デザインヒューマン(狂四郎2030)

登録日 :2011/11/02(水) 15:55:09
更新日 : 2015/07/20 Mon 22:20:49
所要時間 :約 7 分で読めます





※この項目は狂四郎2030のネタバレを多数含みます。回覧注意。







デザインヒューマンとは「狂四郎2030」に登場する人造人間。
「単純目的性生物」とも表記される。
DNA操作によって生み出された生物で、労働力・戦闘用等と様々な用途を目的として運用されている。

というのは表向きの話で、実際には男女隔離政策によって緩やかに日本民族が絶滅した後、
新たなる労働力としてゲノム党による狂ったユートピア実現の為の存在である。

●作中に登場したデザインヒューマン
  • 八木・阿野田・宮元・石村の陸海空各少将
厳密に言えばデザインヒューマンではないのだが、「遺伝子組み換えを受け出生した」極めて近い存在。
遺伝子的には「完璧な人間」とのことで、極めて高い身体能力や知識を持つ。
八木の場合は「人間的な部分」と「超人的な部分」の二重人格を持つ存在。
また、後述の環境耐性人間の様に極めて高い生命力を持ち、首を切られた程度では死なない。
人によっては怪人のような人間に見える。
「助けて〜〜仮面ライダー」
作中によると、死亡率は高いが組み換え手術を受けることで後天的に同様の存在になることが可能。

八木は二重人格ということに対してに悩んでおり、このことがユリカを虐げていることを非常に悔やんでいた。
また、対狂四郎戦で蘇生したときに「あの女(桜子)と殆ど一緒じゃないか」「これも進化だ…」と自嘲気味な台詞を吐いている。
ユリカ宛のダイイングメッセージでは「自分を一度も完璧な存在と思ったことは無い」と述べており、
成功を喜び、失敗を恐れる「普通の若者」が本来の彼の人格であった。

  • 桜子(環境耐性人間)
八木らと同じ遺伝子組み換えによって生み出された女性。
八木らとの交配で生み出される人間が「新たなる日本民族」として生み出すことを目的としている。
高レベルの放射能や様々なガス・生物兵器に対して極めて高い耐性を持つ。
脳漿が飛び出すほどのダメージを受けても死ぬことは無く、それどころか頭部を完全に吹き飛ばされても活動可能。
ただし、靴下の臭いにだけは弱い。(八木曰く「どういうプログラムだよ」)

  • 子供型
シティ内において人為的に作られた子供型のデザインヒューマン。
物語序盤から存在は示唆されている。

  • マイカ
白鳥編に登場。
快楽のみを目的としたデザインヒューマン。SEX以外は能動的に動くことは無い「精巧なダッチワイフ」。
狂四郎と接触した個体はゲリラ追跡のために放たれた囮。
追跡部隊は狂四郎によって壊滅させられ、負傷した白鳥と共にゲリラに匿われる。
狂四郎とのやり取りを通じて人を「思いやる」ことを学習し、白鳥と通じ合うことになる。
最終的に白鳥と共に生きる道を自ら選び、飛び出していく。
この行動にはゲリラ活動を行っている遺伝子学の権威達が「マイカが自分から動くなんて」と驚いていた。
最終巻の書き下ろしシーンにも白鳥と共に登場。

  • バル
同じく白鳥編に登場。
局地戦闘用歩兵として製作されたデザインヒューマン。
ゲリラとして活動している個体は本来ありえないはずの「自我」が存在した為、虐待を受けてシティから処分されたもの。
やさしい力持ち的ポジションではあるが、ゲリラ自体追われる立場と言う都合から、身を守るために軍や警察部隊を殺したことがある様で、
狂四郎にこの点を指摘されて他のゲリラメンバーと共に何も言い返せなかった。

