花のあすか組!

登録日 :2011/11/07(月) 02:58:30
更新日 : 2016/03/05 Sat 02:07:14
所要時間 :約 5 分で読めます




「花のあすか組!」は1980年代半ばから90年代半ばにかけて月刊ASUKAに連載されていた高口里純の漫画作品。
OVAや小説、TVドラマ、実写映画版二作も製作されているが、TVドラマ版は「スケバン刑事」の後継的扱いでスタッフも被っており、映画一作目は何故か近未来が舞台のハードボイルド。

ここでは2000年代にFeelyoung誌で連載された「新・花のあすか組!」も一部併せて紹介する。

孤高の少女・九楽あすかと都内の不良女子中学生を統べる組織・全中裏との抗争を中心に描いた物語なのだが、一般的なヤンキー漫画とは趣がかなり異なり、女子中学生同士のケンカというより、ルールに基づいたシミュレーションゲームの様な描写が多い。
(正直何をやっているのかよく解らない事もある)

また、前半のひばり様や十人衆の怪人っぷり(後半はそうでもない)、子供だけで構成されている筈なのに全容がつかめない程の巨大組織である全中裏等色々とツッコミ所も多い。

劇中のあすかの台詞は今読むと厨二臭いが、やたらカッコ良く、「あすか語録」と呼ばれ、当時のリアル厨房から支持されていた(らしい)。

◇登場人物
◆九楽あすか

「風に逆らう程バカじゃない、風に流される程ヤワじゃない」

理想的な家庭に育ち優しい両親に溺愛される優等生だったが、妬みからイジメにあい自殺未遂。
ヨーコやひばりとの出会いを経て、僅か数ヶ月後には別人の様に心身共にタフになって学校に帰還した中学二年生。
一時期ひばりの懐に入り、全中裏十人衆・側近左“悪”を務めた事から、その筋からはカリスマや伝説の様に扱われている。
主に金貨を武器に使う。
ヨーコ以外の相手ならぶっちゃけチート。

◆堂本ミコ
あすかのマブダチにしてヨーコの異母妹。明るいミーハーで強気。
蘭塾出で西区筆頭表番候補だったが辞退。全中裏と距離を置いた為、色々とマークされている。
泣き顔にならない様に眉を剃っている。
初期は“ブラックジャック”と呼ばれる砂のつまった巾着袋を武器にしていた。

◆鬼島ヨーコ
かってあすかを奈落から救い上げ、その後あっさりと切り捨てた、あすかのトラウマ的存在。
新宿を闊歩する少女ゲリラで、全中裏だけでなくヤクザ等裏社会全般から危険人物としてマークされている。
「ガキのケンカ」のルールを平然と破り、改造拳銃を所持している。

◆明ユカリ
絶世の美少女で、暴走族・シルバーゴーストのマスコット(族はマスコットのバージンを全力で守る)だったが、自分の足で走る為、マスコットを引退。
後任としてあすかを勝手に指名する。

◆最首
全中裏と対立している微里威同盟のトップ。高知の名家のお嬢で、武道の有段者。
「ひばりになりてーのか」と指摘されるとキレるが、図星らしい。
恐らく純粋な腕っ節なら劇中最強。

◆馬場
最首の参謀で女房役。良く判らんが相当のキレ者らしい。

◇全中裏
ひばりを頂点とし、裏番十人衆→表番衆→エリアマスター→末端構成員といった命令系統。
ひばり直属の頭脳集団・HIBARI.SS(円卓七人衆)や懲罰部隊、カゲボウシ(十人衆の影武者達)等も存在する、謎の巨大組織。
ハレルヤ計画、戦23、闇夜のカラス等々色々と壮大なプランを建てるのだが、大抵が有耶無耶になって尻切れトンボで終わる。
本部は何故かロココ調の宮殿の様。
構成員養成施設兼懲罰房として清心道場こと「蘭塾」を設けている。

