DEAD OR ALIVE 5

登録日 :2012/10/06(土) 17:06:42
更新日 : 2017/04/25 Tue 01:23:13
所要時間 :約 4 分で読めます





格闘ゲーム。『DEAD OR ALIVE』シリーズの格ゲー系では五作目。
PS3、XBOX360にて発売された。
本項ではバージョンアップ版の『DEAD OR ALIVE 5 ULTIMATE(以下5U)』、アーケード版の『DEAD OR ALIVE 5 ULTIMATE ARCADE(以下5UA)』、家庭用最新バージョンの『DEAD OR ALIVE5 LAST ROUND(以下5LR)』についてもいくらか触れていく。



公式が病気と言われた「おっぱいバレー」にも恥じない エロさ鬼畜難易度CPU で話題になっている。

オンライン対応であり、コレクターズエディションや初版限定のDLCコスチュームがある(一応、後々に有料配信される予定)

基本的なシステムは初代DEAD OR ALIVEから変わらずに三竦み。
打撃は投げに勝ち、投げはホールド(当て身のようなもの)に勝ち、ホールドは打撃に勝つ。
鬼畜難易度CPUは超反応 型なので勝てねーよ!と不評である。


こう、全く違うシステムながら、なんとバーチャファイターからアキラ、サラ、パイがゲスト参戦している。
モーションもバーチャと変わらず、違和感が全くない。
ストーリーモードにもチョット顔出ししてます。
5Uからはジャッキーも参戦。



新システム

  • クリティカルバースト(CB)
クリティカルスタン状態の相手に一定の攻撃を当てた後にCB誘発技をヒットさせると無防備にダウンさせることが可能。
高ダメージコンボを狙う際には必須だが、誘発技が全キャラ共通で1~2個しかない(大半が1個)ため、ホールドに注意。
タッグバトル時にはチェンジ直後すぐにCB誘発技を繰り出す「バーストチェンジ」が使える。

  • パワーブロー(PB)
自分の体力が半分を切ると使用可能(使用可能状態だと体力ゲージが赤く光る)。始動技がヒットすると相手に連撃を与え(連撃じゃないキャラもいるが)、シメに吹っ飛ばす。
短いながらタメが必要で考え無しに出しても当たらないので、CBから狙うのが基本。
一部のステージには、特定方向へPBで吹っ飛ばすと特殊な演出と大ダメージが発生する「スペシャルパワーブロー」がある。

  • パワーランチャー(PL)
こちらもPB同様、体力が半分を切ると使用可能。ヒットすると相手を空高く浮かせる。
その高さは各キャラの持つ浮かせ技の比ではなく、通常では入らないコンボをブチ込むチャンスになる。
PBと違って最大まで溜めないと発動しないため、やはりCBから狙うのが基本。

  • 崖っぷちデンジャー
本作の読み合い要素の一つ。
一部の高低差があるステージには、下層フロアへ落ちる方向に吹っ飛ばすと(吹き飛び効果があるならどんな技でも可)、下層フロアへ落ちる前に坂を転がり落ちる演出が入る。
この間に、落とされた側はHを押しっぱなしにすることで崖っぷちに掴まることが可能。
崖掴まり後、落とした側は打撃と投げの二択を迫ることができ、落とされた側はそれに対応するためのガードと投げ抜けができる。


【参戦キャラクター一覧】
名前の後に☆のあるキャラは初代から皆勤、新キャラ・キャスト変更のあったキャラはキャストも記載しています。
(なおキャスト変更は本作からというわけではなくalpha-152を除いてニンテンドー3DSにて発売されたDEAD OR ALIVE Dimentionsで変更されたキャストが引き継がれている。)

4から続投
  • かすみ
  • リュウ・ハヤブサ
  • ブラッド・ウォン/CV:石塚運昇
  • エリオット
  • ティナ☆
  • エレナ
  • ラ・マリポーサ
  • こころ
  • バイマン☆
  • クリスティ
  • バース☆/CV:三宅健太(CVを担当していた郷里大輔氏が逝去されたため)
  • ジャン・リー☆/CV:神奈延年
  • レイファン☆
  • ザック☆
  • ヒトミ
  • あやね☆
  • ハヤテ
  • ゲン・フー☆/CV:大塚周夫(CVを担当していた青野武氏が逝去されたため)
  • Alpha-152/CV:坂本真綾

新キャラ
バーチャファイターシリーズからのゲスト参戦
  • アキラ
  • パイ
  • サラ

5Uから
  • アイン
  • レオン/CV:中田譲治(CVを担当していた戸谷公次氏が逝去されたため)
他タイトルからのゲスト参戦
  • 紅葉(NINJA GAIDENシリーズから)
  • レイチェル(〃)
  • ジャッキー(バーチャファイターシリーズから)

5UAから
  • マリー・ローズ/CV:相沢舞(DOAシリーズ前代未聞のロリ・貧乳キャラ)
  • フェーズ4/CV:桑島法子(5ストーリーモード序盤のムービーでバイマンの部隊を襲ったアレ)
  • 女天狗/CV:佐藤朱(過去バージョンの万骨坊と同じ天狗の一族)

5LRから
  • ほのか/CV:野中藍(格闘スタイルは既存キャラのモーションが混在したスタイル「ほのか流」、そして初登場ながら全女性キャラ中最大のおっぱい)
  • 雷道/CV:稲田徹(1で死亡したがサイボーグ化されて復活。)



まあ、格ゲー要素はこれくらいでいいか。

皆さん期待のコスチュームであるが…コレクターズエディションは 水着 である。
生足が眩しい水着である。
大事なことなので二回いいました。

そして初版限定のコスチュームは…
兎耳、ふわふわ毛のブラ、ふわふわ毛のパンツ…かすみ、あやね、ヒトミの専用コスチュームである。

何故、兎なんだろうね?
エロいからいいけど。



それに加えて更に凄い事が追加されていました。

なんと、このゲーム…














服が透けます。

汗で透けます。
ヒトミさん隠す気ないでしょう?
透けブラとはマニアックな…流石、病気の公式。いい仕事してるね!
ちなみに、 下着の色とかも変えられるよ!


他にも毎度馴染みのパンチラやら、揺れるおっぱいやら…相変わらずのまま美麗な映像になってます。


そんな姿を鑑賞したい?エロいアナタにサービスを忘れてません。
勝利ポーズや敗北後の場面ではズームアップしてカメラ移動できますし、バーサスなどで対戦したリプレイ画面を撮影して保存もできます。
手抜かり無し!

………ホントに公式が病気だな。

以下、ストーリーモードのネタバレあります。













DOA4にて、生体兵器開発に手を染めた巨大複合企業体『DOATEC』は忍者やエレナの手により始末をつけられた。
その後、過去を精算し、新たな一歩を踏み出すべく、新生DOATEC総帥のエレナは第5回デッドオアアライブを開催する。

という流れの訳だが、ストーリーを追うと、そこに至る様々な理由、開催の裏側、暗躍する者たち…などが語られる。

それぞれのキャラで章があり、それを進めることがDOA5のチュートリアルになっており(パンチを三回当てて勝て!などのミッションがある)、DOAシリーズ初プレイの初心者にも優しい仕様。


ある程度まではストーリーで慣れて、それからトレーニングモードでコマンドトレーニングをしていけば自然と上達するだろう。

キャラクターそれぞれのストーリーを載せると項目が埋まるので割愛します。

尚、今作ではキャラクター別のエンディングムービーはなく、ひとつだけである。



追記、修正は終わらない!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/