ポケモンのお菓子

登録日 :2014/05/18 (日) 10:11:57
更新日 : 2017/03/02 Thu 14:19:56
所要時間 :約 2 分で読めます




ポケットモンスター』シリーズに登場するアイテムの一種。
基本的に持ち物画面には表示されず、専用ケース等から確認する必要がある。

世代によってそれぞれ異なるお菓子が登場し、それぞれ特徴的な異なる効果を持つ。

アニメ版では基本的に料理担当キャラではなくヒロインが作るシーンが多い。

フエンせんべい等お土産系のお菓子についてはこちらを参照。


◆ポロック


見た目は小さな立方体。
専用の機械ときのみで作れるが、参加人数によって出来が左右される。

辛い渋い甘い苦いすっぱい 味が存在し、
それぞれ かっこよさうつくしさかわいさかしこさたくましさ のコンディションを上げる。

性格により好みの味が存在し、好みの味に対応したコンディションは他より上がりやすい。


ではたくさん与えればコンディションがMAXになる……と思いきや、ポロックを食べるごとにけづやが上がっていき、けづやが最高まで上がったポケモンはもう食べてくれなくなる。
けづやはポロックのなめらかさで上がりやすさが決まる。

最も関係の深いポケモンはミロカロス


リメイク版の『ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア』では角が取れて丸みを帯びており、見た目がハイチュウやぷっちょに近くなった。
またきのみに味の概念が無くなっているため、きのみの色によって味が決まるようになっている。

ポロックキットにきのみを4つ入れれば あっという間に完成する。 この仕様変更にショックを受けたプレイヤーは少なくないとか…
加えてなめらかさの概念も無くなったため、全てのコンディションを上げる「にじいろポロック」でのカンストが楽になった。
このせいでコンディションがほぼ死にシステムと化しているのは内緒。


アニメ版の『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』では、「ハルカデリシャス」なるレシピが登場。
ハルカゴンベのお腹を一発で満たす超優れものだったりする。

ちなみにそれ以前に作ったオリジナルレシピは、ムサシ以外全員を撃沈させる破壊力だった。

ラムネとして実際に発売されたこともある。



◆ポフィン


見た目は潰れたラグビーボール状のマフィン。
鍋にきのみを入れタッチペンで指示通りにかき回すことで作る。
多分そのあと固まってできた生地の形を整えるのだろう。

効果はポロックと同じだが、違う味のきのみを混ぜることで2種類の味を持つポフィンを作ることも可能。


『プラチナ』ではデパートで購入できる。割と高レベル。


アニメ版の『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』では種族による好みの違いが分かれている様子。
ヒカリが作ったニャルマー用ポフィンをポッチャマ達は嫌がり、偶然拾ったニャースは絶賛した。

その後改良されたレシピは当時のヒカリのポケモン全員が気に入り、特にパチリスは粗末にされた際に普段想像できない形相で怒るほど好物。

初登場回でサトシも調理に挑んだが……結果はお察しください。
ちなみに本人はショックでめっちゃくちゃヘコんでいた。



◆ポフレ
第6世代の『ポケットモンスターX・Y』に登場。
見た目はどことなくマカロンぽいがアニメ版を見る限りプチケーキのようなものらしい。

3・4世代のお菓子とは異なり、きのみを原料にして自分で作る、という性質のものではない。
ポケパルレのミニゲームをクリアした時に手に入る。

ランクが高い、分かりやすく言うとゴージャスな見た目のポフレほど食べさせたポケモンとのなかよし度が上がりやすい。


味は模様替えでポフレを設置する際の表示によると スイートサワーフレッシュビタースパイシー

最上級のフルデコシリーズのみ、 はるなつあきふゆ の4種+殿堂入り直後のみもらえる メモリアル 、誕生日のみの バースデー の 6種類となっている。

だが性格等による味の好みは特になく、ランクが同じならどのポフレを食べさせても同じ反応をする。


大きさはポケモンセンターの販促ポスターの絵を見るに、おそらく12,3cm程と思われる。
(「ニャスパーWANTED!」のポスターのニャスパーとの比較)


アニメ版の『ポケットモンスターXY』ではきのみを使って作った生地にクリームを乗せトッピングを加え完成させている。
ポフレの大会も存在し、セレナライバルのミルフィが挑んだ際は決勝進出するも優勝は果たせなかった。



追記・修正は美しさとけづや、仲良し度MAXでお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/