ロイド(MOTHER)

登録日 :2012/01/18(水) 20:28:21
更新日 : 2016/09/13 Tue 00:57:55
所要時間 :約 3 分で読めます





ロイドとはMOTHERの登場人物の1人であり、主人公の最初の仲間である。
メカニックを操るメガネの少年であり、ポジション的には次作「MOTHER2 ギーグの逆襲」のジェフとソックリである。


専用武器はショックガンとエアガン。専用道具がレーザービーム、デスビーム、かえんほうしゃき、ボム、スーパーボム、ペンシルロケットである。
ストーリー上では使えるが、戦闘面では使えないといった感じのキャラである。

サンクスビギングのティンクル小学校の屋上にいるが、初対面では苛められていたため、なんと バケツの中に引きこもっていた。 しかも、用務員さんによって屋上は鍵が掛けられていたので主人公が来るまで幽閉されていたことになる。

彼の要望でスイートリトル工場へ行きペンシルロケットをあげると仲間になる。
次の目的地となる道には邪魔をしている岩があるが、ダンカン工場の一番左上にあるロケットを彼が操作して発射、岩を破壊してくれる。
このため、アナとテディは仲間にしなくても先に進めることはできるが(その時はかなりのマゾプレイになる)、ロイドはストーリーを進める上で必須キャラとなっている。


見た目通りにかなり機械の知識があり、彼にしか使えない道具も多く、壊れたボードも直せる。
小学生とは思えないほど危なっかしい武器を扱う事もしばしば。
ただ、見るからにヤバそうな字面の「かえんほうしゃき」にしても威力は90から100程度であり、KATANAをもったテディやPKフリーズγ等を使うアナの方が断然火力がある。
如何に主人公達(特にアナ)に危ない力があるかが分かることだろう(ただ、アナ自身は自分の超能力が危ないことを自覚している)。


様々な道具を扱える彼だが、能力面では主人公、ロイド、アナ、テディの内、4人の中では一番弱く、不遇である。

攻撃力、防御力はアナ以上主人公以下で、単純に攻撃するならテディが一番強い。
アナは打たれ弱い分強力なPSIが使えるが、ロイドとテディは使えない。PSIも使えず、力も弱い。
そして道具の威力も頭打ちで、一番強いデスビームは使い捨てアイテムなのだ。

しかも、ホーリーローリーマウンテンでは、主人公にはさいこうのバット、アナにはとびきりのフライパン、テディにはKATANAと一点物の武器が置いてるのだが、 ロイドにだけ用意されていない。
挙句、テディが仲間に入るとロイドが除け者にされるのだ。以上により公式で扱いが酷いキャラだといえるだろう。 

本来は臆病な彼だが、テディが負傷した際、彼に変わって再度仲間に入ることになる。
ロイドよりテディの方が良かったと嘆くプレイヤーも多かっただろう。

実はテディをメンバーに加えたまま最後まで進むことができる。
条件はテディを仲間にしないまま最後のメロディを手に入れるまで進め、その後でテディを仲間にすること。
ただこの場合、強キャラであるテディをラスボス戦直前まで戦力として使えなくなるため本末転倒といえる。

どうにかしてロイドの足手まといのイメージを払拭したい場合はレベルアップの際のステータスアップを吟味するのも手。
ロイドのレベルアップ時の成長幅はそれぞれファイト1~3、スピード0~2、かしこさ3~5、たいりょく1~3、フォース1~2。
ちなみにアイテムの「○○カプセル」「ふしぎな○○」によるステータス上昇幅は3~6。

プレイヤーからはサマルトリアの王子もかくやという役立たずポジションとして見られる彼だが、ギーグ討伐後はクラスの人気者となったようだ。




  • どういうわけか彼の父親もゴミ箱に入っている。しかも湿地帯のど真ん中で。

  • さすがに彼の性能は低くしすぎたと反省したのか、次作のジェフは大分マトモな性能となった。


追記、修正お願い致します

この項目が面白かったなら……\ポチッと/