フェーリ(ぷよぷよシリーズ)

登録日 :2011/06/28(火) 14:12:03
更新日 : 2017/06/05 Mon 12:44:44
所要時間 :約 4 分で読めます




運命だから


ぷよぷよシリーズの登場人物。
CV:前田ゆきえ


初出は『ぷよぷよフィーバー2【チュー!】』。
専用BGMは「窓辺にて想うその名は…」
タイプは「フィーバーで逆転タイプ」


レムレスと同じく隣街の学校の生徒で、レムレスの後輩。彼に対して恋心を抱いているが、レムレスは気付いていない(か、気付いていないフリをしている)。
同じくレムレスに憧れているクルークとは仲が悪い。

異世界から誤って召喚してしまった謎の生物バルトアンデルスからは非常に懐かれているが、本人は放置している。たまに秘密のおまじないをする時に、門番として活用する。
ぷよフィ2では、プレイヤーに呪いの手紙みたいなものを送り付けてくる。

おどろおどろしいBGMが流れ、気味の悪い呪文を唱えているというシーンがあるが、これは別に誰かを呪っているわけではなく、 レムレスと両想いになれるおまじない をしていたのだった。その場をアミティに目撃されてしまい慌てる様は、普段のクールな性格も鑑みると非常にかわいい。
……が、これは別に照れているわけではなく、「このおまじないは見られたら効果がなくなる」という理由から慌てているのである。しかも直後に、アミティを 全力で消しにかかる。 ヤンデレ
ちなみにこの時にかかるBGMは「ぷよ漫才〜あやしい系〜」という曲。フェーリのテーマ曲……というわけではなく、フェーリがいないところでも使われることがある。
しかし『ぷよぷよ!』ではこの曲にアレンジを加えたものが、フェーリの専用BGMになっている。

また事故でバルを召喚してしまったとはいえ本人のおまじない能力はわりと高く、ぷよぷよ!ではバルの企みを看破してみせた。
ダウジングロッドを持っているが、ダウジングをしている描写はあまりない。

プリンプタウンに棲息する生き物をまとめた本の著者の好みのタイプであるらしく、魑魅魍魎だらけの本の中に何故か載っている。

『ぷよぷよ!!』では連鎖ボイスがほぼ一新され、ゴスロリ度がアップ。
また、おまけキャラとして天使のコスチュームに身を包んだ白いフェーリが参戦。
性格も白くなっている。

ぷよぷよテトリス』では世界融合事件の影響で、ルルーやラフィーナと共におかしくなっていたが、りんごと勝負をしたら元に戻った。
素の性格が性格なだけに、元に戻ったのかどうか分かりにくかったが、レムレスを見て態度を変えた事から元に戻った事が分かった。
この時レムレスに「いつもの素直でかわいいフェーリだね」と言われて喜んでいた。

■連鎖ボイス
得意とするおまじない関連の呪文。星関連のようにも見えるが、クルークとは違い占星術的な意味合いである。


「何かを感じる」
1連鎖目。

「来たわ」
2連鎖目。

「来た来た」
3連鎖目。

「キエーッ」
4連鎖目。トランスしたのだろうか。
*1 キエエエエエ!

「フォール」
5連鎖目。「転落」の意。

「ウェイン」
6連鎖目、強化呪文。

「ライツ」
キメボイス1。

「リターン」
キメボイス2

「グランドトライン」
キメボイス3。星の角度が120゚に保たれた状態で、占星術において「安定と調和」「幸運」を示す。
カットインでは言葉の意味どおり、ダウジングロッドで三角形を作る。

「クロノクレーター」
キメボイス4。「時の支配者」を意味し、占星術において人の一生のうち各天体が力を発揮し始める時期を示す。

「トウェルヴハウス」
キメボイス5。占星術において天球を12に分割したもののこと。
ボイスがかわいい。

「イングレス」
ぷよぷよ!以降でウェインの代わり。「潜入」を意味し、占星術においてはある天体が星座を移動すること。

「ルミナリー」
ぷよぷよ!以降でライツの代わり。「発光体」を意味し、太陽、月、星などの天体を指す。

「ステリウム」
ぷよぷよ!以降でリターンの代わり。天体が一ヶ所に集まっている状態。

「プリンシパル・スター」
ぷよぷよ!以降でトウェルヴハウスの代わり。ホロスコープを読む時に中軸として読む星のこと。
ボイスがかわいい。

「アプライ」
反撃ボイス。天体同士が特定の角度を形成しようと段々近付いていく時期のこと。




追記修正する?


いいんじゃない?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/