ウルキオラ・シファー

登録日 : 2012/06/11(月) 22:02:07
更新日 : 2017/04/24 Mon 19:59:01
所要時間 :約 9 分で読めます






少なくとも
破壊すべき対象としては認めた




#4 ウルキオラ・シファー        
Ulquiorra Cifer

[種族]破面(アランカル)
[階級]第4十刃(クワトロ・エスパーダ)

  [司る死の形]虚無
  [帰刃]黒翼大魔(ムルシエラゴ)
  [解号] 鎖せ「黒翼大魔」
  [虚の孔]喉元
  [刻印]左胸
  [CV] 浪川大輔


漫画『BLEACH』の登場人物。

 概要


十刃の一員。角が生えた仮面の名残を左頭部に被った、 真っ白な肌をした黒髪の成体破面
能面のような顔と、喉元にあるの孔が特徴。両眼の下辺りに、垂直に伸びた緑色の線状の仮面紋がある。コート状の死覇装を着ている。
身長/体重は169cm/55kg、誕生日は12月1日。

従属官は一人もいない。


司る死の形が「虚無」である為か感情の起伏が極端に少ないが、意外と良く喋る。一護曰く『石像』。
仲間であっても自身以外の者を「塵(ゴミ)」「屑」「下衆」と呼んで見下している。

当初は一護の事も殺す価値のないゴミと発言していたが、何かが気に入ったのかそれ以来興味も持っていた。
どういう思考回路なのか分からないが仲間に出来るとも考えていた。暴力で従わせようとしたのかもしれないが。

GJJJ曰く、『ウルキオラ自身は気付いているか否かは不明だが、気に入った敵の体に獲物の印として自分と同じ場所に穴を開ける癖を持っている』とのこと。


 活躍


ヤミーと共に、一護の状況を鑑定する為現世へ来襲。
虚のようだが虚では無い何か(=破面) を印象づける為に死覇装のチャックを首元からりまで下ろしているが、
その後は特にチャックを下ろす描写は見られない辺り、意外とファッションに拘りがあるのかもしれない。

加勢にきた浦原のヤミーへの攻撃を片腕で軽く薙ぎ払い、一護を 殺す価値無し と断じ、虚圏へ帰還した。

一護の潜在能力に関しては上述の通り「藍染の脅威にはならず、殺す価値無し。力の不安定さから自滅、もしくは自分達の仲間にできる」
との判断を下しているが、藍染の意図通りに成長率の高さも認めている。
また織姫の能力の特異性も一見しただけでいち早く見抜いている(少し見立てと異なっていたが)。
探査能力・実力測定の精度の高さに加えて、目玉を潰して見た映像をそのまま仲間と共有する(目玉は後に復元)など戦闘面以外も極めて優秀。

その後、織姫の能力に目をつけた藍染の命令で、ルピ達を囮にしつつ、
一護達の命を交換条件に織姫を藍染の元へ連行、その後監視と教育を兼ねた世話役になる。
下世話なノイトラなどとは異なり、基本的に冷徹ながら危害を加えることもなく紳士的な対応をしている。


そして虚夜宮に乗り込んだ一護と対峙。
虚化に驚愕しつつも、卍解・虚化した月牙天衝ですら両手を使わせたとは言えほぼ無傷。帰刃前にして圧倒的な戦闘力の差を見せつける。
しかも多少服は破けたが袴は無傷…悟空の胴着ばりに頑丈である。
更にスピードも卍解一護が対応しきれないほどの速度。

このあまりの強さと強者の風格、そして明らかにこれまで戦った破面(GJJJ含む)とは圧倒的に格が違う…。
しかし、逆にこんな相手だがらこそ彼を倒せば勝ったも同然だとも思い、一護は奮起する。
















ああ
第四十刃(クワトロ・エスパーダ)
ウルキオラ・シファー



十刃内での力の序列は

4番目だ

ヤミーが自称一番強い発言を考えるとどっちかが嘘つきじゃねーか!





その後慈悲のない一撃で一護の胸を貫いて撃破。
それでいて、 「まだ動けるなら去れ」「動けないなら死ね」 (※意訳)と慈悲深い言動も…ツンデレだろうか?



