JUDGEMENT6(バーチャファイター)

登録日 :2011/06/03(金) 00:52:34
更新日 : 2015/11/08 Sun 13:29:38
所要時間 :約 3 分で読めます




JUDGEMENT6 (略して J6 とも表記される)とは、 「バーチャファイター」 シリーズに登場する、簡単に言ってしまえば悪の組織である。


バーチャファイターは他の格闘ゲームと比べても、特にストーリー面に力を入れておらず、キャラ別のエンディングも無いが、実はきちんとしたストーリーが存在する。
そのストーリーの根幹に位置するのがこのJ6である。



【概要】
世界の6つの巨大企業により構成される、兵器開発から国際政治にまで巨大な影響力を持つ集合組織。

世界を裏からコントロールし、征服することを最終目的としている。
幹部は以下の6人。

◆JUDGEMENT
全体の統轄・管理を担当

◆THE DEVIL
通常兵器の開発。ストーリーの中では多分こいつが一番活躍している。理由は後述

◆WHEEL OF FORTUNE
主に軍事分野では無い部分の国際政治のコントロール

◆THE MOON
武力紛争・テロ活動の支援及びコントロール

◆THE TOWER
組織の末端までの監視をしている

◆DEATH
特殊兵器の開発を担当

【デュラル】
デュラル とは、JUDGEMENT6のTHE DEVILが開発したサイボーグであり、バーチャファイターシリーズで毎度ラスボスを勤めているキャラである。

銀色の女体の姿をしており(たまに金色になったり透明になったり石になったりするが)、
各プレイヤーキャラの強い技をそれぞれ使いこなす上、体が金属のためかあまり空中に浮かず、コンボが決めにくいと言うボスにふさわしい凶悪な性能のキャラである。

その正体は忍者 影丸 の母 月影 を改造したもの。
おまけに影丸は、母親を拉致されたついでに父親を殺され更には自分の隠れ里を滅ぼされてしまった。
2において母の救出に成功したものの、月影はデュラル化の後遺症で病にふせってしまう。
その後遺症の対処法捜索(3)や量産型デュラル破壊(4以降)など、影丸は今もJ6と戦っている。


【世界格闘トーナメント】
世界格闘トーナメント とは、バーチャファイターの舞台となる、文字通り格闘技の世界大会である。
しかし、実はこの大会、J6が開催してるものである。
THE DEVILが中心となり、デュラルの性能テストや月影に代わるデュラルの素体の確保、大会に暗殺者を忍ばせ邪魔者を殺害させるのが目的という、J6にとことん美味しいモノとなっている。

【拉致・洗脳】
先述の通りデュラルは月影が拉致され改造されたなれの果てだが、このJ6、拉致と洗脳が大好きである。
ジークンドーの使い手にしてインディーカーレーサーの ジャッキー の妹 サラ を拉致して、兄を殺すよう洗脳し、少年 リオン の幼なじみの ジャン紅條 をこれまた拉致して暗殺者に仕立て上げたり、さらには酔拳の達人 舜帝(シュン・ディ) も弟子を拉致されてる。

この他にも、先述のジャッキーをレース中に事故らせたり、リオンの父親がJ6絡みという疑惑があったり、新たなデュラルの素体を求めて美少女の体を狙ったりetc...など、各キャラのストーリーで好き勝手やっている。

のであるが、先述の通り、バーチャファイターはストーリー性が極めて薄い。なのでJ6の悪事も他の格ゲームで有名な悪の組織のシャドルーや三島財閥と比べ目立たない存在となっているのは否めない。
筆者としては、もう少しVFシリーズのストーリー展開を見てみたい物である。
もっとも、いきなりストーリー展開を大々的にされてもそれはそれで戸惑いそうだが……


ちなみに、VFシリーズ通しての主人公である 結城晶(アキラ) のストーリーには、 ほぼ全く絡まない。


追記、修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/