ゼルダの伝説 風のタクト

登録日 :2011/11/23(水) 22:19:21
更新日 : 2016/12/03 Sat 01:24:27
所要時間 :約 5 分で読めます






大海原を吹きぬける、風がはこんだ物語



2002年12月23日に任天堂より発売されたGCゼルダの一作目。


時のオカリナ』とはうって変わり、アニメーションのような映像が印象的な作品。
猫目リンク(トゥーンリンク)が初登場した作品でもある。



〇あらすじ


むかしむかし
ハイラルという豊かな王国がありました
ですが悪の大魔王が現れ、王国は滅びようとしていました


しかし…




緑の衣を纏った勇者 が現れ、大魔王に立ち向かいました
勇者は六人の賢者と共に遂に大魔王を封印しました


勇者はその後、どこかへと旅立って行きました…




ですが…
大魔王は封印を破り、再び王国に現れたのです


その後、王国がどうなったかは分かりません…


とおいとおいむかしの話です



大海原に浮かぶ島のひとつ「プロロ島」に祖母と妹アリルと暮らす少年、リンク。
リンクが幾度目かの誕生日を迎えたその日、突然巨大な怪鳥が現れ、アリルをさらってしまった。
リンクはテトラたち海賊一味の力を借りて、怪鳥と妹の行方を追うことに。

彼はまだ知らない。このことが、風と共に進む物語の始まりだとは…



〇登場人物


CV:松本さち
この物語の主人公。例の如く利き腕は左。好奇心旺盛なのか気になる物には視線を向ける。
今作では最初からあの緑の服を着ているわけではない。ちなみに私服はエビのマークのついたベルトがかわいい。二周目以降では私服のまま冒険ができる。
伝説の勇者と同い年とされる12歳の誕生日に旅立つことになる。

  • アリル
CV:松本さち
リンクの妹。しかし序盤で連れ去られるので、余りストーリーの大筋には関わらない。

  • テトラ
CV:橘ひかり
リンクと同じくらいの金髪の少女。死んだ母の跡を継ぎ、愉快な手下を従え海賊をしている。 三十路過ぎではない。 手下たちからは「アネキ」と呼ばれ慕われている。
その正体は… ゼルダ姫。

  • おばあちゃん
リンクとアリルの祖母。アリルが行方不明になったことで元気を失ってしまう。
孫思いの優しいおばあちゃんで、元気を取り戻したあとはリンクのために特製スープを作ってくれます。

  • 赤獅子の王
CV:丸山詠二
リンクが出逢った世にも珍しい「喋る船」。今作における相棒。渋い。爆弾を何発当てられようが平気な頑丈ぶり。
知識が豊富で、リンクに進むべき道を示す。
その正体とは…?

  • オドリー
リト族のポストマン。プロロ島担当。
義理堅い性格で仲間からの信頼も厚い。
行く先々でリンクに協力する。

  • メドリ
CV:たかはし智秋
リト族の族長に仕える少女。ヒッキーなコモリの世話役。とっても健気かわいい。コモリ爆発して灰になれ。
彼女と一緒に攻略するダンジョンもあるよ!フロアマスターにわざと捕まえさせて擬似触手プレイを楽しんだのは筆者の妹だけでいい。かわいそうなんでやめたげましょう…
任天堂スタッフの間でも人気が高く、彼女だけ「メドリちゃん」とちゃん付けで呼ばれていたそうである。

  • マコレ
コログ族の儀式で、楽器演奏を担当している。楽器はチェロに見えるが、バイオリン。歩くときにコロコロ音がするのがかわいい。多分♂。

CV:宮田浩徳
緑のおっさん。投獄されていて助けるとチンクルシーバー(HD版はチンクルボトル)をくれる。
その後も地図鑑定で頼ることになるが高額な代金にイラつくプレーヤーは多数。

  • 大妖精
グロくない。






  • ヴァルー
空の精霊。
竜の島の山頂に居座っている赤い巨大な竜。
彼の鱗を貰うことでリト族は翼が生え、空を飛べるようになる。
リンクが初めて竜の島を訪れた際は、ある理由から暴走していた。

大地の精霊。
森の島に鎮座する巨大な木であり、森の守り神。
ハイリア語だけでなく人間の言葉も話すことができる。
その正体は、時のオカリナのデクの樹の子供。

  • ジャブー
水の精霊。
巨大なナマズとアンコウを足したような姿をしている。
かつては魚の島に住んでいたが、敵の襲撃により別の場所へ避難している。














CV:長嶝高士
本作のラスボス
『時のオカリナ』終盤で封印されるも、時間をかけて甦った。
今回は今までより人間くさく、どこか哀愁を感じさせる。最終決戦前後の彼の独白は必見。



〇重要アイテム


振ることで風を操ることが出来る不思議な指揮棒。元々はどこかの国の王の持ち物だったらしい。



〇作品の評価


序盤からやたら難易度の高い魔獣島。武器ないのに敵の根城に単身放り込まれるなんて無茶な…それを乗り越えても後半はタライとホース、もといトライフォースを集めるイベント(ストーリー上必須)があるが、広い海上をひたすら移動して集めて回るという非常に作業感の強いものである事から多くの人がこの辺りで挫折してしまう。
そのためか、人によって賛否が激しい。
特にトライフォースイベントに関しては青沼氏もHD版発表の際に自ら問題点として触れていた程である。


だが、トゥーンレンダリングを活かしたイラストタッチのグラフィックとストーリーはかなりクオリティが高いので一見の価値あり。途中で諦めそうになっても、是非最後まで遊んでみて欲しい。



〇やり込み要素


  • ニテン堂
写し映の箱(カメラ)で撮影した人物・魔物をフィギュアにしてくれる。

が、 これがかなりしんどい

一度に保存出来るのは僅か3枚。なので何回も同じ所を行き来するなんてザラ。
更にストーリーを進めると消える人物もいれば、ジークロックなど一度しか戦えない敵もおり、場合によっては周回プレイでようやくコンプリートということも…ムジュラのサブイベント同様かなり鬼畜な難易度。



〇余談


  • 開発段階でお蔵入りになった二つのダンジョンがあるらしい。時間が足りなかったという話だが……。後半のトライフォース集めがだるい仕様になっているのはこのため?

  • 初期設定では、アリルは海の賢者、オドリーも何かの賢者になる予定だったらしい。説明書やサントラの表紙はそれの名残かもしれない。

また、オープニングをよく解釈すると分かるが、風のタクトは時のオカリナの大人時代の世界から続いている世界。
対してトワプリ等は子供時代(ムジュラの仮面)の後の世界。



〇続編


初のDSゼルダ 「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」が本作の続編にあたる。
そのため夢幻のリンクと本作のリンクは同一人物である。

大地の汽笛」のは恐らくよく似た他人。
大地の汽笛は本作から約100年後の世界であり、登場人物は本作のキャラクターの子孫と思われる。
ただしとある登場人物が継続して登場している。



〇HD版


2013年9月23日にHD版がWiiUソフトとして発売された。
画質の向上の他、原典での問題点は軒並み解消されている。(特に上記のタライとホースとニテン堂はとっつきやすくなった)
高難易度の辛口モードも搭載されたのでGC版クリア済のプレイヤーはこちらもやってみよう。




追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/