あらしのこじょう

登録日 : 2012/11/13(火) 20:13:18
更新日 : 2017/08/13 Sun 07:37:49
所要時間 :約 4 分で読めます




『あらしのこじょう』は初代クラッシュ・バンディクーに登場するステージの一つ。多くのプレイヤーから 全ステージ中最高クラスの難易度 と言われている。


■データ
箱の数:34
C箱:2つ(タウナステージクリア後は3つ)
ボーナスステージ
→タウナ:有
→ブリオ:有



■概要
日本版ではストーリー中盤で訪れるステージ。海外版では終盤に訪れることになる。(この点は後述)
ステージ名の通り、激しい雷雨に打たれる中、古城を上へ上へと登っていく。
その為背景は暗く、BGMも他のものと比べ て緊張感溢れるものとなっている。

このステージが高難易度とされる理由は大きく分けて3つある。

足場が狭い箇所が多い
クラッシュが端から2〜3歩歩くだけで落下してしまうほど狭い足場ばかり続く為、ジャンプの着地点を見誤ってミスをする危険が高い。その為、 ジャンプテクが非常に重要となる

トラップの多様さ
ステージの多くが動く足場等のトラップで占められており、トラップの組合せも多様な為、タイミングを読み間違えてミスを誘発しやすい。

パーフェクトクリアするにはスタート地点から一度もミスをしてはいけない
初代では後続のシリーズと違い、 ミスをするとそれまで壊した箱が復活してしまう 。チェックポイント箱を壊していようが、ミスをしてしまえばそれ以前より壊した箱は復活する。
言い換えれば逆走して箱を壊せばパーフェクトは可能なのだが、このステージの場合①ということがある為、逆走は非常に困難。
余談だが逆走が通じるのは 最初のチェックポイント まで。2つ目以降のチェックポイント箱を壊した上でミスしても、それ以前に利用したチェックポイントは消滅して復活せず(壊れるのではなく、存在自体無かったことになる)、その分の箱が足りなくなるためパーフェクトが不可能になる。元々オリジナルである北米版ではミスをすると箱の数に関係なくパーフェクトが不可能になるという仕様(ミスする度に1度ステージから出て入り直す必要がある)だったため、輸入に際し難易度緩和のために設けられた日本版独自の救済措置の1つ(他にはアクアクのヒントの実装や『カメカメジャンプ』の短縮化などがある)であるが、これに関してはあまり救済になっていない。

幸いなことに箱は全て見える位置に設置されている為、取り逃しの恐れはまずない。よって、このステージで最も重要なのは 生き残ること である。
生存率を高める為にはタイミングはもちろん、 ジャンプは気持ち高めにすること が必要となる。

因みに、日本版と海外版で挑戦する時期が違うのは、日本版製作の際にマップの場所を入れ違えた為。海外版では『ゆうやけのはいきょ』というステージが同じ位置にあった。
これも難易度調整のために行われた日本版独自の仕様。しかし日本版の『ゆうやけのはいきょ』は第3のフィールド『鉄の島』に存在しているにもかかわらず、ステージの内容は一切変えていないため背景に鉄の島が映りこむというおかしな状況になっている。



■登場するトラップ
★仕掛け階段

\      ■   カシャッ
 \   →  ■
  \      ■
   \      ■

一定時間毎に斜面→階段→斜面→…と繰り返す赤い階段。当然、斜面の時に乗ったら滑ります。
嫌らしいことに、落とし穴や他のトラップとセットで設置されていることが多い。


★スライドする足場

    ―   
 ━     ━

一定時間毎に壁から出たり引っ込んだりを繰り返す足場。
他のトラップとセットだったり、これだけが連続で設置してあったりと様々。

   ―   ―
 ━   ━   ━
 ∧ ∧∧ ∧∧ ∧


★棘

 ━ ━ ━
  ∧ ∧

足場の合間合間に設置されている棘。触れてしまうとアウトだが、アクアクの身代わり等によって無敵になっている間だけ乗ることが 出来る。
もしジャンプの飛距離を間違えてしまっても、アクアクがいれば棘に乗って体勢を立て直す…なんてことも一応可能。


