プロット(創作)

登録日 :2011/08/23(火) 22:30:18
更新日 : 2017/08/16 Wed 21:33:31
所要時間 :約 6 分で読めます





※注意※
この項目は例として幾つかの作品のネタバレを含んでいます。



プロットとは創作において「物語の設計図」となるもののことである。
語源は英語の「plot」。ちなみに陰謀や小区画という意味でもある。
グラフを描く際にグラフ用紙に「点を打つ」ことをプロットというが、
厳密には「○○の後××、その後△△…」が「ストーリー」で
「○○と行動したので××の状態になったので△△と…」
の形式で物語るのが「プロット」らしい。

・プロットの作り方

ここではプロットの組み方を例を挙げつつ説明していく。


まずプロットを作る前に「テーマ」を決める必要がある。
ではそのテーマとは何か? それは物語の根底にある絶対条件である。

例えば「生徒会の一存」を例にすると、テーマは「生徒会室で役員+αが駄弁る」である。
偶に関係ない挿話もあるが、このシリーズは基本的にこのテーマに沿って進行している。


ちなみに上記の文に言う「テーマ」は、厳密には「描きたいもの」のうちビジュアルや人員的な要素の面と言える。
石ノ森作品で言えば秘密戦隊ゴレンジャーや仮面ライダーシリーズはどちらも「変身して戦う」という映像的要素がある。
しかし戦隊シリーズは「最初から正義の集団」であることも普通だが、ライダーは「敵対組織と力の根源は同じ」という要素を抱えている事が多い。
(昭和の時点でも全てではないが、平成ライダーシリーズに多く見られる要素でもある)

このためライダーの多くはテーマ性として「悪と同質の力を振るう正義」を描いていると言え、これはキャラクターの年齢や性別等とは関係ない概念的要素である。
つまり作品を構築する基幹要素そのものは複数存在していると言え、場合によっては下記のようになる事もある。

作家「美少女が出したい!でも担当に戦闘モノって言われた・・・せや!だったらセラムンみたいな美少女戦士にすればええんや!」
担当「(アクションをしっかり描いてくれるなら)ええんやで」

この場合、作家のビジュアル的テーマは「美少女」で、担当の求める概念的テーマは「戦闘」と言えるだろう。
その上でどシリアスに殺しあってまどマギみたいな事になるか、コメディタッチで百合モノっぽくなったりするか、といった部分はまた別の話。

年齢設定に関しても、エヴァンゲリオンのような「少年少女の主人公もの」には「ビジュアル的にそうなるべくしてなった設定」が用意されている事があったりなかったり。
魔法陣グルグルでは「ミグミグ族の子供の頃の不安定なハート」が力の源となっており、完全に「ヒロインが特殊な力を使える年齢制限」がある。
しかし蒼穹のファフナーでは「戦うためのロボットに適応するよう調整され生み出された子供たちだから」なので、主人公らは紛れもない強者だが彼らより年齢が高めのパイロットもいる。

このように、作中で主人公らがメインとして描かれる理由にも差があったりする事もある。


こうしてテーマを決めたら、早速プロットを……といきたいところだが、次に「キャラクター」「世界観」を決める必要がある。
これは何故かというと、プロットとは言うなればキャラを動かすための「予定表」のようなもので、
予定を組むにはその対象となる人物と、それを組む前提となる状況が必要だからである。

ただしここで作るキャラや世界観は仮決定でも構わない。
とかく必要なのは大前提である「テーマ」に必要な役者と舞台であり、これ以降必要に応じて修正が入るのは当然だからである。
つまり、プロットとは物語に対し脚本とほぼ同義なのである。


ではテーマが決まり、世界観を整え、登場するキャラが一通り揃ったら、ようやく本題のプロット作りである。

プロット作りにおいてよく用いられる方法に「帰納法」と「演繹法」が挙げられる。


帰納法とは、先に結論を用意し、そこに向かって式を組み立てていく方法である。いわば「テーマ優先型」といえる。

例として「ロウきゅーぶ!」を基にしてみよう。
「高校生の指導の下、小学生の女子バスケ部が男子バスケ部に勝利する」という結論に至るため、
「なぜ試合するのか」「どうして主人公はコーチをしているのか」という風に、物語を遡って構築していくのが帰納法である。
この場合、キャラクターは後から必要に応じて組み立てたり組み替えてもよい。


もう一つの演繹法とは、前提を基に結論を導き出す方法、いわば「キャラ・世界観優先型」である。

同じく「ロウきゅーぶ!」を解体していく。
「部長のロリコン騒動で休部中の主人公」(前提A)に「小学生女子バスケ部のコーチング」という依頼が来る。
ここで主人公は「一週間という期限つきで承諾」する(結論A)。
次に「一週間という期限」(結論A→前提B)に対し「コーチングが必要な理由を知る」というファクターが加わり、
「試合まで勝てる指導をする」と約束を交わす(結論B)……という風に、
玉突きのように前提から結論が産まれ、その結論が次の前提になるのが演繹法である。
こちらはキャラクターの思想や状況が結論を出すための条件になるため、事前にある程度確定して組み立てる必要がある。


こうしてプロットを組み立て、そこに肉付けして物語を作っていくのである。


・シナリオの部分的プロット


先の例は物語の開始や主人公の行動の根源など、全体のバックボーンとなる部分の書き方である。
しかし漫画の週刊連載やなろう小説の更新などは「このキャラを活躍させる」とか「このキャラは生かす」といった大雑把な事は決まっていても
その回その回の詳細が決まってはいない事も普通であり、こうした場合にもプロットは存在しうる。

うしおととらの単行本版巻末漫画では、作者がプロットの例として「うしおたちがきけんなば所でわるものをたおす」と書いているネタがある。
これは前述の例で言えば「読者にスリルやアクションの爽快性を与えて楽しませる」という大きな概念的目的に対し組んだプロットと言える。

こうした考え方は映画などでも例える事が出来、エンターテインメントとしての要件を満たすための考え方と言える。
ここに盛り込む肉付けの要素をうまく組み換えれば、別の作品を作ることだって可能なのだ。

例:主人公がきけんなば所(乗っ取られた戦艦=海の上の要塞状態で助けが来にくい)でわるもの(テロリスト)をたおす=「沈黙の戦艦」
ちなみに2作目は「高速で移動していて助けの来ない列車」が舞台。
これが「高空を飛んでいるから〜」となると「エアフォース・ワン」になる。うしとらで言うとふすまの回とか。


またこの舞台設定をしていく上で、空を飛べるキャラクターが少ないという世界観などがあると主人公の状況も変わってくる。

実例としてはHELLSINGでは、敵の英国襲撃作戦前にアメリカ議会で吸血鬼が暴れて大混乱を引き起こすなど「即時の援軍」を遮断しているところがある。
これは推理漫画における孤島ものにも類似点があり、特に現代においては警察の組織的・科学的捜査や、
法的根拠のある拘束力、複数の人間を監視下に置ける人員数などはどうしても「それがあれば事件が解決してしまう」ところがある。

それ自体はいいことなのだが、警察が機能する=主人公を活躍させるといったプロット上の前提との衝突が発生してしまう。
このため「すぐには警察の増援が来ない」という前提が必要となり、そのために雪崩先生や台風アニキにお出まし願うことになる。
(前述で言うと「民間人の主人公キャラを、警察の介入なく活躍させるには」を考えていく事で話が出来上がる演繹的な手法に当たるだろう。
「現代で」という前提を崩さない場合は自然災害が強いが、「民間人」のキャラだけを守りたいなら警察の科学捜査力が無い時代を選ぶというのも手である)

事件の重要参考人または少数の犯人候補を合法的に拘束したり、逆に「安全のため」という方便のもと監視を行うのは警察ならば可能である。
が、単なる民間人同士では現行犯逮捕しない限り、ただの名誉棄損を行った人間による違法な軟禁などになってしまう。
よほど強引で後先を考えない人間(か疑われた側が前科持ちなど相当疑われ易い存在)でもなければ「帰ったら訴訟する」という言葉の前に拘束は不可能となる。
だからこそ「こんな場所にいられるか!俺は部屋に帰らせてもらうぞ!」といったセリフと新たな死体が生まれたりするのだ・・・。


TRPGのダブルクロスには<瞬間退場>というエネミーエフェクトがある。
要するにルール上「この敵キャラクターは攻撃に当たらず一瞬で拠点などに帰れる」と定めてあり、必ず生還出来るようになっている。
(ちなみに「レネゲイドと言われるものにより特殊能力を得た超人がいる世界」など、基本的設定はゲーム側が提供している)

