ツレイン・ザン・レカニバン

登録日 :2012/03/29 (木) 18:17:11
更新日 : 2016/11/25 Fri 00:18:37
所要時間 :約 4 分で読めます




ツレイン・ザン・レカニバンであります!



魔装機神Ⅱより登場するキャラクター。
CV:岡本寛志

アンティラス隊に新規配属された操者で階級は少尉。
士官学校出たての新米で実戦の方はあまり経験していない。
なお士官学校での成績はプラーナこそ高いものの中の下でありそれほど優秀ではない。
メフィルとは幼馴染で年上の彼女を妹のように扱っている。なお「ツレちゃん」と呼ばれるがそれを言われるのは不服らしい。

だんだん戦いを重ねてきたマサキと相反する未熟な後輩キャラということで第二の主人公として期待されていた。
PVでも非常に目立った活躍をしており熱血少年全開であり期待が持てる。






ラングランマンセー!
士官学校生募集中



さて、このツイレン君の本題に入ろう…。
こいつPVや公式でのキャラ紹介ではあたかも準レギュラーや第二の主人公のような目立ちぶりや早期の情報公開をしたのだが、、、、、



序盤の数話こそ出てくるもののちっとも話に絡んでこない

それこそ最初は堅苦しい挨拶等キャラが立っていたが指で数えられるほど話が進むと一言も喋らずに一話が終わることなどザラとなる。

そのせいか、「ツイレン」や「レツイン」等名前を正確に覚えて貰えない現象が発生した
さらにセニアの貴重な助手のメフィル、作戦参謀で有能なギド、お茶目な元ヴォルクルス教団のガエン等、新キャラクターはいずれもそこそこ重要な役職やキャラ付けがあるにも関わらずレツインは後輩キャラで無知なだけというあまりにもしょぼいキャラ付けである。
あるといえば神祇無窮流の使い手なぐらいである。

おまけに愛国心旺盛なのはいいがそれが行き過ぎておりラングランの陰謀説となると即座に噛み付いたり、オンガレッドの和平交渉を一人素直に受け取ったりと無能っぷりがにじみ出ている。

さらには元ヴォルクルス教団のガエンが信用できなくて模擬戦でフルボッコにしようとしたら、返り討ちに遭い、
エルシーネが理想の女性だと信じ切っていたらヴォルクルス教団の大司教だったというオチまである始末。

後者の件では「どうして俺の周りではそんな事ばかり…」と言ってるが、
エルシーネがツレインの周りというほど親しいかというと怪しいところである。むしろそれはヤンロンの台詞である。

このおかげで「ツレインって別に部隊にいなくてもよくね?」とよく言われる始末…
そんな彼がそれだけでは飽き足らず戦闘面でも果てしなく弱い。本当に弱い…。

PVでの強そうな雰囲気に反するあまりの弱さに寺田Pが
「弱いです…!」
と言っちゃうほどに弱い。


といってもツレインの能力自体はそこそこ優秀で使い勝手の良い精神に大器晩成で最終的に回避がトップになるぐらいには強い。おまけ程度でしかないが専用技能「猛突猛進」も覚える。

だが乗ってる魔装機レオゲイラが装甲が薄いわ、ツレインの得意な格闘がランクアップしないわ気力必要だわで非常に弱い。
おまけに剣技がないため免許皆伝を覚えられないという糞仕様…

似たような性能のジェイファー:ロザリーがいるが向こうは移動後攻撃が優秀だし訛るしムデカイベントあるし可愛いし可愛いしでレイツン君とは段違いにいい。

一応レオゲイラはジェイファーの後継機なのだが劣化ジェイファーの何物でもない残念な機体である。

いったいセニアは何を考えてこんなのを造って新人に与えたんだか…

ウェンディ「あてにならねぇパーツがざっと50はある…」
おまけにメフィルとの合体攻撃絶対あるだろと期待されていたのにそれが無い。
↑Ⅲのラングランルートで待望の(?)メフィルとの合体攻撃「落花流水那落落とし」を習得。射程はP属性付きで1から5と使い易い。しかし、その武器の属性が射撃なのでメフィルが使った方が強い…掛け合いではラブラブであるが。

あまりに弱すぎることやエンジンがかかるのが遅すぎることもありまったく好まれて使われないことからツライン・ザン・オルスバン(笑)という不名誉な名前で呼ばれ一時期マサキィィィィ!に並ぶネタと化してた。

また放置デモでBGMが「親分登場!」になっていたためツレインの専用曲と勘違いする人もいた。
意外と合っているのでお勧めである
Ⅲで専用BGM「吶喊します!」が追加。全体的にアップテンポで力強い感じ。


そんな彼だが彼には可愛くて巨乳で幼馴染の彼女(?)がいるいわゆる勝ち組である。
しかしメフィルは結構気がある雰囲気なのに、こいつは「ツレちゃん禁止!」とのたまってたりする辺り、道は長そうである。
そのくせ、(メフィルのミスで)うっかりメフィルのシャワーを覗いた感想は「成長したなぁ、と」だったりする。
うん、爆発しろ
Ⅲではメフィルやファング関連でイベントがあり、メフィルを看病したり説得する回がある。ツレちゃんとメフィルが好きなら台詞は必見である。
やっぱり爆発しろ

上にもあるように、Ⅲではレオゲイラと共に扱いが良くなった。
相変わらずペラペラの装甲や、フル改造しても少々不安のあるHPのせいで敵から狙われやすいかもしれないが、移動後に使用できる空拳術・朧月夜や、ツレインの格闘のステータスを生かせるストライクタロンのランクアップ武装のブレイカーシュート、合体攻撃の落花流水那落落とし、スキルに免許皆伝追加など、活躍の場が広がっている・・・はず。


追記・修正よろしくお願いしますであります!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/