バック・トゥ・ザ・フューチャー

登録日 :2012/07/31(火) 11:05:59
更新日 : 2017/08/02 Wed 11:58:01
所要時間 :約 8 分で読めます




1985年10月25日金曜日




バック・トゥ・ザ・フューチャーは1985年に公開されたアメリカ映画。
監督はロバート・ゼメギス。製作総指揮はスティーブン・スピルバーグが担当している。

タイムマシンによる時間旅行という古典的な題材を扱いながらも「自動車を改造したタイムマシン」や「タイムトラベルの科学的な設定」、
さらに「変わり者の科学者と学生が時間旅行をする」という斬新なアイデアはその後のタイムトラベルを題材にしたSF作品に大きな影響を与えた。

CGなどは一切使われていない30年以上前の作品だが、今見ても色あせないSFアドベンチャー映画の金字塔である。


●[あらすじ]●
1985年のカリフォルニア州ヒルバレーに住む高校生マーティ・マクフライは、
友人のエメット・ブラウン博士(ドク)と共に、「2本松モール」にて、彼が発明したタイムマシン「デロリアン」の実験に立ち会う事になる。

しかし、ドクは彼に恨みを持つリビアの過激派に銃撃されてしまい、さらにタイムマシンの誤作動でマーティは30年前の1955年にタイムスリップしてしまう。

1985年に戻ろうとするマーティだったが、燃料のプルトニウムを使い果たし、未来に戻る事ができない。
そこでマーティは1955年のドクと会い、彼と協力して、数日後にヒルバレーの時計台に落ちる予定の雷の力で未来に戻る計画を立てる。

だが、もう一つ問題が発生した。なんと、この時代のマーティの母親が彼に恋してしまったのだ!

このままでは父と母が結婚せず、マーティの存在が消滅してしまう。
果たしてマーティは父と母を再びくっつける事が出来るのか!?
そして、無事1985年に戻る事が出来るのであろうか!?


●[1985年の登場人物]●

マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)
ペプシとロックが大好きなロックンローラーに憧れるハイスクールの青年。
イケメンでギターが弾けて彼女がいるという中々のリア充。兄と姉がいる。
ひょんなトラブルに巻き込まれた結果、人類初のタイムトラベラーになる。

●エメット・ブラウン博士(ドク)(クリストファー・ロイド)
街で「ブラウン科学サービス」を営んでいる変わり者の科学者。
タイムマシン「デロリアン」を完成させ、マーティを助手に 「2本松モール」 で世界初のタイムトラベルを行おうとしたところ、
デロリアンの燃料であるプルトニウムを騙して盗んだ過激派の報復にあい、銃撃される。

■デロリアン■
ドクが発明した人類最初のタイムマシン。
実在の自動車である「DMC-12デロリアン」をベースに開発された。
若き日のドクが洗面台から落ちて頭を打った時に閃いた「次元転移装置」を搭載しており、
この装置によって1.21ジゴワットの電力と時速140キロ以上に加速することで時間旅行が可能になった。
ちなみに1.21GWという膨大なエネルギーをまかなうために燃料として プルトニウムを使用している核自動車 でもある。

●ビフ・タネン(トーマス・F・ウィルソン)
ジョージのハイスクールからの知り合いで会社での上司。
人の車を勝手に乗り回して事故を起こすわ、その弁償はしないわ、勝手に人の家の冷蔵庫は漁るわと実に最低。
口癖は愛用の杖で相手の頭を叩きながら「もしもし、お留守ですか~?」

●ジョージ・マクフライ(クリスピン・グローヴァー)
マーティの父親。
さえない中年のサラリーマン。
ハイスクール時代からの知り合いで今の会社の上司でもあるビフに良いように使われている。

●ロレイン・ベインズ・マクフライ(リー・トンプソン)
マーティの母親。
かなりの堅物でマーティとジェニファーの関係を「不純異性交遊」として嫌っている。
ジョージとの関係は冷めきっており、気苦労のためか年齢以上に老けている。

