マグナモン

登録日:2010/11/05(金) 18:08:54
更新日:2018/06/17 Sun 15:11:08
所要時間:約 5 分で読めます






ブイモン、アーマー進化!!


奇跡の輝き

マグナモン!!



『マグナモン』はデジタルモンスターの一種。


【データ】

レベル:アーマー体
属 性:フリー、Va種、Da種
タイプ:聖騎士型

《必殺技》
◆エクストリーム・ジハード:デジメンタルの力を極限まで引き出し、全身からエネルギー波を放つ。
◆プラズマシュート:プラズマ弾を放つ。02、セイバーズでは鎧から黄金のミサイルを発射した。
◆シャイニングゴールドソーラーストーム:空間を急速圧縮、瞬間膨張させ、黄金のレーザー光で周辺の敵を一掃する。

《得意技》
◆マグナムパンチ:強力なパンチ。
◆マグナムキック:強力な蹴り。
◆ライトオーラバリア

●目次

【概要】

古代種であるブイモンが“奇跡のデジメンタル”を纏って進化した聖騎士型デジモン。
クロンデジゾイドの鎧はどんな攻撃も受け付けず、攻撃力は究極体に迫るなど、成熟期相当の能力である他のアーマー体デジモンとは一線を介す存在である。

必殺技は『エクストリーム・ジハード』だが、その威力から自らのデータ損傷が速まるために封印されたという設定になっていることもあり、
近年のゲーム作品では代わりに『シャイニングゴールドソーラーストーム』と言う技が追加されている場合が多い。
……メタ的には多分、本来は「努力」「奮闘」の意味でしかないジハードの持つ宗教上の意味合いが大きくなりすぎてきたからかもしれないが。


究極体クラスの能力を持ち、聖騎士型デジモン集団『ロイヤルナイツ』所属。
危機に瀕した時には奇跡の力で切り抜けることも可能な、ロイヤルナイツ守りの要である。

……という事だが、究極体揃いのロイヤルナイツのなか唯一アーマー体である事や後述する派生作品での活躍から、弱いという印象を持たれがちである。

【派生作品において】

アニメ『デジモンアドベンチャー02

序盤のボスであるキメラモン相手に登場した切り札的存在であり、
劇場版でもボスキャラケルビモン相手にラピッドモンと共に戦った。


だが、初登場した劇場版・アニメの描写では“成熟期相当にしてはかなり強いが、究極体には遠く及ばない”という印象を受けてしまう。
02本編で登場した際は完全体であるキメラモンに苦戦し、結果的にワームモンの活躍で勝利。
また『防御の要』という設定の割に、キメラモン戦では手で締め付けられて絶叫している。むしろ攻撃力と格闘能力が強調されていた。

劇場版でもラピッドモンと二体がかりでケルビモン相手に一度負けた(まぁ異空間に閉じ込められて無気力状態にされただけで、倒されたわけではないが)。


まぁ登場当時はロイヤルナイツなんてなかったし、仕方ないんだけどね(というかロイヤルナイツの一員という設定がなければ「強いアーマー体」で済むんだし)。


ちなみに、漫画『デジモンアドベンチャー Vテイマー01』でもコラボで登場した大輔のブイモンが、
パラレルモンに捕らわれたテイマーたちの思いが詰まった奇跡のデジメンタルによりアーマー進化し、
ここでは究極体のパラレルモンにエクストリーム・ジハードで止めを刺した。


アニメ『DIGITAL MONSTER X-evolution

Ω「……お前は自分の戦いに“迷い”を持ったことはないか?」

「無い!」

Ω「…その自信の拠り所は?」

「この世界を守るという使命感……そして、ロイヤルナイツの“誇り”だ」

Ω「………フッ…つまらぬ事を聞いたな…忘れてくれ…」



ロイヤルナイツとして登場。
イグドラシルの正義とイグドラシルが秩序をもたらすことを信じ、それに準ずる忠臣。

……が、オメガモンやデュークモンといった旧作で主役デジモンを務めたロイヤルナイツは序盤から戦闘に参加して敵や味方として活躍し、
最終的にX抗体を手に入れてX版になるのだが、マグナモンは同じく旧主役デジモンなのに戦闘シーンはなく*1、またX-進化もしなかった。

デジタルワールドのホストコンピュータ『イグドラシル』に忠誠を誓い、自身が主にとっての手駒であることも受け入れ、
そのうえでデジタルワールドの秩序のために動く愚直な性格……と、キャラクターとしては悪くないが、
いかんせん『最後まで頑なに敵側』『イグドラシルにチクる』『戦闘なし』『X-進化なし』と見せ場がない。
ある意味、反逆したロイヤルナイツにも直接戦闘を仕掛けないというのは仲間思いともいえるが…。
目立った活躍がないうえに声が大輔のブイモンなので余計に悲しい……。

最後までイグドラシルに忠実だった彼だが、イグドラシルの計画が阻止された後にどうなったかは不明。


…一応、ゼヴォでの他のデジモンとのやり取りはカッコいい。


「違う!…危機だからこそ…秩序が必要なのだ……!!」


アニメ『デジモンセイバーズ

ロイヤルナイツとして登場。
声優は鈴木達央。悲しい事に基本的にモブキャラ……。


アニメ『デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち

78話で、大輔のブイモンがいきなりマグナモンの姿で登場。
ヴェノムヴァンデモンのヴェノムインフューズをエクストリーム・ジハードで押し切りぶっ飛ばすという活躍を果たした。……声無しだけど。
また、マグナモンは強力だが、この姿には長時間なれないと大輔に語られている。
そのため、その後すぐにジョグレス進化してインペリアルドラモンになった。

漫画『デジモンクロスウォーズ』

出番なし。

最終巻のオマケ漫画で他にハブられたロイヤルナイツ共々作者に愚痴っていた。もはや公式で不遇。


ゲーム『デジモンストーリー サイバースルゥース

ロイヤルナイツとして登場。声優は高塚正也。

一人称は「僕」で、敬語で話す。
渋谷のデジタルシフトの奥で、イグドラシルの命の通り人間を滅ぼすべきかどうか悩んでいた。
人間世界に来る際に連れのデジモン達とはぐれており、そのデジモン達の置かれた状況を人間を測る指針としようとする。
そこにノキアとオメガモンが現れ、連れのデジモンはかつて助けたロップモンとトコモンである事が判明する。
以降は、主人公達に協力する事になる。



【マグナモンX抗体】

レベル:アーマー体
属 性:Va種
タイプ:聖騎士型

《必殺技》
◆エクストリーム・ジハード
◆プラズマシュート


マグナモンがX抗体を取り込んだ姿。
X-進化によってアーマーと身体が一体化した。その身体は戦う毎に硬度を高め、
硬度が最高レベルに達した時には全身が黄金に輝く絶対防御状態『ゴールドデジゾイド』へと変身を遂げる。

……戦う度にパワーアップして金ぴかになるとか凄く見たいが、前述の様に『DIGITAL MONSTER X-evolution』では残念ながら登場しなかった。

扱いはともかく、鋭角的でガンダムっぽいデザインはとてもカッコいい。









「身体は輝いてるけど、活躍的には輝いてないよね」

マグナモン「……」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/