◆ひばり
「新」からはHIBARI表記に変更。
貴婦人の様なドレスを纏い、ベールで顔を隠した、全中裏を統べる謎の女性。
自分のもとを去ったあすかに執着している。

◆春日
全中裏十人衆・側近右“善”。
白い長ランに乗馬鞭。
あすかが側近左の地位を去ってからは、事実上のNo.2となる。
ひばりとは違うベクトルであすかにこだわっている様に見える。
実は女性ではないらしい。

◆薔薇の宮/フサコ
あすかの前に側近左の地位にいた。あすかを気に入り、周囲の反対を押し切って、自分の後任に推挙した。あすかが全中裏を去ってからも何かと肩入れしてきたが……。

◆紅
全中裏十人衆・三色。
ボンテージファッションに(初期は)仮面。
西区を統括していたが、あすかに領土を奪われた上に、自慢の美しい顔に傷を付けられた事で、強烈に敵愾心を抱いている。
ヒステリックで激情的、人望もゼロとおよそ十人衆としての資質に欠けている様に見えるが、あえてひばりや春日は放置している。
初期は飼い慣らしたカラスを己の武器としていた。

◆葵
全中裏十人衆・三色。
カマイタチの異名を持つ、剃刀を武器とする、覆面をした三姉妹。
初期にあすかと戦い敗れた。普段は地味な女学生ぽい。

◆朱/オレンジ
朱色はオレンジでは無い様な気がするが、まぁいいや。
十人衆・三色。
本編登場の三代目はバレリーナの衣装。
蘭塾の管理人を務めるが、あすかにヨーコを奪還された上に、最首に蘭塾を事実上制圧され、更迭となる。

「新」では跡を継いだ暫定六代目が登場。
仮とはいえ十人衆とは思えない昼行灯なフツーの少女だったが、あすかに奮起を促され、覚醒する。

◆天使/雅
十人衆・天。
北区担当だが、全中裏の資金稼ぎとしての芸能活動が主な任務。
男装し、アイドルグループ「皇子5」のメンバー・雅の君を名乗る。
酷薄な性格だったが、あすかに敗れた事で“痛み”を知り、涙する。

◆弥勒
◆ジーザス
十人衆・天。
二人とも本編未登場。
今更出てきてもかませにもならん気がする。

◆赤鬼/レッドサイド
◆青鬼/ブルーサイド
十人衆・地。
「新」に登場。
暗黙の了解であすかと結託し、浮き足立つエリアマスター達を粛清した。
その後、あすかと対峙するが、二人とも敗北。
アイパッチをしているが隻眼ではなく、自分達への“縛り”である。

◆姫/巳姫正子
西区筆頭表番。
一応は紅の配下という事になるが、あすかに心酔している。
大変に頭が良いらしく、春日からは側近左の最有力候補として目をかけられている。
あすかの味方ではあるが、組織を脱ける事も出来ずにいる。

◆水/水森奈々
西区表番。一時SSに在籍していた秀才。
姫と同じく全中裏を脱けるのは難しい立場にいる。

◆風・林・火・山
西区表番衆。
あすかやミコに協力していた。
姫や水の尽力で全中裏から脱退する。

◇カゲボウシ
十人衆の影武者を務める25人の実力者。

◆九曜巴紋
◆九曜星紋
あすかが全中裏を離れた後もひばりの意志であすかの影武者を務める。容姿が似てるだけでなく実力もあすかに匹敵する。

◆九曜桜紋/花園のマリー
「新」に登場。
HIBARIの影武者で、HIBARIとほぼ同等の権限を有すらしい。
「存在はするが実体が無い」と云う意味の判らん噂の持ち主。
蘭塾奪還を巡り、最首やあすかと対峙するが……。

◇エリアマスター
東京23区に一人ずつ置かれている全中裏下級幹部、いわゆる現場監督。
戦23編で初登場。個性的なメンツが揃っていて人気が高い為、以降もちょくちょく登場している。


「あたしはただ項目を建ててみたかっただけなんだ……。でも追記・修正を繰り返して……始まりはこんなんでも良項目になる事もあるんだって……」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

名前:
コメント: