ゲオルギウス(Apocrypha)

登録日 :2012/01/19(木) 21:39:24
更新日 : 2017/08/08 Tue 20:07:23
所要時間 :約 10 分で読めます




Fate/Apocrypha

Fate/Apocryphaに登場する予定だったサーヴァント
その後、正式版において没となり、リストラされた。
以下、仮に決まっていた設定。


キャラクターデザイン:中央東口
設定制作:三輪清宗
クラス:ライダー
身長:180cm
体重:95kg
属性:秩序・善

パラメーター
筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具
D A+ C++ D A C

ヨーロッパではジークフリートと並ぶ竜殺しの代表的な英雄。
キリスト教の聖人。
高潔で弱者をいたわる人格者。
例え罪を犯し他者を虐げる者であっても「 暴力でしか己を支えられない弱者 」と解釈し、
過ちを犯す者も「 だからこそよりよく生きるために努力する事ができる者 」と解釈する高潔な武人。
しかし、その暴力が他人に向けられることを決して見逃さず、そのために剣を振るうことを躊躇しない。
現世ではカメラがお気に入りで旅行好きとか…

生前は赤子の時に魔女に攫われ、後にその魔女に気に入られ、乗ったものを無敵にする馬ベイヤードと名剣アスカロンを授かった。

しかし、ある日魔女の悪行を知ってしまい魔女を岩穴に閉じ込め逃走。
その後は旅をし、立ち寄った村でゲオルギウスは生贄に選ばれた姫を救うために悪竜と戦う事になる。
竜と戦い打ち倒したゲオルギウスは姫と結婚し国を治めたという。

クラス別スキル
  • 対魔力:A
今よりも遥かに強力な魔術が使用されていた時代に、魔術師の呪文や儀式によって散々攻撃されたが、まったく傷つくことがなかった。
その能力は"魔術師殺し"と呼んで過言ではない。

  • 騎乗:B
ライダーにしては騎乗能力が高くはなく、伝説では竜との戦いでも馬から降りて戦っている。
ライダーのクラスの恩恵でこのランクになっているが、実状は彼ではなく愛馬・ベイヤードが優秀だと言える。

保有スキル
  • 直感:C
戦闘時、常に自身に最適な展開を感じ取る能力。
ただし、防御のためにしか働かない。
ゲオルギウスはこの能力を"相手が戦うべき敵か否か"を即座に判断するために使用する。

  • 守護騎士:A+
他者を守る時、一時的に防御力を上昇させる。
数多くの国や地域の守護者であるゲオルギウスは常に「守ってくれること」を期待される。
そしてその期待が、彼に無限の守護の力を与えるのだ。

  • 殉教者の魂:B+
精神面への干渉を無効化する精神防御。
ゲオルギウスは幾度となく棄教を迫られ、数え切れないほどの拷問を受けながら、一度としてその責めに屈しなかった強靭なる信仰の持ち主である。

  • 神性:C
聖人として世界中で崇敬されており、神性は小宗教や古代の神を凌駕する。
"ゲオルギウス"とは大地を耕すという意味の言葉で、その起源は中東の豊穣神・バールにまで遡る。


宝具
『力屠る祝福の剣(アスカロン)』
あらゆる害意と悪意から持ち主を遠ざける無敵の剣。
敵を倒すという意味での無敵ではなく、いかなる敵からも守るという意味での無敵。
守護の力を反転させることで、あらゆる鎧を貫き通す剣になる。

『汝は竜なり(アヴィスス・ドラコーニス)』
対象を一時的に竜種へと変える対軍宝具。
見た目は赤い十字が描かれたサーコートだが、厳密にはゲオルギウスの堅固なる信仰そのものであり、サーコートは宝具を発動させるための焦点にすぎない。

『幻影戦馬(ベイヤード)』
「キリスト教圏の七勇士」に登場する、ゲオルギウスを誘拐した魔女が彼に恋をして贈った魔法の白馬。跨った者を無敵にし、致命傷となる攻撃を受けても、一度だけ無効化する。

『竜殺し(インテルフェクトゥム・ドラーコーネース)』
アスカロンの力と、ゲオルギウスの竜殺しの力を複合して発動させる対人宝具。
竜種に対して大ダメージを与える。
近距離では剣の姿で、遠距離では剣の弾いた光が投げ槍の姿を取って敵を討ち貫く。


ボツになった理由は聖人キャラが増えて処理しにくくなったから邪魔になってしまったから。



Fate/Grand Order

☆2(アンコモン)のライダーとして実装。
ストーリー上では、第1章に登場。敵側の召喚した悪竜ファヴニールへの対抗策である竜殺しのセイバー・ジークフリートにかかった呪詛を解き、その後は共に人理修正のために戦った。


クラス別スキル(常時発動)
  • 対魔力:A
自身の弱体耐性をアップ。

  • 騎乗:B
自身のクイックカードの性能をアップ。

保有スキル(一時発動)
  • 守護騎士:A+
自身にターゲット集中と防御アップを3ターン付与。

  • 殉教者の魂 B+
自身のHPを回復、精神弱体耐性アップを3ターン付与。

  • 戦闘続行 A
自身にガッツ状態(HP0になっても1回だけ生き残る)を5ターン付与。


宝具
『力屠る祝福の剣(アスカロン)』
ランク:B カード種別:Arts 種別:対人宝具
敵単体に超強力な攻撃、自身の防御アップを1ターン・敵に竜特性を5ターン付与

「これこそがアスカロンの真実! 汝は竜! 罪ありき! 『力屠る祝福の剣』(アスカロン)!」


設定通り防御に特化した性能が特徴。
自身に攻撃を集中させるスキルの守護騎士をベースに、宝具・他のスキルともに防御アップや回復、ガッツなど生存に特化したものが揃っており、囮としてはレア度以上の活躍が望める。
スキルだけで数ターンくらいは粘ってくれるのでテキトーに使い捨てるもよし、味方の防御アップを組み合わせてガッツリ壁とするもよし。
他のサーヴァントでは替えがきかず、かつ汎用性の高い役割を持つため、☆2の中ではアンデルセンと並んで「手に入れたら絶対に育てておくべきサーヴァント」とされる。
欠点は、レア度相応の火力の低さ。
ステータス自体も耐久寄りなため本人が攻めるのには向いておらず、そのくせライダークラスの特性により無駄にスターが集中してしまうため、クリティカル狙いのパーティにも相性が悪い。

また、宝具に『汝は竜なり』が統合されて竜特性付与が付いているため、竜特攻スキルを持つジークフリートや竜特攻を持つ礼装とも相性が良い。

余談だが、宝具の説明の下の台詞は宝具使用時のものだが、誰に使っても「汝は竜!罪ありき!」と言いながら叩き斬るため、
ついた渾名が 『冤罪剣』『お前竜な!』

  • なお、ライダー要素はかなり希薄である。
  • 通称「ゲオル先生」。作中で呼ばれているが、本人的には名前を略さないでほしいらしい。
  • 超絶人格者なゲオル先生だが、 中の人はクソヒゲと同じ 西前忠久氏である。あまりのギャップに戦慄するマスターが続出した。


追記・修正は聖人になってからよろしく

この項目が面白かったなら……\ポチッと/