膝丸燈

登録日 : 2012/10/02(火) 21:31:03
更新日 : 2017/03/26 Sun 07:15:48
所要時間 :約 7 分で読めます





俺は必ずこの悲しみの元を断つ。
そうしなければきっとやり直せない。
どこかで間違えてしまった。
俺の人生の何かを……!

そしてそれは、
仲間の誰もがそう思っている筈だ。



膝丸(ひざまる) (あかり)は『テラフォーマーズ』の登場キャラクター。

国籍 :不明
年齢:20歳
身長:177cm
体重:96kg
血液型:O型
誕生日:不明(8月2日ということにしている)
好きな食べ物:ボリュームのあるもの全般
嫌いなもの:ゴキブリ
趣味:イラスト・読書
マーズ・ランキング6位
声:細谷佳正


第2部の主人公的存在。
……といってもテラフォーマーズは群像劇なので、
場面が変われば燈の出番が一ヶ月単位で無いのもざらである。
無論、空気主人公などではなく決めるときはビシッと決める男である。
だからアッカリ~ンて呼んじゃダメ。


【来歴】



膝丸心眼流 ……そう書かれた道場のある施設の軒下に俺は捨てられていたそうだ。
英語・日本語・フランス語・中国語・タイ語まで……あらゆる言語で書かれた手紙と一緒にな。
恐らく無事にその日本の道場まで届けられるかもわからなかったんだろう。
内容はみな同じ、
「どうかこの子を頼む。この子の名は―『燈し火』」

人間離れした身体能力と屈強な肉体を持つ。
見た目は東洋人だが、実の両親の素性や国籍は一切不明。
その出生は20年前の本多博士によって人為的にバグズ手術の性能を植え付けられて誕生した存在。
各国の有力者からは「セカンド」と呼ばれている。(ちなみに「ファースト」はミッシェル)


膝丸 という姓は捨てられていた道場から、 という名は手紙の文面にあった 『燈し火』 から
それぞれ取られたもの。

孤児院で暮らすのと並行して育て親の院長と思しき老人から
実戦本位の古流柔術・膝丸心眼流の教えを受けており、素手の格闘のみならず契木や剣といった武器術にも長ける。
このためアネックス1号で火星に旅立った乗組員の中では
民間人の出身でありながら純粋な戦闘では既に幹部に匹敵する実力を有している。

ミッシェル・K・デイヴス と同じく「親がバグズ手術後に生まれた子供」であり、
親の能力の遺伝から先天的にM.O.の力を使用できる。
しかし、感情が高ぶると勝手に変異しM.O.の力を発揮してしまうことから
幼少の頃は度々変異が発現して異形の風貌となっていたため、「化物」「妖怪」と呼ばれ虐められていた。

A・Eウィルスの病に侵された幼馴染の百合子の手術費用を稼ぐため、
高額な優勝賞金の出るタイ王国の地下闘技場の大会に出場し破竹の快進撃を続ける。

武術と変異後の怪力を活かして、地下闘技場史上無敗の王者として君臨していた大熊ブライアン・チャオミーを破って優勝したが、
その時には既に百合子は治療が間に合わず死亡しており、失意の中、
百合子と同じ病気の子供・春風桜人を救うため小吉のスカウトを受け、M.O.手術を受けて火星探索チームに参加する。
親から受け継いだ体内組織のおかげで手術は容易に成功した。

生来のM.O.と手術による後天的M.O.を併せ持つ彼とミッシェルは、探索チームでも最大の戦力、人類の希望になると目されている。


【人物】

武道鍛錬で身に着けた精神修養と師匠であり親代わりの孤児院院長の惜しみない愛情の賜物か、
自身の宿命に卑屈になることの無い意志力を持った強く優しい青年として成長した。
「膝丸 燈」 という自身の名前は、
親の顔も知らず、何処で産まれたか・造られたかもわからない彼にとって、
唯一確かな「自分」の証明であり、大切な人達との繋がり。
そのことに非常に強い愛着と誇りを持っている。


礼儀正しく、目上の人間に対しては腰が低いが決して武人系キャラにありがちな堅物ではなく、
年相応のフランクではっちゃけたところもある親しみやすいナイスガイ。
ミッシェルの着替えを覗こうとして、その際ガードに当たっていた八重子を5万円で買収したり……。
まったくとんだ豚野郎だぜ!


孤独な幼少期を送ったせいか友情や信頼といった人と人との絆をとても大切にする。
年齢・国籍・人種を問わず誰に対しても自然体で向き合い打ち解けてしまうところがあり、
特に血気盛んな野郎同士、マルコス・アレックスとは3バカトリオを結成するほどの親友。
アイコンタクトも無しに同時に女子の水浴びを覗きに向かおうとするくらい息が合っている。
まったくとんだ豚野郎どもだぜ!

同じ生来のM.O.能力保持者のミッシェルに対しては並々ならぬシンパシーを感じているようで、
『今回の作戦が終わったら普通の人生を歩むことも考えてみて欲しい』
プロポーズにしか聞こえないような発言をしている。
男でも女でも容赦なく死ぬ漫画だが……まさか主人公が……ね……?

当初はテラフォーマーズを仲間の仇・狩るべき獲物としか見ていなかったが、
テラフォーマーズの中にも武術に通じる強さを修めた個体が現れ、自分と死闘を演じたことを契機に、
ゴキブリもまた生き残ることに必死な自分と対等な立場の戦士ということを認め、ある種の敬意を抱くようになった。

東洋武術のみならず格闘技全般には関心があり、
実力者ではあったが『地味』なボクサーであった鬼塚慶二と初めて対面した時も一発で当たりをつけていた。
※同時に台詞の端々から拾える武術関連のキーワードが多岐にわたるため、
燈が遣う技の正体についても、正式に明かされるまでは『空手?』『拳法?』『古武術?』と
読者間の認識に結構なバラツキがあった。


【M.O.手術】



-国産戦闘鬼-

日本原産

オオミノガ

M.O.手術で獲得した能力は 『昆虫型』オオミノガ
一般的に言われるところの ミノムシ である。
ミノムシはたった2本の糸でぶらさがるが、この糸は同じ太さの鋼鉄より強いとされるクモ糸の実に2.5倍の強度を有する。
それがM.O.O.により人間大に拡大されたことから目視確認すら困難な極めて細い糸ながら、
大型トラック以上のサイズの脱出艇に糸を結んで分銅のように振り回しても切れないほどの耐久性を獲得するに至っている。

燈はこの『糸』を自在に生成し操ることができる。単純に相手を捕縛し、行動を制限するのみならず、

  • マルコスのアラクネバスターMk-Ⅱ(中空になった棍)とアレックスのドメスティックブレイドストリームスライダー(鉄球)を糸で合体させて契木に似た武器を創作しテラフォーマーを圧倒
  • 糸を編んだ『網』でトラップを仕掛け、穴を掘って逃げようとしたオケラテラフォーマーを地下で『蓑』に閉じ込め、考えるのをやめさせる
  • 自身の身体にサラシのように幾重にも巻きつけることで簡易的な防弾チョッキを拵える

等、燈の武術の知識と優れた機転が加わることで無限大と言ってもいいほどの汎用性を発揮する極めて強力かつ頼もしい能力。

ただし、あくまで『有機物』ゆえに 燃やす溶かす といった化学的な作用には弱い。
また、テラフォーマーズ最強の怪力を誇るパラポネラの形質を獲得した個体でも切れないが、
燈本人が怒りのあまり自らの糸を引き千切るシーンが存在する。これは一体…?

変態するための投薬には昆虫型共通の 注射器 を用いる。
変態が完了すると生来のものとは異なる櫛状のガの触角が頭部から生え、顔に隈取のような紋様が浮かぶ。

テラフォーマーズ名物のアオリの異名・ 『国産戦闘鬼』 はオオミノガが日本原産の生物であることと、
ミノムシが平安時代の文献では『鬼の子』の異称で呼ばれたことにかかっている。
幼少期から周囲に妖怪として忌み嫌われていた燈には皮肉ながら非常にマッチした二つ名。

ありふれた日本の風物詩に思えるミノムシだが、
実はオオミノガは現在進行形で外来種の脅威にさらされ、 絶滅危惧種 となっている。
本作の時代背景は西暦2620年の未来だが、オオミノガ自体は依然として危険な状態らしく、
ベースとなる昆虫自体が希少種であったため、成功確率の低いM.O.手術にはおいそれと使えないという事情があった。
しかし、生来のM.O.体質であった燈は手術の成功確率が高く、遠慮なく施すことが可能となった経緯がある
(これはミッシェルの爆弾アリも同様)。


なお、本来持っている力の正体は未だに不明。
変異時に触角や複眼といった特徴が見て取れるため、昆虫(節足動物)系と思われるが……。



【専用武器】


”対テラフォーマー振動式忍者刀”

銘を―

『膝  丸』!!



燈の専用武器。忍者刀の名称の通り、反りのない片刃の刀身を持つ。
握りをはじめとする各所には穴が開けられ、そこに糸を通すことで多様途に用いることが可能。

威力も凄まじく兵器に用いられる金属すら易々と切り裂く恐るべき切れ味を有する
(『振動式』と言うからにはいわゆる高周波カッターなのだろうか?)。

燈は自身の修めた膝丸心眼流の剣術の術理を用いてこれを振るう。
初使用時は『疲れの太刀』(別名『爺婆の剣』。刀を杖にして息も絶え絶えな様を強調し、すれ違い様に全身の撥条を使い、「受けて」「斬る」)を放ち、強敵・マイマイカブリ・テラフォーマーを撃破した。

刀身に入った 幾何学的な刃紋 や、 柄に配された円形の部品 など、
その細部は西暦2577年、火星有人調査に旅立った宇宙船・バグズ1号に搭載され、
ジョージ・スマイルズがテラフォーマーズとの戦闘に使用した 『剣』 に酷似しており、
同一のテクノロジーによって製作されている可能性が高い。

ランキング上位者のみが装備を許される専用武器は、原則的に『テラフォーマーに奪われても脅威にならない』ことが前提とされているが、
膝丸は燈の糸を介さなくとも普通に『よく切れる刃物』として運用が可能なのでこの前提に矛盾した性質を持つ。
バグス1号の剣との類似点も含め、色々と異質な装備である。

なお、膝丸とは源氏に伝わる名刀の名でもあるが、膝丸心眼流もそれに端を発するかは不明。




まだ追記・修正してねぇだろうがよぉ おォォォーーーーー!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/