イザナミ(NARUTO)

登録日 : 2012/07/28(土) 08:04:24
更新日 : 2017/05/06 Sat 22:44:53
所要時間 :約 2 ~ 5 分で読めます




 




( ω )





イザナミとは『NARUTO』に登場する術。

イザナギと対になる写輪眼の究極幻術で、運命を変えるイザナギに対し、これは運命を決める術。



【概要】

失明のリスクはイザナギと同じだが、これは視覚ではなく、感覚によって相手を幻術にかける。

1.行動の中の任意の一瞬、その一瞬の己と相手の体の感覚を一度、瞳力で写真のように記憶(これをAとする)。

2.Aと同じ体の感覚をわざともう一度再現し、その一瞬を同じように瞳力で写真のように記憶する(これをA'とする)。

3.AとA'を重ね、繋げることにより、それまでの二つの間の時の流れを繋げる。

つまりは無限ループを作り上げる術。



元々は運命を自由に変えられるイザナギによって、驕り高ぶった術者を止める為の術。

イザナミにかかった状態でイザナギを使っても、同じ場所をループするだけ。

しかし、本来の己の結果を受け入れ、逃げなくなればイザナミのループは解ける。

この抜け道がある危うさの為、禁術指定されているらしい。
本編でイタチはこの術を使い、カブトをループに閉じ込めた。



 




( ω )





イザナミとは『NARUTO』に登場する術。

イザナギと対になる写輪眼の究極幻術で、運命を変えるイザナギに対し、これは運命を決める術。



【概要】

失明のリスクはイザナギと同じだが、これは視覚ではなく、感覚によって相手を幻術にかける。

1.行動の中の任意の一瞬、その一瞬の己と相手の体の感覚を一度、瞳力で写真のように記憶(これをAとする)。

2.Aと同じ体の感覚をわざともう一度再現し、その一瞬を同じように瞳力で写真のように記憶する(これをA'とする)。

3.AとA'を重ね、繋げることにより、それまでの二つの間の時の流れを繋げる。

つまりは無限ループを作り上げる術。



元々は運命を自由に変えられるイザナギによって、驕り高ぶった術者を止める為の術。

イザナミにかかった状態でイザナギを使っても、同じ場所をループするだけ。

しかし、本来の己の結果を受け入れ、逃げなくなればイザナミのループは解ける。

この抜け道がある危うさの為、禁術指定されているらしい。
本編でイタチはこの術を使い、カブトをループに閉じ込めた。



 




( ω )





イザナミとは『NARUTO』に登場する術。

イザナギと対になる写輪眼の究極幻術で、運命を変えるイザナギに対し、これは運命を決める術。



【概要】

失明のリスクはイザナギと同じだが、これは視覚ではなく、感覚によって相手を幻術にかける。

1.行動の中の任意の一瞬、その一瞬の己と相手の体の感覚を一度、瞳力で写真のように記憶(これをAとする)。

2.Aと同じ体の感覚をわざともう一度再現し、その一瞬を同じように瞳力で写真のように記憶する(これをA'とする)。

3.AとA'を重ね、繋げることにより、それまでの二つの間の時の流れを繋げる。

つまりは無限ループを作り上げる術。



元々は運命を自由に変えられるイザナギによって、驕り高ぶった術者を止める為の術。

イザナミにかかった状態でイザナギを使っても、同じ場所をループするだけ。

しかし、本来の己の結果を受け入れ、逃げなくなればイザナミのループは解ける。

この抜け道がある危うさの為、禁術指定されているらしい。
本編でイタチはこの術を使い、カブトをループに閉じ込めた。



 




( ω )





イザナミとは『NARUTO』に登場する術。

イザナギと対になる写輪眼の究極幻術で、運命を変えるイザナギに対し、これは運命を決める術。



【概要】

失明のリスクはイザナギと同じだが、これは視覚ではなく、感覚によって相手を幻術にかける。

1.行動の中の任意の一瞬、その一瞬の己と相手の体の感覚を一度、瞳力で写真のように記憶(これをAとする)。

2.Aと同じ体の感覚をわざともう一度再現し、その一瞬を同じように瞳力で写真のように記憶する(これをA'とする)。

3.AとA'を重ね、繋げることにより、それまでの二つの間の時の流れを繋げる。

つまりは無限ループを作り上げる術。



元々は運命を自由に変えられるイザナギによって、驕り高ぶった術者を止める為の術。

イザナミにかかった状態でイザナギを使っても、同じ場所をループするだけ。

しかし、本来の己の結果を受け入れ、逃げなくなればイザナミのループは解ける。

この抜け道がある危うさの為、禁術指定されているらしい。
本編でイタチはこの術を使い、カブトをループに閉じ込めた。



 




( ω )





イザナミとは『NARUTO』に登場する術。

イザナギと対になる写輪眼の究極幻術で、運命を変えるイザナギに対し、これは運命を決める術。



【概要】

失明のリスクはイザナギと同じだが、これは視覚ではなく、感覚によって相手を幻術にかける。

1.行動の中の任意の一瞬、その一瞬の己と相手の体の感覚を一度、瞳力で写真のように記憶(これをAとする)。

2.Aと同じ体の感覚をわざともう一度再現し、その一瞬を同じように瞳力で写真のように記憶する(これをA'とする)。

3.AとA'を重ね、繋げることにより、それまでの二つの間の時の流れを繋げる。

つまりは無限ループを作り上げる術。



元々は運命を自由に変えられるイザナギによって、驕り高ぶった術者を止める為の術。

イザナミにかかった状態でイザナギを使っても、同じ場所をループするだけ。

しかし、本来の己の結果を受け入れ、逃げなくなればイザナミのループは解ける。

この抜け道がある危うさの為、禁術指定されているらしい。
本編でイタチはこの術を使い、カブトをループに閉じ込めた。



 






この術で発生するループは、判で押したように全く同じ事象・同じ言葉ばかりが繰り返されるわけではなく、始点と終点は同じだが、そこまでに発生する現象はかなり変化する。

カブトの場合でも、何度かのループでイタチが火遁を撃って来るタイミングで水遁を撃とうとしたところ、先読みされて水遁の奇襲を受けている。
このループには特異点と呼ぶべき「継ぎ目」が存在し、ありのままの今を見る覚悟を決めるとその「継ぎ目」から意識が復帰する。


そしてこの術がイザナギと対を成すとされる理由は、イザナギが外界の法則を捻じ曲げて事象を改変するのに対し、イザナミは対象の精神世界を歪めてぐるぐるとループさせてしまう点である。
物質に作用するイザナギと、精神に作用するイザナミ、という対比である。










追記・修正すれば
自ずとイザナミのループは解ける

この項目が面白かったなら……\ポチッと/