風間仁(鉄拳)

登録日 :2012/01/23(月) 23:14:02
更新日 : 2017/06/03 Sat 00:01:03
所要時間 :約 6 分で読めます





待っていろ…



風間仁(かざま じん)は『鉄拳』シリーズの登場人物。


★プロフィール

格闘スタイル
『三島流喧嘩空手改・母から教わった風間流護身術・自己流(鉄拳3、鉄拳TT)』
『空手(鉄拳4以降)』
年齢 3:19歳、4~6:21歳
身長 180cm
体重 75kg
国籍 日本
キャッチコピー 運命の稲妻

初登場は『3』。三島一八風間準の息子。仁八は曾祖父、平八は祖父、飛鳥は従姉妹に当たる。

デビルを浄化しようとした準が、逆に一八の神秘的な力によって一八の子を身籠ってしまい、その結果生まれた運命の子。
屋久島にて育てられた心優しい青年で、当初は格闘に関して母である準から護身術程度にしか習っておらず、「闘神」に襲われた際は母を守ることができなかった。
これをきっかけに自分の祖父に当たる三島平八に師事し、闘神を倒すべく鉄拳大会に参加。格闘スタイルは「風間流古武術」ではなく「風間流護身術」であった。

激闘の末闘神を下すも、鉄拳衆および平八の発砲を受ける。
(3の時点では明らかに正面から大人数に撃たれており、6の一枚絵のみ「平八一人により背後から」なので、ここ再編集しないでください)

信頼していた者からの裏切りを受け、仁はデビルの力を解放。
以降は三島家、デビルを憎み、三島流喧嘩空手を捨て正統派空手を学ぶ。(修行をしていた場所がなぜかオーストラリアのブリスベン)
『5』で仁八を倒して三島家党首となり、『6』ではこれまでの心優しい青年と違ったヒールとして登場。世界に対して宣戦布告するなどして驚かせた。(しかしこれは仁に考えがあってのことであり、本心はそれほど変わっていないことが後に分かる)

↓家庭用鉄拳6シナリオキャンペーンのネタバレにつき反転
世界に対して戦争を起こした理由は、 自分と一八の接触により復活したアザゼルを倒して世界を滅亡から救うため である。
だがアザゼルは精神体であるため、倒すには負のエネルギーを集めて実体化させる必要があり、そのために戦争を起こしたというわけである。
そして、ラストで実体化したアザゼル(ファイトマネーがかなり貰えそうな金色の)と共に消滅することを望んで相討ちとなる。
その後生死不明とされていたが、レイヴン率いる諜報機関が砂漠で埋もれている仁を発見し、回収するところでシナリオキャンペーンは幕を閉じる。


★性能

『3』では一八のコンパチキャラだったが、シリーズが進むとともに差別化が図られ、現在では前述の理由から平八に授かった三島流喧嘩空手を完全に捨ててしまったので殆ど別キャラになっている。

カウンター時に浮かせられる『右突き上げ』、三島家の『風神拳』に似た『左突き上げ』、相手の起き上がりを拾ったりコンボに使える『蠢魔刹』等を持つ。
他にも相手の上段を避けられる特殊動作『残心・弐』や受け流しも持つので父・一八などの三島家よりは防御的で、剛柔合わせ持ったキャラといえる。

『6』のアーケードで闘う仁は最初からレイジ状態なのでガンガン攻めてくるが、プレイヤーの使う仁は細かく削りつつ、攻めてきた相手のカウンターを取るのが基本戦術。

時に攻め、時に守り、時に受け流すなどして相手を翻弄しよう。


★代表的な技

コマンドはテンキー表記

●順突き~内回し踵落とし(LPRPLK)
ワンツー踵。
ガードさせて微有利、相手が暴れたら避け中段突き(9RP)が確定する。

●飛び二段蹴り(2WK)
連続ヒットする二段蹴りで浮かせる。2段とも中段。
ガードされると不利なので、スカ確や下段を警戒させた上で使っていくといい。

●風間流五連撃(LP・LK・RP・LP・RK)
左正拳~蹴り上げ~逆ワンツー~ローキックの五連撃。
最後が下段なので出しきると捌かれたりガードからの痛い反撃を受ける危険あり、4段目まではガードされて微不利。
左踵落とし(66LK)からも出すことができ、こちらは風間流六連撃となる。

●羅喉(46RPLPRP)
らごう
4までの羅刹門に代わって5で登場。 羅刹門は三島流喧嘩空手の技だから、三島を完全に捨て去るための変更だと思うが、メタ的に言うと4の真羅刹・極羅刹があまりにも凶悪すぎた故の変更とも思われる。
2段目が上段になっている点以外は羅刹門とほとんど変わらない。
2段目でLKを入力すると中段の計都(けいと)に派生。

