風のタクト

登録日 :2012/07/28(土) 17:40:17
更新日 : 2017/10/27 Fri 02:49:30
所要時間 :約 4 分で読めます




ゼルダの伝説 風のタクトに登場する器具。

真っ白な棒に、持ち手側にグルグルした部分が2つついている。地味に左右非対称だったりする。

かつての3Dゼルダの時のオカリナと同じポジションのキーアイテム。


ストーリー中、赤獅子の王から竜の島上陸時に貰える。

単なる指揮棒ではなく、一定の手順で振るうと様々な効果を発揮する。むしろハリポタの魔法の杖的な存在。
また、楽器を演奏する人物の前で指揮棒本来の使い方をした事もある。



■使い方
タクトを構えると一定のリズムでタクトの先端が光る。先端が光った時にタクトを傾けていた方向が記憶され、一小節分入力した際に正しい方向であった場合、唄が効果を発揮する。

リズムもとい拍子はデフォルトは3拍子でコントロールスティックまたは十字キーを左に傾けると4拍子、右に傾けると6拍子に切り替わる。

画面上部にはメトロノームとなる点がいくつか現れ、真ん中の点が光ったタイミングが拍となる。

タクトの方向入力はCスティックで行い、上下左右とニュートラルの5つ。
拍を取るタイミング丁度で傾ける必要はなく、それ以前のタイミングで傾けても拍を取るタイミングまで傾けていれば問題なく入力される。


〇曲一覧
  • 風の唄
↑ ← →
3拍子。
竜の島で赤獅子の王からタクトを貰った地点からそのまままっすぐいくと石碑があり、そこに書かれている。
風神フウチンが護る唄で、使うと風の方向を8方角の好きな方向に向ける事が出来る。


  • 昼夜の唄
→ ← ↓
3拍子。
元はタウラ島のダンサートトゥが以前見た昼夜を入れ替える踊りで、リンクがタクトを構えると正しいリズムを思い出す。
そしてトトゥが踊ってくれるのだが、彼が踊っても昼夜は入れ替わらない。

前作の太陽の歌ポジションで、やはり昼夜を入れ替える。しかし、ガノンドロフの夜が明けない呪いに打ち勝つ事は出来ない。また、リーデッドの前で振っても無力。
昼夜が入れ替わる時の暗転シーンでさりげなく「太陽の歌」が流れている。

攻略には不要だが、あると主にニテン島のフィギュア作りが捗る。


  • 操りの唄
← ・ → ・
4拍子。
神の塔にて、神の僕の石像を1体安置した時に覚える。
その名の通り他者を操る力を持つが、操れる対象は神の塔の神の僕、大地の神殿のメドリ、風の神殿のマコレに限られる。
メドリとマコレを操っている間はゲージを消費して飛ぶ事が出来る他、メドリは竪琴で光を反射、マコレは樹を生やす能力を持つ。
操っている間リンクは無防備で、操り対象またはリンクが攻撃されると操りの唄は解ける。


  • 疾風の唄
↓ → ← ↑
4拍子。
フウチンの相方の雷神ライチンが護る唄。海の特定地域で暴れており、弓矢で静めると教えてもらえる。雷神だからかタクトの流れはイナズママーク。
船を

親子島
タウラ島
竜の島
チンクル島
魚の島
神の塔
南の妖精島
森の島
プロロ島

の9ヶ所に移動させる事が出来るワープの唄。ただし、親子島は閉鎖された内部に移動する為、イベント以外では意味が無い。
疾風の読みは「はやて」。
また、時のオカリナで最初に習得するであろうワープ曲「森のメヌエット」のアレンジと思われる部分がある。


  • 地神の唄
↓ ↓ ・ → ← ・
タイトルテーマの前半部分。6拍子。
大地の島の石碑に書いてあり、ゾーラ族の大地の賢者ラルトから受け継ぐ唄。そして、メドリを覚醒させるのに必要。
大地の神殿専用の唄で、メドリが傍にいる時に振って石碑を破壊するのが使い道。


  • 風神の唄
↑ ↑ ↓ → ← →
タイトルテーマの後半部分。6拍子。
風の島の石碑に書いてあり、コキリ族の風の賢者フォドから受け継ぐ唄。そして、マコレを覚醒させるのに必要。
こちらはマコレと共に石碑を破壊するのに使う他、「ゼルダの子守唄」のように斬った看板を再生させる能力も持っている。



唄は以上の6種類。開発期間が足りなくて没になった部分が実装されていれば、海神の唄なんかもあったかもしれない。


タクトの他の使い道としては、ポウに憑かれて正しく進めない時に、タクトを構えて適当に風の唄辺りを振っておけば安全に解除出来る。


ちなみに、現実では指揮棒は左利きでも右手に構えるがリンクはそのまま利き手の左手で持つ

細かい事にタクトを親指と中指だけで持ち、他の指は立てている





追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

名前:
コメント: