INFOBAR 2

登録日 :2009/06/08(月) 22:20:32
更新日 : 2017/07/12 Wed 18:09:14
所要時間 :約 ? 分で読めます


タグ一覧
ケータイ 携帯


auが2007年夏モデルとして発表した携帯電話端末。

au desgin project端末「INFOBAR」の後継端末である。

デザインは初代INFOBAR同様、深澤直人氏。
設計・製造も鳥取三洋電機(現・三洋電機コンシューマエレクトロニクス)が行っていた。

デザインイメージは「口の中で溶け、丸みを帯び始めた四角い飴」。

NISHIKIGOIのカラーリングはまさにINFOBAR、初代のようなタイルキーはなくなったが持ちやすさは格段に進化している。

インターフェイスも直感的かつ美しいデザインを採用。

もちろん機能面も抜かりはない。

2.6インチワイドQVGA有機ELディスプレイを採用。

ワンセグにも対応し、シーンセレクトやタイムシフト再生に対応している。

卓上ホルダもワンセグ視聴に最適な横置きスタイルである。

カメラは197万画素、ステレオスピーカーも搭載。
おサイフケータイやLISMO!、EZ・FM、安心ナビ、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、ビデオクリップ、デコレーションメール、PCサイトビューワーにも対応している。

使用キャラクター
ピカソ(トラウマイスタ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/