サルバトーレ(ゼルダの伝説)

登録日 :2011/03/21(月) 22:51:32
更新日 : 2017/03/28 Tue 20:43:06
所要時間 :約 2 分で読めます






「…いらはい」



ゼルダの伝説 風のタクト」に登場するゲーム屋の店主。話しかけるとミニゲーム「大砲的当て」ができる。

特徴的なのはその際の彼の反応。話しかけた時は 「…いらはい」 と、いかにもヤル気なさそうな態度だが、ゲームを始めるとお手製の顔面紙芝居で盛り上げてくれる。
作りも凝っていて一見の価値あり。

当のミニゲームだが、マス目の書かれたボードにランダムに配置された敵戦艦(海外版とWiiU版では巨大イカ)の影を見つけ出し、限られた弾で全て撃破できればクリア。つまり戦艦ゲーム。ぶっちゃけかなりの 運ゲー。
しかしハートのかけらや宝のマップなどのレアアイテムがもらえるため、失敗しても何度となくやり続けてしまう事も…。


本店のタウラ島の他にメガネ島にもチェーン店があり、そちらでは少し違ったゲームができる。
何とこっちは 本物の大砲 を使う。海面に配置された5つのタルを、10発の弾で全て壊せればクリア。
2発に1つ壊せれば…と簡単そうに思えるが、大砲の角度調整が必要なためやってみると結構難しい。だが慣れると割と分かってしまうためいい金稼ぎにもなる。
とりあえず迫力は今までの的当てとは比べものにならないだろう。

だが…

彼のサービスはこんなものでは終わらなかった…。


後に出た「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」でも出演しており、そこでは何と! 船に乗りながら船の大砲を使っての的当てができるのだ! おそらくスケールはシリーズ最大級だろう。もはや的当ての域を越えている…。
ゲームの説明時も 「ボコスカド〜ン!と的を壊すと…」 等となかなかのユニークっぷりを見せてくれる。

また終わった後には
「ほい、じゃあ帰る時はカサとか忘れ物しないようにね。」
とアフターケアも忘れない。
そんな彼に会いたさに何度もゲーム屋に足を運んでしまうだろう…。


さらに「4つの剣+」では、対戦モードの「ナビトラッカーズ」でフルボイス出演。
見張り台(テレビ画面)の3階に陣取り、ゲームの途中で発生するボーナスステージを担当する。
「もう始めるの?」 とけだるそうな登場から一変、

「テトラの海賊お宝ゲーム、始まるよ!」

上の階に本人がいても全く自重しない。


本編中ではあまり語られないが、過去に画家を目指して挫折したという設定がある。



「追記、修正1回20ルピーだけど…、やる?」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/