ライン(ゼノブレイド)

登録日 :2013/6/18(日) 21:19:08
更新日 : 2017/01/04 Wed 17:49:38
所要時間 :約 5 分で読めます




ワイルドダウンッ!!

ライン(ゼノブレイド)とは、WiiのRPG「ゼノブレイド」の登場するパーティーキャラクターである。
ホムス(作品世界の人間)の18歳で、物語の始まりの地であるコロニー9の防衛隊の新人。

主人公のシュルクやヒロインのフィオルン、その兄のダンバンとは長い仲であり、特にシュルクとはお互いを補い、背中を守る親友。また、防衛隊員としてダンバンにもあこがれに近い感情を持っており、1年前の大剣の渓谷で彼が負傷した時は力になれなかったことを悔いていた。(ダンバン曰く、新人では生き残れない地獄だったそうから仕方ないが)
物語序盤の悲劇(ネタバレゆえ伏せておく)のあと、復讐のため旅立つ決意を固めたシュルクに共感し、彼とともにコロニー9を離れる。この決意には、フィオルンと交わした「シュルクを守る」という約束を守ることもあったようである。

性格は見た目通り?「考える前に動く」肉体派であり、細かいことは気にせず前に進むポシティブな性格である。その性格ゆえか罠にはまってパーティーを巻き込むこともあったが、その持前の明るさを持ってパーティーを支え続けた。リキと並ぶムードメイカーである。また、要所でしっかり見せてくれるナイスガイでもある。「未来視」のことなどで悩むことの多いシュルクとしては、またと得難いパートナーである。(戦闘面でも)

また、肉体派というゆえか頭を使うことは苦手…というかかなり アレ である。ホムスがスクールで学んでいるはずの基礎知識の知識(ハイエンターのことなど)も危うく、人の名前もうろ覚えのこともある(さすがに親しくなった後はないが)。
極めつけが戦闘後セリフのことわざ。 面目削除よろいそでひとさわり変化雨滴 、しまいには 両手に墓 などさんざんである。最後のセリフに至っては、キレた女性陣(メリア&カルナ)にヘッドショットを受けそうになったことも…こんな彼だが、もちろん悪気はない。

物語途中で出会ったカルナ曰く、彼女の恋人であるガドと雰囲気が似ているらしい。
カルナに対して悪からず思っているラインだが、このことについては複雑に思っているらしく、物語中盤で彼に対する対抗心を呟いていた。

性能

壁役。 良くも悪くも、それ以上でもそれ以下でもない。
オンラインRPGの戦闘を模したといわれるゼノブレの戦闘において、敵からのヘイトを一身に背負い、タゲを確保し続けることで、貧弱なアタッカーとヒーラーを守るパーティーの生命線。そのため彼のスキルやアーツはほとんどが壁役の仕事に特化したものである。
 まず、全キャラ中最も早い段階で重装備を装備できるスキルを身に着けられる。ライン自身のHPの高さもあり、物理攻撃に対しては文字通り鉄壁と化す。さらに、タレントアーツのマッドタウントなど、ヘイトを稼ぐためのアーツも多く、物理攻撃中心の相手に対して、もっとも安定感のある壁役として期待できるだろう。
 タゲを確保する手段が豊富であり、自身の耐久力も抜群ということで、アーツの性質上極力タゲから外れている必要があるシュルク、ヒーラーに特化した性能ゆえどうしてもヘイトを稼ぎやすいカルナとは相性抜群。さらに彼らからのモナドアーツや回復によってライン自体の持久力も跳ね上がる。物語終盤になっても、シュルク・ライン・カルナのパーティーのままだった人も少なくないのでは?
 逆に、火力と攻撃数によってあっという間にヘイトを稼いでしまうフィオルン・ダンバンとの相性はややいまいち。(ダンバンの場合、陽炎を使ったヘイト消去型であれば共存できる。)また、重装備はエーテル防御はいまいちなことが多いので、(皮肉にも軽装備のほうが高いことが多い)エーテル系の攻撃が得意な相手も苦手。

 スキルはマッドタウント強化系をはじめ、ヘイト獲得系・耐久力強化系がそろっている。とりあえず最初は重装の心得で重装備を開放しつつ、挑発強化を取得したいが、その後はそのまま挑発大強化まで育てるか、努力の成果を習得するかは悩みどころ。短気が解放されたら一気に育てておきたいが、どちらにせよ終盤となるだろう。
 スキルリンクはダンバンとのなかに圧倒的存在感や闘気持続、山の如しなど良スキルがそろっている。プレゼントも利用しながら頑張って育てていこう。

○主要アーツ

  • マッドタウント 「こっち見ろコラァ!」
ラインの最重要アーツ。ヘイトを稼いで殴られ続けるのがラインの役目です。
他アーツに強化オーラやタレントゲージを蓄積するものがあるので併用しつつタゲを確保するのが彼の戦闘の焦点である。

  • レイジ 「レイジでいくぜぇ!」
ラインの最重要アーツその二。物理ダメージを減らしつつスパイクダメージを敵に与える、ラインの持久力を支えるオーラアーツ。(攻撃力も下がるが、大した問題ではない。)
オーラ系は重複すると前のものから効果消滅するので注意。2つ程度に絞ろう。

  • バーサーカー
MT強化オーラアーツ。マッドタウントを範囲効果にすると同時に攻撃力UP。
集団に対し有効だが、物理防御も減るので逆にピンチになることも。

  • ハンマービート  「ハンマーぁ…ビートだ!」
 一時的にヘイトを稼ぐアーツ。MTがなかなか使えない時に重宝する。リキャストも短いので使いやすい。

  • ボーンアッパー
 威力はしょぼいが、タレントゲージをためる能力がある。これもリキャストが短い。これからつなげることで特効が発生するダイブソバットなるアーツもある。

  • ワイルドダウン
ワイルドダウンッ!!
序盤からつなげる転倒技であることと、熱いラインのセリフの中でもひときわテンポのいい叫びであることから、彼の代名詞となったアーツ。


以下、ネタバレあり












  • 物語終盤において、
ラインに似ているというガドに(思わぬ形で)出会うことになる…が、あまりラインに似ている感じはしない。
二人ともガタイはいいが…

  • ストーリー上、シュルクが初めて「未来視」によって救うことができた(シュルク自身以外の)人間。
親しい人の危機は序盤のフィオルンの件で見ていたが、このときは彼女を救うことはできなかった。
また、ラインの危機に対して初めて追加のモナドアーツ「盾」を発現させている。

  • 実は最初に出会ったときシュルクとの仲は悪かったらしい。
そんな彼らがのちに親友となる過程は旅立ち後のテフラ洞窟前のキズナトークでわかる。

  • なんと初期プロットでは、 ラスボス になる予定だったようである。


追記・修正できたな?未来。



{この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • これって新規で立てた項目なんだろうか。もしそうなら「新規項目申請ページ」にその旨を書き込むようにしてね -- 名無しさん (2013-06-18 21:39:26)
  • すみません、申請を忘れてました・・・今後気を付けます -- 名無しさん (2013-06-18 23:09:29)
  • 確かに通常火力は低い・・・が、「大型シールドと一体型のパイルバンカー」という浪漫武器の使い手でもある。バーサーカー×バレットチャージ×ソードパイルの火力はガチ -- 名無しさん (2014-06-10 19:24:18)
  • なんとなく終盤裏切りそうな気がしてずっと警戒してたが初期案ではラスボスだったのか… -- 名無しさん (2016-06-22 14:29:32)
  • バーサーカー型使うと判るけど、アーツのリキャストの全体的な短さ(主にボーンアッパー)と相まって案外いい火力出るんだよな。ある程度戦闘になれてから使うとすごく面白いキャラだと思うわ。 -- 名無しさん (2017-01-03 16:36:54)
名前:
コメント: