エスリン(FE)

登録日 :2012/07/08(日) 10:58:44
更新日 : 2017/05/11 Thu 15:23:10
所要時間 :約 3 分で読めます




ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に登場する人物。
前半の主人公シグルドの妹でレンスター王子キュアンの妻。

とても可愛らしい容姿なのに主人公の妹で、すでに人の妻…恋愛出来なくて涙した人も多いのではないだろうか。

キュアン爆発しろ


物語開始前からレンスターに嫁いでいるが、兄シグルドの出陣を聞き居ても立ってもいられなくなり、序章開始後3ターン目から夫キュアンと槍騎士フィンと共に戦闘に駆け付ける。

シグルドとの会話では、おてんばながらもしっかりした性格で、シグルドと父親バイロンがだらしないから口うるさくなったと言う。

シグルドにからかわれながらも救援に来てくれた事に深く感謝される。

ユングヴィ家のエーディンとは旧知の中で、1章での会話で無事を喜びエーディンよりリターンの杖を、2章では義姉のディアドラより光の剣を渡され感激する。
どちらの会話イベントもエスリンの人柄の賜物なのだろう


3章でディアドラが行方不明になった時は涙を流し、キュアンに地槍ゲイボルグを渡しゲイボルグの伝説に怯える。



初期クラスはトルバドールで、序章の貴重な回復役。

剣も使え序章と1章は斧を使う敵がほとんどなので攻撃も避けやすい。
序章でスピードリングを持たせておけばほとんどの敵の攻撃は当たらず、アイラ説得まで囮にもできるので活用したい。

弱いながらも聖戦士バルドの血を引いており、最初から剣の武器レベルはAで技、素早さ、守備力が伸びやすく特に技と素早さが優秀で兄シグルド、夫キュアンより高くなりやすい。
HPはレベル30で約42〜47くらいで、男性陣に比べると低いが前半の女性陣の中ではトップクラス。
反面魔力はあまり成長しないのでライブの杖では回復しきれない事も…

トルバドールの時は後方に下げて回復に専念する事が多いが、早い内から杖を振りまくってパラディンにクラスチェンジさせるとシグルド、キュアン、レックス達と共に前線を任せても安心出来る。
狙われやすいユニットだが個人スキル必殺による必殺の一撃で返り討ちにする事も珍しくない。

だが先述したように狙われやすいユニットなので油断は禁物。

キュアンと結ばれているので恋愛イベントは本城の「ただいま」「おかえり」の会話のみ。



4章開始前にキュアン、フィンと共にレンスターに一旦帰国するが……
(その関係でそれまでに倒されてもその時点で帰国するため、死ぬことはない)




5章のイード砂漠でトラキア軍の奇襲によりキュアンと共に命を散らす………
小説版ではトラバントに風の剣で応戦するもトラバントが投げた手槍で身体を貫かれる……





エスリンの持ち物は息子のリーフに引き継がれるが、リーフの初期レベルは1なので追撃リングや鍛えた光の剣を引き継がせたいところ。


追記・修正は杖を振りながらお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/