●ジェニファー・パーカー(クローディア・ウェルズ)
マーティの彼女。なかなかの美人さん。
週末にマーティと湖にハイキングに行く約束をしている。

●ジェラルド・ストリックランド(ジェームズ・トールカン)
マーティたちのハイスクールの教頭。
かなりの鬼教師で通称「ハゲタカ」
あだ名の通りハゲている。



1985年10月26日午前1時35分


1955年11月5日午前6時15分

■[1955年の登場人物] ■

■エメット・ブラウン博士(ドク)
親の遺産で日がな一日趣味の発明品作りを行っている、今風に言うならニート。
当初、未来から来たマーティを信じていなかったが、彼に将来、自分が発明するタイムマシンを見せられた事でマーティを未来に返すべく協力する。

■ビフ・タネン
ジョージのハイスクールの知り合い。
ジョージをいじめるジャイアンポジションで3人の子分がいる。おつむが若干弱い。
マーティのせいで先祖代々非常に奇妙な縁が出来てしまう。

■ジョージ・マクフライ
マーティの父親(予定)の青年。
さえない性格をしており、ビフに度々いじめられるのび太ポジション。
SF小説を書くのが趣味だが勇気がなく誰にも見せられないでいる。
ロレインに夢中のようだが彼女はマーティに夢中で、本人も半ば諦めムードになっている。

■ロレイン・ベインズ・マクフライ
マーティの母親(予定)の女性。学園のマドンナでしずかちゃんポジション。
未来で息子達に偉そうに説教しときながら実際にはカンニングはするわ、たばこは吸うわ、酒は飲むわと中々の不良生徒だった。
未来から現れた未来の息子に恋をしてしまう。
車内でマーティを押し倒すほどの積極性を持つ。

■ジェラルド・ストリックランド
ジョージとロレインの学校の教頭。 30年前からすでにハゲている。

?ダースベイダー?
バルカン惑星からやってきた宇宙人。
ジョージの枕元に現れ「ばぁんへいれん」なる殺人音波でジョージを拷問にかける。
週末の土曜に行われる学園パーティーでロレインを誘わなければ脳みそを溶かすとジョージを脅すが、その真意は……。




1955年11月12日午後10時04分


1985年10月26日午前1時24分

ドク「マーティ、ここに来るまでに誰かと会ってはおらんだろうな?」

マーティ「いや、実は僕の両親と会っちゃって」

ドク「こりゃいかん、項目を見てみろ!」

マーティ「変わってる、追記・修正されたみたいに……」

ドク「歴史が変わったんだ……」


○[新1985年の登場人物]○

○エメット・ブラウン博士
街で「ブラウン科学サービス」を営んでいる変わり者の科学者。
タイムマシン「デロリアン」を完成させ、マーティを助手に 「1本松モール」 で世界初のタイムトラベルを行おうとしたところ、
デロリアンの燃料であるプルトニウムを盗んだ過激派の報復に遭い死亡。
……と思われたがマーティからの情報によって防弾チョッキを装備しており難を逃れる。
その後、予定通り30年後の未来へと出発した。

○ビフ・タネン
ジョージのハイスクールからの知り合いで「ビフ自動車部品会社」を経営している。
ハイスクールの知り合いで上客であるジョージには頭が上がらない。
口癖は「もしもし、お留守ですか~?」

○ジョージ・マクフライ
マーティの父親。
夢を実現させ、著名なSF作家として大成したイカした中年作家。
ハイスクール時代からの知り合いであるビフを良いように使っている。

○ロレイン・ベインズ・マクフライ
マーティの母親。
かなり開放的な性格であり、ジェニファーを「とてもいい娘」として好感を持って関係を見守っている。
ジョージとの関係は良好であり、そのためか年齢以上に若く見える。



ドク「マーティ!一緒に来てくれ!」

マーティ「どこへ?」

ドク「もちろん関連項目へだ!」

マーティ「待ってよドク、どういうことさ?僕の項目に何かあったのかい?最低の荒らしにでも遭ってた?」

ドク「いやいやいや、君の項目は問題ない。パート2の項目だ、何とかせにゃならんのは」

マーティ「ドク、ブラウザバックしないとパート2の項目には行けないよ」

ドク「ブラウザバックか。アニヲタwikiにブラウザバックなど必要ない、見てろ」



TO BE CONTINUED


この項目が面白かったなら……\ポチッと/