●転掌絶刀(1RPRPLK)
てんしょうぜっとう
最後段で吹っ飛ばすので主にコンボの締めで使う。
6では2段目でRPではなくLKを入力すると2段目が内回し踵落としを繰り出す転掌落斧(てんしょうらくふ)になる。
落斧の方は2段目がヒットすれば↓の蠢魔刹で浮かせ直してコンボへ移行できる。ダウンには当たらないが。
7では2段目がダウンにも当たりフロアブレイクも誘発する踏み付けを繰り出す転掌瀑布(てんしょうばくふ)に変更。

●蠢魔刹(4RPLP)
しゅんまさつ
5までの右裏拳に代わり6で実装。
地上ヒットでは浮かないが、コンボの中継に使えば浮かせ直しが可能。
連続ヒットするのも強み。相手が後転起きしていればそのままコンボを叩き込める。

●左突き上げ(風神ステップ中LP)
三島家伝統の風神ステップから繰り出せる浮かせ技。
最速に対応。

●右回し突き(風神ステップ中RP)
三島家の風神拳と違ってノーマルヒットでは浮かない。
7ではカウンターヒットできりもみ叩きつけダウンを誘発する。
こちらも最速に対応。最速版はノーマルヒットできりもみ叩きつけダウンを誘発させられる。
ただし、きりもみ叩きつけダウンの後はスクリュー技を当ててもスクリュー状態にならないので注意。

●前心(2WP他)
TAG2から新たに追加された構え。それまであった残心・弐からの派生技を出せる。
左膝蹴り(4LK)や右中段前蹴り(6RK)等からも移行でき、他の技から移行した場合のみ34と入力するとキャンセルが可能。
この前心キャンセルを利用したコンボもある。

●三戦立ち(4WP)
空手道に古くから伝わる守りの型
呼吸のコントロールによって完成されるこの型は
完全になされた時にはあらゆる打撃に耐えると言われる

呼ッではない。
その名の通り三戦の構えをとって気合溜め状態になる。
構えには攻撃判定があり、ダメージは無いものの触れた相手を弾くことができる。弾いた場合は気合溜め状態にはならない。
4及び5では発動後ボタンを押しっぱなしにしながら2846とレバー入力すると残心の構えをとり、特殊な気合溜め状態になる。
この残心は「真空の構え」と呼ばれ、この気合溜め中はワンツー踵から五連撃に連携する真空八連撃やノーマルヒットで風神拳同様に浮かせられる真空右回し突き等の特殊な派生技が使用可能になる。


★余談

作・大暮維人の漫画、天上天下には仁のコスプレイヤーが少しだけ登場。予備戦で柔剣部と戦う。
「任せろ。俺のステステで一気にケリをつける」 と一般人には解らない台詞を言っている。
ちなみに雅孝に負けた。

NAMCO×CAPCOM』に参戦。デビルカズヤと化した父・一八を追う。
デビル因子や某ウイルスなどを狙う祖父・平八とは反目しあっているが、MA(合体攻撃)が用意されている。
M.O.M.O.との会話は微笑ましいと評判。

PROJECT X ZONE』にて、パートナーにシャオユウを引っ提げ参戦。
シャオのことは若干鬱陶しく思うようだが、見事な連携とお互いをフォローする掛け合いから、いいパートナーのようである。
ちなみに今作のシャオは仁に心底惚れているようで、もはや立ち位置は 彼女 以外の何者でもない。

PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』にて、今度はなんと一八とのコンビで参戦。
『NAMCO X CAPCOM』で魔界に消えた一八の目撃証言を聞き、ケリをつけるために渋谷から魔界に向かう。
そして偶然魔界に来ていた平八ともども三島三代大決戦…
となりそうなところで魔界のモンスターに包囲され、零児たちの説得もありやむなく共闘することに。
掛け合いは一触即発なものばかりで、必殺技や複数技ではお互いを殺し合おうとする有様。しかし平八をいびる時だけは息ピッタリ。

平八や一八のとばっちりで打ち上げられたのがトラウマになってしまったのか、キャプテン中の人が同じ叔父(義理)の口癖を発した際には その言葉は使うな と返している。

C「 見事なコンビネーションだった。まさに、エクセレント
仁「 キャプテン、その言葉は使わないでくれ…
一「 ううむ…どうも嫌なことを思い出す…


追記・修正は地球を殴ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/