ツポビラウスキー症候群

登録日 :2011/06/28(火) 00:05:12
更新日 : 2017/06/12 Mon 14:27:22
所要時間 :約 2 分で読めます




お前は…ツポビラウスキー症候群だ

ツポビラウスキー症候群とは、安西医師によって発見された新種の精神病である。
★初期症状…自分が他の人間とは違う、優れた、特別な人間だと思うようになる。この頃はまだ面だった行動をとらない。
★中期…さらに思い込みが強くなり、人を遠ざけてあまり話さなくなる。

症例・気味の悪い絵をじっと見ている患者に妻が声をかけたところ、いきなり「 殺すぞ 」などと唸ったりする事例がある。
しかし、後日問いただしたところ、彼は覚えていなかった。
★末期…花火職人だった患者の場合だが、自分を特別だと思い込み続けた彼は、誰にも造れない花火を造ろうとした。
そして造り上げたのが… 人間花火 である。巨大な花火に人を括り付けた物。
人の命が散る様を花火で表現しようとしたのだ。

すんでのところで爆発は回避されたが、安西医師は彼にこう告げた。
「お前はツポビラウスキー症候群だ。無秩序を得意がり、人を傷つけることに喜びを感じる。世界中で発症している典型的な症状だ。お前は…ツポビラウスキー症候群だ」


因みに、遺伝する可能性があり、彼の父親も過去に同様の事件を起こしている。そのときにも安西医師はツポビラウスキー症候群と診断を告げている…

ちなみに、この父は人間花火を 成功 させている
以下ネタバレ






























漫画『Q.E.D. 証明終了』で登場した架空の病名である。

安西医師はこれを、「闇を封じ地獄に落とすまじないだ」と説明している。

人の命を自分が誇るために弄ぶようなことは許さず、名前を与えることで自分はけして特別ではなく、その他大勢のうちの一人に過ぎないことを自覚させるための名前。
それがツポビラウスキー症候群。


追記・修正はツポビラウスキー症候群にかかっていない人のみお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/