★移動する足場

   ━ クル

   / ̄\  
   │ │  ━ クル
   │
    ̄ ̄ ̄
 ━ クル

特定の軌道を描きながら動く足場。足場の数 は場所によって二つだったり三つだったり。軌道には、 円を描くものと三角形を描く(指揮者が描くような三角)ものの二つがある。後者は不規則に見えがちなので混乱しやすい。
これだけならまだいいが、中には足場の間に図のような壁の中のスペースに箱がある場合があり、そこに飛び移る際に失敗して落下する危険性が高い。入れたとしても足場に戻る際に着地点を踏み外してしまってそのまま落下…という恐れもある。



■登場する敵
★悪魔の手
壁にある鉄格子からただ手を振り回しているだけの存在。どの攻撃でも倒せる。
攻略本によると、攻撃する意思等なく長年の牢獄暮らしで人の温もりが恋しくてたまらな いらしい。どんな罪を犯したのかは不明だが。


★ドッカン研究員
特定の位置から動かずに試験管の中に入った爆薬を放物線を描きながら投げ続けるだけの存在。一気に近づいてスピンで倒しましょう。
穴のすぐそばに立っていることが多いが ギャァァァアァァァァ!! と叫びながら落ちたりはしません。


★渡しドリ

∧(・▲・)∧       ∧(・▲・)∧

      ∧(・▲・)∧

その名の通り 自ら踏み台となって 足場から足場へとクラッシュを渡す為の存在。言ってしまえば味方ではあるがそのまんま触れると死にます。
コイツを踏み台にして進む箇所が多いが、一部の箇所を除いて一度踏み台にしたら復活しないので注意が必要。

実は海外版の没データの中にあらしのこじょうがもう一つ存在する。
その名も Stormy Ascent

チートコードを使えば遊ぶことが出来るが、その難易度は製品版のあらしのこじょうと比較にならない高難度。

通常のあらしのこじょうは上へ登って行くステージであるが
没版は上まで登った後に再び下まで降りて再度登って行くというきかいかはすすむを彷彿させる内容となっている。


製品版のあらしのこじょうを作る前の調整・テスト用だったそうだが
本当に出て来ていたらパーフェクトを取るのは非常に難しかっただろう。

と思われていたが、初代3部作をリメイクした
クラッシュ・バンティクーブッ飛び三段盛りのDLCにてまさかの復活を果たす。



追記・修正はこのステージをパーフェクトクリアしてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • むしろ暗闇のほうがキツい -- 名無しさん (2014-05-07 19:55:16)
  • これと入れ替えられたゆうやけのはいきょはどちらが難しいのだろうか… -- 名無しさん (2014-12-09 19:55:25)
  • ゆうやけのはいきょも相当ムズいけどな -- 名無しさん (2015-03-20 08:22:24)
  • 個人的には夕焼けの廃墟の方が嫌い、とにかく長すぎる -- 名無しさん (2015-10-25 16:34:18)
  • ブリオのボーナスへ行くと何故か箱全部壊していてもミス扱いになるのは俺だけだろうか? -- 名無しさん (2016-01-24 12:31:47)
  • ギミックの苛烈さはここが1番かも。入れ替えられたゆうやけのはいきょはギミックはここ程じゃないけど長くて集中力が切れやすい。 -- 名無しさん (2016-02-02 12:33:51)
  • ここの2つ前の「きりのつりばしで」のがきつかったな というか、つりばしでも厳しいのに次がセーブポイント無しの大岩ステージで、失敗すればつりばしに戻されるプレッシャーの中このステージをすることになるのが本当にきつい -- 名無しさん (2016-06-28 00:14:33)
名前:
コメント: