アンセル(VP)

登録日 :2012/10/22(月) 00:39:03
更新日 : 2017/05/29 Mon 11:01:36
所要時間 :約 2 分で読めます




「ウィル!背中は任せたぞ!」

ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者の登場人物。
CV:寺島拓篤
クラス:重戦士

主人公ウィルフレドの幼馴染。ヴァルキリーへの復讐を誓うウィルフレドと村を出て傭兵となる。
持ち前の明るさでウィルフレドを励まし、ウィルフレドの危機には自身の命と引き換えに彼を救うよう祈る良き親友だが、彼自身は復讐をやめさせたいと思っている。
傭兵になって初仕事の魔物討伐では報酬を値切られないか心配で他の傭兵の皮肉に素直に納得したり、銀貨を見て興奮する等の若さが目立つ。

戦闘では攻撃の発生の速さ、リーチ共に優秀で、決め技もゲージ60回復と非の打ち所がない性能だが・・・


以下ネタバレ







ウィルフレドがヘルに急かされるまま女神の羽を使用した結果、驚異的な力で魔物を討伐した後に死亡する。
この戦闘では羽を使用するまでそれ以外の行動が不可能になる。
死亡イベント時の 「嫌だ!死にたくない!こんなとこで死にたくない!」 という叫びが妙にリアルで怖い。
OPで兵士相手に暴れまわったのは何だったのとか言っちゃいけない
ちなみに二周目以降は羽を使用しなくても倒す方法はあるが、ストーリーに変化はない。

以下更なるネタバレ









「戦乙女が力を貸してくれた!助太刀するぜ!ウィル!」

死後エインフェリアとなった彼はAエンドルート終盤でガルムと対峙するウィルフレドに、ヴァルキリーの助力を得て参戦する。
ゲスト扱いだがステータスが高く装備も充実しているため、そのままメンバーに投入できる。
アクセサリーが装備できず麻痺耐性がないのでしょっちゅう麻痺るが愛でカバーしよう
ガルムを撃退後、ウィルフレドに人として生き抜いてくれと頼み、同じくエインフェリアとなっていたセオドールの伝言を伝え、神界へと帰っていった。

余談

  • セラフィックゲートで仲間になるアリューゼは彼のコンパチ。

  • トゥルサードの説明によると、村を出る際に、CV:釘宮の幼馴染に「帰ってきたら聞いてほしいことが・・・」と言っていたため、死亡フラグを立ててしまった。
また、勝利セリフの「泣き虫ウィルが」云々の原因は、ウィルフレド曰く八割はアンセルの馬鹿行為のせいだったらしい。




追記、修正は羽の犠牲になってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/