あえて止めは刺さず、近くに居たネルも無視して立ち去ったが…
その後独断で織姫を連れ去って一護を治療していたグリムジョー達の前に現れた。
この時は反膜の匪で閉次元へと一時幽閉された。
そして藍染の現世侵攻の直前に帰還し、虚夜宮の守護を任される。出現タイミングが良すぎると突っ込みたくなる。




再度対峙した一護は強くなっており、 破壊すべき敵として認め 一護と一騎打ちを展開。
ようやく差は縮まったものの一護の攻撃は全て防ぎきり、速度は互角かと思いきや本気を出せば卍解一護を上回り圧倒。
しかしながら実力も持続力も向上した一護の虚化には流石に厳しく、ようやく帰刃する。


帰刃状態では虚化・卍解中の一護ですらまともに反応させない速度。
月牙天衝もノーダメ―ジ。
更に黒虚閃(セロ・オスキュラス)によりやはり死にはしないものの 虚化を解除させるほどのダメージを与える。





それでも一護は諦めないため、


無駄だと言っているんだ!!!


と、更に力の差を見せつける……が、一護は 「てめえが俺より強かったら…俺が諦めると思ってんのか…?」
と最初の時から強いのは知っているから意地を見せる。
そのため、ウルキオラは一護を諦めさせるため 真の絶望の姿 として 刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ) を見せる。


ただでさえ圧倒的な差だったのに更なるパワーアップを果たしたことで一護に恐怖を与えることに成功。
それでも一護は諦めないため、

「恐怖を感じる程の実力差の相手に勝てるつもりで戦いを挑む」
「理解の外だ」
「…それが貴様等の言う心というものの所為ならば貴様等人間は心を持つが故に傷を負い」
「心を持つが故に命を落とすという事だ」
「別に…勝てるつもりで戦ってるわけじゃねえよ……」
「勝たなきゃいけねえから…戦ってんだ…!」
「戯言だ」



そして一護に…



 能力


◇─ 帰刃「黒翼大魔」(ムルシエラゴ)

解号は『(とざ)せ』

背中に巨大な漆黒の翼が形成され、仮面の名残が4本の角のついた兜のようになり、服も下部がスカート状のものに変わり、
仮面紋もより大きくなり霊圧で形成した光の槍・フルゴールを用いて戦う。水泳帽だのワンピースだのダサいだの言うな
それまでの帰刃した連中たちと違い、明らかにスラッとしている上に翼以外はほぼ人間に近い。
いかにも最上級大虚(ヴァストローデ)っぽい感じがして(どの区分かは明言されていない)オサレと言って良いだろう。

この状態では卍解・虚化状態の一護が反応すら出来ない圧倒的なるスピードと戦闘力を得る。
ちなみに「ムルシエラゴ」は、スペイン語で「蝙蝠」の意。


◇─ 虚閃(セロ)
人差し指の先端から放つ。色は碧色。


◇─ 黒虚閃(セロ・オスキュラス)
刀剣解放した十刃の黒い虚閃。 一護の黒い月牙とこれは似ているらしい…が少なくともこの時点の一護のそれとは威力が異なる。
恐らくどちらも黒くてぶっといレーザーみたいな霊圧を放つので大体似た技なのだろう。
虚夜宮の天蓋の半分近くを吹っ飛ばすほどの威力があり一護の仮面を粉砕したり、胸に大穴を開け止めを刺した。


◇─ 虚弾(バラ)
虚閃程ではないが通常の死神程度なら半身を吹き飛ばすほどの威力はある。 連射可能な上、速さも虚閃とは桁違いの速度を誇る。


◇─ 共眼界(ソリタ・ヴィスタ)
眼球を取り出して砕き、己が見た映像を周囲の者に見せることが出来る。
超速再生能力を持つウルキオラならではの技。



◇─ 刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・エターパ)
破面で唯一ウルキオラのみが可能としている二段階目の刀剣解放。死神の『卍解』に当たると思われる。
なお、後に帰刃が卍解とほぼ同等と言及されているので扱いがよく分からなくなった。

