ソックスハンター

登録日 :2009/10/04(日) 14:11:22
更新日 : 2017/10/23 Mon 13:42:31
所要時間 :約 4 分で読めます




靴下は愛である。 B
靴下はもっとも美しい愛の形である。 岩田
愛を、伝えたい。 中村
狂おしいまでのこの愛を。 遠坂



高機動幻想ガンパレード・マーチ、及びガンパレードオーケストラに登場する靴下と、男の夢を狩る『夢狩人』達の事

日本ソックスハンター協会は1901年、アメリカのオリバー・ウィルソン、D・A・ルグウェール博士が設立した白い靴下財団が、その原型である。
色付き靴下と当時流行していたストッキングを否定し、白い靴下の保護と世界平和を訴えた。
日本では1912年にアメリカ留学した赤沢小説がこの思想に共鳴、日本白靴下旅団社を設立、二度の大戦争を乗り越えながら今日に至る。

会員数は12万8千名、会長は不明。 組織は閉鎖的で、会長は常に暗殺を恐れてその姿を隠している。 そのため、その組織は本部の場所を含め、常に秘密の薄いヴェールで包まれている。


1985年に起きた輸送機からの大量靴下投下事件、通称「血の7月事件」を契機に全国の風紀委員会同盟により、その神聖な教義は非合法化され、地下にもぐった。

現在、高騰した靴下を買い集めるものと、金のためにそれを集める「ソックスハンター」に別れている。
ソックスハンターにとって生徒会連合、風紀委員会は天敵であり、活動中は常に弓矢やミサイル等で命を狙われている。

しかし、ソックスハンター達もそれに抵抗する為にソックスを武器としており、ソックスの匂いを嗅ぐと気力が極限まで削られる代わりに快楽と力を得、人であって人でなき者と化す。

具体的に言うと強化された身とは言え時速180kmで移動したり刺し身包丁で機関砲弾を次々と弾いたりイーアルカンフーとスパルタンXを足して掛ける2の勢いで、ビルの壁で三角飛びをしたりホバリングして旋回しながら機関砲弾を撒き散らすきたかぜ(戦闘ヘリ)を、コンマ0.01秒差でことごとく避けてみせたりできる


以下ネタバレ含む










彼らにとって人の命よりも靴下は重く、あえて等比式化すれば、
地球<人の命<靴下
である。

マーチでも5121小隊全員の靴下を集めるシナリオがあり、皆と仲良くなりつつ靴下を集める事ができる。ただし争奪戦に注意。特に原素子が絡んできたら絶望と悲しみの海に突き落とされる事になる。
中には靴下を捨ててしまう人もいるのでその人からは早めに回収しておく必要がある。

白の章ではソックス・バトラーなる人物に導かれるままに靴下を集める事になり、小隊は9人+先生とペンギンという仕様上戦死者を出さないなら主人公を含む11足までしか集められないが、イベントは進める事が可能。
そして最終的に娑婆に戻るか、ソックス・ニューオーダーの名を頂戴する事でシナリオは終了する。


野口直也のシナリオでも中盤から白い靴下旅団に敵対する組織に入る事になり、その時にソックス・アトランティスの相棒としてソックス・バビロンの名を頂戴する。
が。途中で野口本人が悪気は無かったのだが菅原乃恵留の地雷ワード(ノエルの名で馬鹿にする)を踏んでしまい、最終的にソックスそっちのけで二人の仲を取り持つことになる。

青の章で野口直也をプレイヤーとして選択すれば、再びソックスハンターとして活動する事ができるのだが…


ゲームではない、本当の第5世界で何が起こったのか、ということが書かれているらしい『Return to Gunparade』にもハンター達の活躍が書かれている
むしろこの設定をガン無視した活躍こそが『ソックスハンター本伝』であり、RtGはこの物語の外伝に過ぎないのである


ソックスハンター名簿
  • ソックスバトラー:中村光弘
  • ソックスバット:岩田裕
  • ソックスタイガー:遠坂圭吾
  • ソックスロボ:滝川陽平
  • ソックスステルス:速水厚志(未加入)
  • ソックスギャルソーン:茜大介
  • ソックスファルコン:芝村勝吏(通称Mr.B)
  • ソックスサムライ:味のれんの親父
  • ソックスブラック:裏マーケットの親父
  • ソックスアトランティス:野口直也(白の章)
  • ソックススプリンター:野口直也(青の章)
  • ソックスニューオーダー:白の章のプレイヤー
  • ソックストレビアン:白の章のプレイヤー
  • ソックスミラクル:白の章のプレイヤー
  • ソックスレジェンド:白の章のプレイヤー
  • ソックスバビロン:白の章のプレイヤー
  • ソックスゴンドワナ:岩崎仲俊
  • ソックスダンク:山川道久(榊ガンパレ)


「フフフ、ソックスハンターに取って人間は、いい靴下をつくるための材料にしかすぎません。フフフフ……ハーッハッハッハ、イィ!靴下スゴクイィ!」

「俺達には誇りがある。ハンターとしての。貴様の誇りはどこだ、バット。それともどこかで無くしてしまったか。……俺達は、靴下以外は何も奪わないゆえに誇り高いんじゃないのか?たとえ万金が積まれていても!その隣にある靴下を選ぶ!それがソックスハンターだ!」


この項目は、ハンター達の追記・編集を待っています。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/