  • "S"
秀明編に登場。
日本同様遺伝子学に長けたイギリスから破壊工作を目的として送り出されたとされるデザインヒューマン。
内臓が弱点だが、多少損傷しても再生が可能。胴体を切断されても、接続さえ出来れば復活できる。
主に男性オアシス農場を襲撃している。
"S"の討伐を目的とした部隊が編成され、これを「"S"プロジェクト」と称して討伐部隊が派遣されていた。
最新鋭の火器を持ち出せば勝てる勝負だったのだが「手の内を見せられない」と言う軍上層部の意向から、
討伐部隊は刀のみを持たされた歩兵で構成されている。現場指揮官は八角博士の実子・秀明。
右腕が刀剣(1・2戦目はフィランギのような形状)になっている。
淘汰圧を受ければ受けるほど加速度的に進化する特性を持つ。つまりサイヤ人体質。
(飛鳥も引き合いに孫悟空を出してた)
狂四郎とは4度対戦し、1・2戦目では経験の差で勝てたが、それが原因で3戦目では甲羅の様な皮膚・右手も巨大な剣に進化させてしまう。
前述の八木から拝借した業物「和泉守兼定」ですら通じなかったが、対戦車砲を持ち出した八角みずほの乱入によって敗走。
4度目は戦闘中に更に進化して背面に棘が生えたり口元がプロテクターで覆われた。
狂四郎は「それじゃビッグマックが食えねーな」と突っ込んでいる。
刀も使えず、徒手空拳の状態での戦いだったが、生物ゆえに「驕り」が生じ、
それを逆手に取られて、自らの剣で切り裂かれ、更に顔面を切られて絶命。
狂四郎の事は「同じ目をした殺人マシーン」と評しており、最高の対戦相手とも言っている。
途中、「弱い心を持った人間だ」と見下したが、敗北時には「やはりあなたは殺人マシーンだ、自分が認めたくなくてもね…」と述べた。

ちなみにチンコはある。

  • ゾフォース
農耕作業用のデザインヒューマン。
現段階では試作品で、試験のために空きのオアシス農場を求めていた。

  • フェンリル
アルカディア編に登場。犬型のデザインヒューマン。後にアルカディアと呼ばれる孤島で製作された。
極めて高い身体能力と繁殖能力を持つが、軍用犬にならない程知能レベルが低い為、実験過程で島ごと廃棄処分となった。
この為アルカディアは軍事コンピューターから人の住めない島と認識されている。
雌の「ボス」という個体が存在する社会形成となっている。
大半が狂四郎によって斬殺されたが、半年もたてば元の数に戻るとのこと。
名前の由来は北欧神話のフェンリル。

  • 無明・光明
北海道編に登場。
2003年に行われた極秘のデザインヒューマン計画によって生み出された兄弟。
作中登場するデザインヒューマンの祖と言える存在。
元々は無明のみが生まれるはずが、結合双生児として誕生した。
無明は究極の美と肉体を求められて作られた八木に近いタイプ。
光明は本来計画に無かった為、焼却処分される筈だったが、八角博士に匹敵する天才的な頭脳を持っていたため、
様々なエネルギー計画の実用化を成功させゲノム党の強大な力となった。
その後、両者は原因不明の皮膚病を同時に発症し、美を求められていた無明は投棄処分される。
光明はその後北海道中央電子センターの最深部で隔離され、様々な実験・プログラミングを行っている。
この二人の存在が北海道編の中心となる。

  • 偽装工作デザインヒューマン
名前が無いので便宜上この表記で。
西条の寝返りでまほろばの「光明救出計画」がゲノム側に知れ、
それを逆手にとってまほろば構成員と同じ顔に加工されて送り込まれたデザインヒューマン。計3体。
弱点は"S"と同じ内臓。同様の再生能力も持つと思われる。
狂四郎と接触した個体は明らかな違和感を感じ取られてた。
「光明救出作戦」発動後、狂四郎と接してた個体は"S"の様に右腕を剣に変化させ、正体を見抜いた狂四郎と交戦。
「切り刻んで食っちゃお!!」という台詞からカニバリズム趣向がある模様。
しかし"S"ほど戦闘能力に長けているわけではなく、"S"と同じように自分の剣を利用されて胴体を切断される。
活動目的とゲノムの目論見を吐かされた後、泣き別れになった下半身を蹴り飛ばされて絶命。















※以下秀明編ネタバレ
●"S"プロジェクトの実体
最初英語で話していた"S"が途中から日本語で会話してることから解るように、正体はゲノムによって作り出された存在。
形だけの討伐部隊を差し向けて"S"の強化を行う一方、
ゾフォースはこの後ゲノムの屋台骨になるであろう存在だった為、入念なテストを重ねる為に空き農場を与えるというもの。
なお、プロジェクト指揮者は秀明の妻、さくら。
しかし狂四郎が介入したことにより"S"自体倒されさくらも狂四郎によって殺害された為、
プロジェクトそのものが頓挫したと思われる。

しかしまほろば構成員に偽装した個体が"S"と同様の能力を持っていたため、ある程度ノウハウは活かされている模様。


(だめだ、こんなんじゃ追記修正にならない)
(そうだ!wiki篭りは上手いんだ)

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • 完璧な遺伝子をもつはずの無明・光明に欠陥があったという皮肉 -- 名無しさん (2014-06-25 00:12:08)
  • そもそも作品全体を通して「人間」は遺伝子で全て決めることは出来ないって作品だしな -- 名無しさん (2015-02-12 19:34:21)
名前:
コメント: