!

知り合い。ダンを通じて知り合ったが、どちらかと言えばこっちの方が仲が良い。
「ブランカさん」ではなく本名の「ジミーさん」と呼ぶ。
ストクロではコンビでDLCキャラクターに。行方不明になったダンを探しに旅に出る。


  • 春日野つくし
弟。ゲーム中にはほとんど登場しないが、姉と違いインドア派。
「ZERO2」ではさくらの自宅ステージの背景でゲームやってる。


  • 千歳ケイ
親友。一緒に登下校をする仲。
格闘に興味はないが、漫画版だとイケメンを得るため始めようとしていた。


あなたから受けた敗北の屈辱 まだまだ返し足りませんことよ!

漫画版からの逆輸入キャラクター。
一方的にライバル視されているが、さくらとしては普通の友人関係も持ちたいと思っている。
平凡な家庭←→お嬢様、白いはちまき←→赤いリボン、黒・茶のショート←→金のロングなど、リュウとケンに通ずるものがある。


  • 若葉ひなた
親友。とある事件を追って共闘した。


殺意の波動の存在を教えられる。


【ゲーム上の性能】

リュウよりむしろケンを更に接近特化した性能、ガンガン前に攻めてラッシュを仕掛けるキャラクター。
地上からも空中からも攻め込めるキャラクターだが、体力攻撃力共に低いため、一方的に攻めれないと体力負けをすることが多い。


  • ストリートファイターZERO
初登場のZERO2では中堅。
ZERO3では調整のおかげで強キャラ。
性能が高水準にまとまっており、対空が優秀。めくりからループコンボに持ち込める利点も。
火力は不十分で、苦手キャラも少なからずいる。


「波動掌」「桜華脚」など、このゲーム特有の技を持つ。
前キャンのおかげでAグルでは最強の一角であり、ショウオリと呼ばれるコンボで無茶苦茶削れる。


  • VS.シリーズ
「MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER」ではカプコン勢の一人として登場。
リュウ、ケン、さくら、豪鬼、ダン、ダルシム、春麗、ザンギエフ、ベガと、9人しかいない枠に5人も波動昇竜キャラがいるのは黙っておこう。
師匠すらもVSシリーズでは弱キャラであるため、さくらの性能もお察しである事がほとんど。
日焼けすれば豪鬼の技も使えるが、そこまでして使う価値は……


リュウを探すために参戦。
コスプレは水着、バニーガール、、テニス選手、ソフトボール選手などスポーティーな物が多い。
傘で攻撃する「咲桜傘」、だだっこパンチ「春火襲倒」などの技も持つ。


  • ストリートファイターⅣ
家庭用から参戦。
ダン、ブランカと共に格闘大会に出場する。

立ち回りに不安が大きく、通常技も必殺技もどこかイマイチ。
しかし潜り込んでからのコンボ火力は全キャラクター中トップクラスであり、屈指のインファイターでもある。
安定感は低いものの、破壊力は屈指のキャラクターだろう。



【主な必殺技】

前方に気弾を放つ。
本家と比較すると隙が大きい上、端まで届かない。
ただし貯める事で、飛距離を犠牲に威力と大きさを上げられる。


  • 天仰波動拳
斜め上に向かって波動拳を放つ。


  • 蒼空波動拳
ジャンプ中に斜め下に波動拳を放つ。豪鬼の斬空波動拳に相当。


  • 真空波動拳(真空天仰波動拳)
スーパーコンボ。5ヒット波動拳。
『Ⅳ』シリーズではウルトラコンボ。PかKで天仰と使い分け可能。
後者は斜め上に撃つ優秀な対空技で、さくらの立ち回り補強に仕える。


  • 咲桜拳
クセで踏み込んだ後に見よう見まね昇龍拳を出す。
対空には不向き。
マヴカプシリーズでは突進時に波動のバリアを張る。


  • 春風脚
見よう見まね竜巻旋風脚
本家と違い、放物線を描くように飛ぶ。
実はかなり高性能で、固めやコンボに仕える。


  • さくら落とし
飛び上がり、両腕で下方を叩く。
最大3回まで連続して使用可能だが、1回しか当たらなかったり、そもそも命中率が低い。


  • 春一番
スーパーコンボ。
回転しながら下段蹴りを連続で繰り出し、最後に相手を蹴り飛ばす。


  • 日焼けさくら変身
豪鬼の技が使用可能になり、元々の技の性質も変化する日焼けさくらに変身する。
勘違いしている人が多いが、日焼けさくらは殺意の波動に目覚めたさくらではなく、ただ夏合宿で身体能力が強化されただけのさくらである。
この間は移動技の「阿修羅閃空」と、さくら版瞬獄殺「春獄殺」が使用可能。


  • 春爛漫
ウルトラコンボ。
蹴り上げた相手を空中から叩き落し、最後は踏みつける。
威力の高さが魅力。


【さくらがんばる!】
中平正彦による漫画版。
「ZERO」でリュウを助け、助けられた事から彼に憧れ、ダンの元で格闘を習って技を身に着けた設定である。
かりんと戦った後、格闘大会でマキやケンと戦う。
リュウを探すために中国やロシア、タイに向かい、出会いと別れ、そして格闘。
番外編ではKOFの草薙京とも戦っている。





いい項目だけど、なんか単調だなあ。ね、追記・修正も試してみたら?


この項目が面白かったなら……\ポチッと/