SPALM

登録日 :2010/01/24(日) 11:22:14
更新日 : 2017/07/28 Fri 09:06:38
所要時間 :約 4 分で読めます




SPALMは、auのオープンアプリプレイヤー、DoCoMoのiアプリでできるJAVA系インタプリタ言語です。



手始めにこれを入力してみましょう

text("Hello World.",0,0,0)
input()


左上に「Hello World.」と出て来ると思います。
では次に、「Hello World.」を「アニヲタの集い」と書き替えて見ましょう。

text("アニヲタの集い",0,0,0)
input()


左上にアニヲタの集いと表示されたと思います。
また、 文字列を扱う場合には『"』で囲わなければいけない のが見れば分かると思います。
次に、この表示する文字を別な位置で表示させてみましょう。

なおtext()関数の引数(ひきすう)はこのようになっています

text(String,X,Y,A)

引数は以下のようになります
String:文字列
X   :表示させる左上角のX座標
Y   :同じくY座標
A   :アンカー

※アンカーについてはまだ触れておきません。


では入力してみましょう
text("アニヲタの集い",100,100,0)
input()


すると文字列はさっきより右下に表示されます。
Y座標の値は正なのに値が増えると下へ行きます。

これはこのように座標を取っているからです。

0→→→→→→→→X









ところでさっきからあるinput()関数とはなんでしょうか。

今までのソースコードからこの関数を除いて実行すると、一瞬表示されて終了になります。
プログラムはすべての行を完全に実行すると終了するのです。

これだとわけがわからないので"入力待ち"の働きをするのがinput()関数です。
次は変数です。

「title」と言う変数に「アニヲタの集い」という値を"代入"して表示してみます。

title="アニヲタの集い"
text(title,0,0,0)
input()

「アニヲタの集い」は"文字列"なのでまた『"』で囲います が、 titleは"変数"なので、『"』でかこいません。


また、以下は失敗例です
×
"アニヲタの集い"=title
text(title,0,0,0)
input()


変数を扱うとき(厳密には=演算子を使う時)には、右から左へ代入となります。
つまり、右から左へぶちこむ一方通行です。
今まで散々文字列をいじって来たので"数値"を扱ってみましょう。

例題:ヤクザが893円のものを買い、1003円で払いました。お釣はいくら?

oturi = 1003 - 893
text(oturi,0,0,0)
input()

結果は察してください


"文字列"では『"』で括っていましたが、数値は『"』で括りません
もし
oturi = "1003 - 893"
としていたら、『1003 - 893』と表示されます。
こんなの別に求めてません
次に色を変えてみましょう。


色に関係する関数はcolor()関数とcol()関数です。
因みにただのエイリアスなので働きは同じです。


color(255,0,0)
text("アニヲタの集い",0,0,0)
color(0,255,0)
text("アニヲタの集い",0,20,0)
color(0,0,255)
text("アニヲタの集い",0,40,0)
input()


結果は上から順に
アニヲタの集い
アニヲタの集い
アニヲタの集い で表示されます。

これは、光の三原色の数値で以下の引数となっております。
color(red,green,blue)

red,green,blueの値はそれぞれ0〜255までで、数値が高いほど白に近い色となります。





追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/