iPhone/iPad

登録日 :2010/11/19(金) 12:00:42
更新日 : 2017/01/29 Sun 22:59:54
所要時間 :約 3 分で読めます




パソコンメーカー、Apple Computer社。

2001年に発売したiPodは音楽スタイルを大幅に変えた革命的製品となった。

それから数年後、Appleは再び革命を起こすこととなる。

…その市場は「ビジネスメイン」とされていたスマートフォン市場。







iPhone/iPadとは日本でSoftBankから販売されているApple社製スマートフォン/タブレット端末。

現在のスマートフォンブームの火付け役であり世界的なスマートフォン支持用のメインストリーム端末。

2007年にアメリカ独自の通信規格であるGSM方式の初代モデルが登場。

画面とハードキーとホールドキー、ボリュームボタンだけで操作は主に指で使用するタッチパネルがメイン。

そしてこの端末の革新的な部分がアプリマーケット。

Machintoshユーザーなら手軽に開発できるアプリをソフトメーカーだけではなく個人でも公開できる「AppStore」が登場し便利機能やゲームが登場。

Wi-Fi環境ならiTunes Storeも利用可能で、Macユーザーだけではなく一般のユーザーにも受け入れられた。


日本でも2008年SoftBankから3G対応版が発売。

12月からの料金施策によりiPhoneユーザーが増加、町で見かけない日はあまりないと言うほどとなった。

その後、動作が高速化した3GSが登場。

そして現行モデルのiPhone 4が発売。
3GS以上の高速動作を実現した自社製プロセッサ、720p動画撮影、網膜に近い高解像度ディスプレイ、テレビ電話機能を搭載している。

SoftBankはちょっと…という人には3G機能とGPS等を除いたiPod touchも用意。
最新モデルではiPhone 4とのテレビ電話も可能である。
iPadは大きくなったiPod touchと言ってもいいタブレット端末。

ただし、外出先でも手軽にインターネットが楽しめ3Gモデルも用意されている。

10型ディスプレイによりスマートフォンでは味わえない情報量とちょうどいい大きさのソフトウェアキーボードでパソコンの様にインターネットを楽しめる。

電子書籍を前面に打ち出しており、自社製プロセッサ(コアはARM製)により動きが有る書籍も読める。
大画面に合わせたiPad専用アプリも用意されている。

この端末は全ての携帯電話市場に影響を与え、タッチパネル端末が増加してきている。
最も、日本メーカーが慌てて出した「ガラスマ」には失敗作も多いが…。
不具合全部入りのレグポンとかアアアッローズとか。

その後2013年には、iPhone5の発売を機にau、そしてかなり遅れてdocomoがiPhoneを取り扱うようになり、
事実上スマートフォイ業界では日本が敗北したという見方もできる。

一方、ライバルであるandroid端末にもバリエーションが増え、
縛りの多いiPhoneがかんたんスマートフォンと揶揄される現状もあるワケだが。

ともかく、これからこの端末がどんな「更なる革新」を見せてくれるか見物である。


追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/