アーノ

登録日 :2009/08/13(木) 18:07:56
更新日 : 2017/01/14 Sat 18:22:22
所要時間 :約 2 分で読めます




サモンナイトの外伝的作品である『クラフトソード物語』の2作目に登場するキャラクター

【詳細】
亜人達の住む『幻獣界メイトルパ』出身の召喚獣
自分を召喚した召喚師とはぐれ(経緯は不明)て『クラフトソード物語2』の主人公の住む村へと迷いこみ、別の召喚獣に襲われていた所を主人公に救われる
その後、主人公の師匠ヴェルグのススメで主人公の護衛獣となる

主人公の護衛獣になった後は主人公の事を「ご主人様」と呼び、どんな相手でも「さん」付けで呼び、「ですます」口調で話す
「ですます」口調だからと言って弱気な訳ではなく、むしろ押しが強い
また、言葉を間違った意味で使い、よく主人公を困らせる(本人に悪気なし)


「そうだ、キスをすれば良いんです」


一人称は『僕』だが容姿は中性的
男の子のようにも見え、女の子ようにも見える
それに疑問を持ち、聞いても返ってくるのは「僕は風の子です」の一言

なので風の子である

男の子でもなく女の子でも風の子である
ちなみにこれは親からの教えらしい

特殊能力として、風の声を聞こえる……らしい
夜になると良く、「風が僕を呼んでます」との言葉と共に主人公との思い出の場所へと行く
もちろん、ついていくしかあるまい、こんな夜中に危ないじゃないか

この特殊能力はアーノだけのものではなく、種族レベルでのことらしい


【ゲームでの性能】
残念ながら、プレイヤーキャラクターとして操作できないが、主人公のサポートをしてくれる

全キャラ共通の属性魔法と属性付加魔法を使い
専用魔法に『クルクルです』『グルグルです』『ザックリです』などがある
『ザックリです』はアーノの勇姿が拝めるので意味もなく見てしまうのは筆者だけではあるまい


風が追記、修正をしろと言っています

この項目が面白かったなら……\ポチッと/