兜が失い代わりに長い二本角、鋭い爪、黒い 体毛に覆われた両腕と下半身など悪魔そのものを思わせる姿に変貌する。
また瞳が黒地に黄色になり、喉元の孔が大きくなって胸に移動している。

通常の刀剣解放時よりも強さは格段に上回り、
雨竜の感覚では霊圧が強くて巨大な上に、質そのものも空の上に海があるかの様な感覚を思わせる程の異質なものに変化する。
ウルキオラは本当に第4十刃程の力しかないのか疑問視する読者が多いが、
この姿は藍染にも見せていないと語っている為、実はそれ以上の実力の持ち主である可能性が高い。
そもそも実力ではなく攻撃力順みたいな評価基準もあるみたいなので、この件が無くてもそれ以上の可能性もある。

更に破面になると失われやすい超速再生持ちで、臓器以外は瞬く間に治してしまう。
部分再生程度なら他にも出来る者が居るが、大部分が可能なのはウルキオラだけである。

とりあえず本編の破面篇時においては第二解放のウルキオラも含めても 「ヤミーが十刃最強である」と公式ファンブックUNMASKEDにて明言されている。
戦ったのが剣八・白哉だったとは言え、正直怪しいところでもある。

ちなみに『破面図鑑』で解説された時には市丸ギンに見せることを頑なに断っていた。


◇─ 雷霆の槍(ランサ・デル・レランパーゴ)
両手で霊圧を集中させて作り出した槍を投げる技。
虚夜宮の数倍の高さの火柱を上げるほどの強力な破壊力を持つ。何度も放つ事が可能だが、コントロールに難がある。



 結末


一護に大穴を空け殺害。

織姫が一護を助けようにももはや間に合わない状態の中、時間稼ぎに徹する石田の相手をする。
圧倒的過ぎる実力差から石田については軽くあしらう。


そんな中で一護が織姫の 『助けて黒崎くん!!!!』 という悲痛な叫びに反応して完全虚化して復活したため、戦いを再開。
この状態では終始一護に圧倒され、左腕&下半身&内臓を吹き飛ばされ致命傷を受ける。
止めを刺される寸前に石田の静止によりどうにか命を拾い、超速再生を開始。
一護が暴走して石田に虚閃を撃とうとしていた隙に仮面の角を切り払い、自爆させる。
この時左手左足以外の見た目は修復したものの、説明していた通り臓器は再生出来ておらずほぼ見せかけの状態。


その後完全虚化解除と同時に超速再生し、理性も取り戻した一護と決着をつけようとする。
フェアじゃないので一護も同じく左腕と左足を斬れと提案したため、これを承諾したところ肉体が灰化し始める。
もはや戦う力など残っておらず、 「殺せ」 と一護に言うものの…

「…断る」
「……何だと?」
「…イヤだって言ってんだ…!」
「…こんな…」


「こんな勝ち方があるかよ!!!」

「―――ちっ…」
「…最後まで…思い通りにならん奴だ……」


これまでの発言から、全体的に感情が薄い中でも人間の『心』には納得しがたい強い思いを抱いており、心の存在を懐疑的に思っていた事が分かる。
一護を中々殺そうとしなかったのもこれが原因だと思われる。
もはや戦う雰囲気ではなくなっており、最後に一護達そのものに関心を持ち始めたことを吐露する。


そして 「…俺が怖いか女」 といつか織姫に言った通りに問いかけ、
「こわくないよ」 の答えに 「そうか」 とわずかながらも満足そうな口ぶりの後に完全に消滅した。





それは  何だ

その胸を引き裂けばその中に視えるのか?

その頭蓋を砕けばその中に視えるのか?

貴様等人間は容易くそれを口にする

まるで――――


(織姫へと手を伸ばし、織姫もウルキオラに触れようとする…が、ウルキオラの体は灰となっていく。)


そうか

これが  そうか

この掌にあるものが



心か






…反射的に追記・修正したか……

そうしていなければ今頃

貴様の項目は全消しにあっていた

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

誹謗中傷コメントが頻発したため、コメント欄の撤去を行いました。
相談なくコメント欄を復活させるのは規制対象になる可能性があります。解除の相談をするのであれば
総合相談所 でお願いします