ARMS(デジタルモンスター)

登録日 :2011/11/12(土) 15:17:28
更新日 : 2017/06/26 Mon 03:16:22
所要時間 :約 3 分で読めます




●目次

【概要】

ARMSはデジタルモンスターに登場する人工生命体。

歴史やその存在は記されているが、どれ程存在するのかは不明。
ぶっちゃけほとんど謎である。


【歴史】

『古代デジタルワールド期』が終わり、『デジモンテイマー期』と呼ばれる時代の始まりにデジモンの研究者達が作り出した人工デジタル生命体《ARMS》

AR tificial M on S ters》と呼ばれるそれはデジモンの生態や進化のプロセスを真似して創られ、人類初の「デジタル生体兵器」として注目を浴びた。
《ARMS》自体に意思は無いがデジモンと同等の強大な力を秘めており、実用性を称賛する声と同時に、危険性を危惧する声も高まっていた。

そして《ARMS》の軍事利用が近づくなか、初期に創られた二つの《ARMS》の一つ…後に 《ZERO-ARMS:グラニ》 と呼ばれる《ARMS》がひとつの奇跡を起こした。
ネットワークセキュリティの最高位ロイヤルナイツに属する一体の異端の騎士が感応し始めた。
《ZERO-ARMS:グラニ》 は聖騎士に空を駆ける力を与えたが、それだけではなかった…
育成師の力により 《ZERO-ARMS:グラニ》 は灼熱の紅蓮の鎧装となり、聖騎士を新たな進化…更なる高みに導いた。

そして、もうひとつの《ZERO-ARMS》は「破壊と再生を司る東方の究極武神」の手に渡り、後に 《ZERO-ARMS:オロチ》 と呼ばれる事となる。


【種類】

ZERO-ARMS:グラニ


「グラニ…英雄ジークフリードの愛馬の名前こそ、お前に相応しい!」

デジモンテイマーズに登場。
デュークモンの思いに応えてリアライズし、空中戦を可能にした。
クロンデジゾイド製のボディを持ち、データを破壊するユゴスを搭載しており、口部からユゴスブラスターを放つ(これによりデ・リーパー、ゲートキーパーのシールドと身体の一部を破壊した。)

最終決戦では道中で墜落したが、再び友であるデュークモン(啓人とギルモン)の思いに応えて自身の存在と引き換えに二人を クリムゾンモード に導いた。

クロスウォーズにデュークモンが登場した時にも戦いの途中で飛来し、デュークモンをクリムゾンモードに変身させた。



ZERO-ARMS:オロチ


デジモンフロンティアに登場したスサノオモン
凄まじい力を秘めた彼の武器である。
玩具化のせいか、超越形態ニ体のパーツを組み合わせて誕生するスサノオモン……の余ったパーツで誕生する。

デジモンクロスウォーズ(漫画版)」では、バグラモンの口からその存在を語られる。

バグラモンは、デジタルワールドの未来を考えてのとある行動を起こすべく、
その第一歩として障害となるロイヤルナイツなどの連携を阻害し排除を行うためにデジタルワールドを分断することを考える。

そして、その分断のために、ゼロアームズ<オロチ>のデータを元に「 蛇鉄封神丸 」を建造。
当然こんな代物を扱えるデジモンはなかなかいないこともあり、
バグラモンは武人デジモンの数万年分の怨念・無念の残留魂魄のデータを元に、この刀を振るう器を持つタクティモンを生み出した。

言ってしまえば模造品のような 蛇鉄封神丸 であるものの、それでも強力すぎたため、オメガモンとの戦いや最終決戦を除いて、
普段はバグラモンの手によりその力を封印されており、タクティモンは鞘から抜刀することは禁止されていた。




追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/