キュルビヌュ

登録日 :2012/10/02(火) 23:13:46
更新日 : 2016/04/24 Sun 22:14:05
所要時間 :約 3 分で読めます




キュルビヌュは、FINAL FANTASY Ⅶに登場…している筈のモンスターである。





LV…30
HP…3200、MP…300
EXP…700、AP…150、ギル…1000



竜巻の迷宮に出現する…と思われるこの発音不能じみたモンスター。
ステータスを見る限り、特に変わった所は無い。

姿はサイコロのような正方形6面体で、各面にはそれぞれ違った絵柄が描かれている…と考えられる。
攻撃の際は自ら飛び上がって転がり、出た面に応じた攻撃を行う、らしい。










…さっきから奥歯に物が挟まったような言い方ばかりしているが、これは仕方が無いのだ。

何せこいつ、本当にゲームに登場するのか今以て不明だからである。



かの解体真書にはグラフィックもデータもキッチリ載っているので、データ上にはいるとは思われる。
しかし動いている映像も、戦闘中の画像も、全く確認されていない。

さながらFF7における都市伝説モンスターなのだ。





と言っても、こんな例はコンピューターゲームでは珍しくない。
没データが削除されずに残ったり、出そうとしていた何かしらがフラグミスで出て来なかったり、モンスターに限らず転がっている。

FF7でも、魔晄キャノンに出ると同じく攻略本に記載された「魔法吸収マテリア」というモンスターがいるが、データのみの存在であり実際に会う事は叶わない。
(宝条かプラウド・クラッドのお供として出す予定だったのだろうか?)





では、このどう読むか謎のモンスターも、同じような没モンスターなのだろうか?

…そこがややこしい。
確かに戦闘画像は無い、動画も無い。…しかし目撃例は何故かある。
まさに都市伝説。



実はFF7には同じような例が、またしてもある。
竜巻の迷宮に出るとされるトンベリと、古の森に出るとされるオチューがそれで、どちらも闘技場では出て来るが、ランダムエンカウントではなかなか遭遇出来ない。
(遭遇テーブルを一周しても出て来ない)
…筈なのだが、キュルビヌュよりも多く目撃例が寄せられている。
寄せられているって事は、やっぱりいるのか?
となると…キュルビヌュも…?





バグかも知れない。フラグミスかも知れない。超レアモンスターかも知れない。
実際には、本当にいないのかも知れない。
存在そのものが、一種のロマンのようなものだろう。

お暇な方、他の人が体験した事の無い体験をしてみたい方。
その気があるなら、あっと言う間に通り過ぎがちな竜巻の迷宮で、宛ての無い旅をしてみてはいかがだろうか?










追記・修正…特に実際に目撃した方の追記修正、歓迎致します。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/