ジェット・エンデューロ

登録日 :2012/03/13(火) 20:44:59
更新日 : 2017/07/20 Thu 19:18:36
所要時間 :約 4 分で読めます




車窓を蹴破って現れた少年
仏頂面の少年
CV:石田彰
性別:男
年齢:不明
身長:166cm
体重:55kg
武器:アガートラームB/V2
好きな桃缶:白桃
座右の銘:シゴトで選ぶな、アガリで選べ
基本的な生き方:満足できる報酬のため

ワイルドアームズアドヴァンスドサードのプレイヤーキャラクターの1人。

ジェット以外には扱えないサブマシンガン型の特殊なARMを武器にしている。
トレジャーハントを専門としているが、生きるためなら強盗などの汚い仕事も請け負う、記憶喪失の少年。
幼く見えるが上記した生き方やほとんど徒党を組まず、一匹狼として荒野を渡り歩いてきたために、チームでもシビアな人生観の持ち主。


アークセプターを狙って護送列車に乗り込み、ヴァージニア達と出会う。
成り行きでカスケード興産と戦い、成り行きでパーティーを組むことに。

独りで生きてきたためか、度々チームを抜けようとしたり、面倒事に首を突っ込むヴァージニアに突っかかる言動が目立ったり、協調性は低め。
少々言葉遣いが荒っぽく、幼さの残る容姿と相まって反抗期の少年に見えなくもない。

アウトロー(っぽく振る舞う素直になれない不良少年)だが、何故か花園の少女には懐かれている。


中盤で生い立ちが明らかになり、それが後のファルガイアに大きく影響する。

馬の名前は「馬」
少しは考えてやれ。
戦闘時の性能
敵味方の誰よりも早く行動が可能なシリーズ伝統のアクセラレイター使い。
反応や攻撃力などのバランスがよく、身体能力の高さが伺える。反面魔法関連のパラメーターは低め。

バランスが良いと言っても、突出した能力は無く、普通にプレイする限りでは大抵ヴァージニアが最速で行動できるのでアクセラレイターが活躍する機会も少ない。

物理攻撃能力もクライヴに劣るため、「弱い訳ではないが、活躍させるには愛が必要」というなんとも微妙な立ち位置。

低レベル攻略ならアクセラレイターでの先制は強みになるかもしれない。










ネタバレ
正体はかつてファルガイアの緑化を目指したウェルナーたち【七人委員会】が造った人造生命体。出生に関する【想い出】がないのもこのため。ちなみに名付け親は委員会の1人エリオット・エンデューロ。亡き息子の名前を付けた。
年齢不詳だが、おそらくパーティー最年少なので反抗期というのはあながち間違いでもないのかもしれない。


そもそもこの世界のニンゲンの起源は魔族と同じ種族。身体改造を施していない下級魔族がニンゲンとして魔族に反旗を翻し、魔族のファルガイア改造に反抗していたエルゥらと共に戦い勝利したことでファルガイアに定着した。
ニンゲンとは違う種族であるため、元々魔族の兵器であった通常のARMも使用できず、ユグドラシル等で使われていた端末を改造して作られた特殊なARMであるアガートラームB/V2しか扱えない。(B/Vはブラックバージョン、バトルバージョンのダブルミーニング)
ジェットにアガートラームを与えたのも荒野での生き方を教えたのもウェルナーであるが、その事を仲間達に伝える際、「自分の父親」と表現したためヴァージニアからあらぬ誤解を受けた。


ジェットは自分の出生を知った時、自暴自棄になりかけたが仲間達の存在や、同じ造られた者であるアースガルズとの会話で自分を見つめ直す。
最終的には人並みの【想い出】を作りたいという前向きな考えを持つようになる。

【七人委員会】はジェットをかつてのファルガイアを再現するための雛型(アダム=カドモン)として造り、ジェットの無意識下には緑が溢れていた頃のファルガイアの【想い出】がある。
花園の少女に懐かれているのもこれが原因かもしれない。

ネガ・ファルガイア戦後、ヴァージニアが行った【想い出】によるファルガイアの創造において、ジェットが持つ緑溢れるファルガイアの【想い出】が影響したためか、エンディングのラストシーンで道端に小さな花が咲く、ファルガイアの再生が示唆される表現が見られる。

尚、エンディングでは相変わらず面倒事を嫌いながらもなんだかんだでヴァージニア達と共に行動している様子が描かれている。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/