このエフェクトは『我々に逆らう者の顔を見に来てやt「あ、スキルマシマシの全力攻撃でそいつ殴ります」ひでぶ!?』といったような悲劇を防ぐためのものである。
物語序盤でラスボスが死んでしまったら、ゲームマスター=シナリオ製作者は話を進めることが困難になってしまうからだ。
城から出て5分でボスキャラが死んでしまったら、最後の決戦に誰を出せばいいんだという話である。

これはプレイヤー側も必ずしもわざとやっている訳ではなく、後で出てくる中ボスだとウザいし数減らしておくか位の考えで殴ったら、
クリティカルヒットにより真の力を開放するなど段階的な強化をされていないラスボスがしんでしまいました。という感じである。

それを防ぐ設定上の能力により、射程外から煽り台詞を言った後で瞬間退場する事で「ボスっぽい空気を出しつつ死なない」みたいな行動が出来るようになっている。
GM「ぼ、ボスキャラが死んだーっ!?プロットダイーン!
となった後のゲームマスターは、誰もがアドリブの効く玄人ではない。初めてGMをやって、プロットが爆発四散し大混乱・・・そのままゲーム自体がグダグダ・・・という事もありうる。
というかそういう現象が実在したが故に、ゲームや会社の方針によって「ボス出オチ対策」が練られた結果である。


ただし項目最後のライブ派、すなわちある程度までの矛盾は気にしない(または考えている暇がなかった)というパターンも存在する。
(著名な作品として北斗の拳はそのように作られた面がある、と作者がインタビューで語っている)
TRPGにおいても(ラスボスが死んだようだな・・・じゃあ中ボス予定の奴を)「ふはは、奴など所詮小物。本当の黒幕は俺だ!」(ってことにしとこう)
みたいな事をやって凌ぐことが出来る人もいる。


◆有名な構造の作り方


・起承転結/序破急

プロットを組む時、箇条書きで流れを書くのもよいが、それでは際限なく続いたりどうでもいい部分が増えることがある。
そこで情報を整理しシェイプアップするために、起承転結や序破急といった区切り、緩急を付けることが重要になってくる。


起承転結とは分かり易く言うと「四コマ漫画」構成である。
起で物語が始まり、承で発展し、転で最高潮を迎え、結で収束する。
涼宮ハルヒの憂鬱」をこれで分解すると、

起:涼宮ハルヒという破天荒な少女が主人公のキョンに絡み始める
承:キョンの前にハルヒの望む宇宙人未来人超能力者が現れ、彼女の特性が語られる
転:ハルヒは自らの能力で新たな世界を作り、そこにキョンも呼び出される
結:キョンは元の世界を望み、ハルヒと二人で帰還する

と、こうなる。
これをさらに「起の転」や「承の結」など細かく分け、16区切りにするとかなりすっきりする。
スペースも取るし面倒なので16分割についての例は省略。


序破急は主に演劇などの分野で使われる言葉で、転を承と結に分割したと思えば分かり易い。
新世紀エヴァンゲリオン」を分解してみると、

序:人智を越えた「使徒」に対抗するため、碇シンジがエヴァンゲリオンの操縦者となる
破:使徒を撃破する内に、その裏で蠢く陰謀や真実が少しずつ明かされる
急:遂に発動した人類補完計画。そこでシンジが選ぶ未来は――

もちろんこちらもさらに細かく9段階に分けることでより明確になる。
が、やっぱり面倒なので省略。

三幕構成は主にハリウッド映画などで使われる言葉で、初めから1/4までが1幕で物語の前提を描写し、
1/4から3/4までが2幕で本題である事件を展開し、3/4から最後までが3幕で解決編となる。
2幕の中でも1/2時点の前後で流れが変わり、ここから解決までの方向性が定まると同時に危険も増すため
実質起承転結と等価と言えるかもしれない。
ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を例に挙げると、
1幕:過去にブロディ一家を襲った事件と、真相究明に動くジョー、そして真相であるムートーが出現する
2幕前半:父に家族を守るように言われたフォードはサンフランシスコへ向かう作戦に参加するが、彼が時限装置をセットした核弾頭がムートーによって街に運び込まれてしまう
2幕後半:ゴジラがムートーを殺し、フォードは核弾頭を街から引き離す
3幕:フォードは核爆発前に救出され、避難所で家族と再会する

こちらも幕の中をさらに細かく分ける場合もある。
ビート・シート(Blake Snyder) 13フェイズ構造(金子満)
第1幕 オープニングイメージ
設定
テーマの明示
触媒
選択
(背景)
日常
事件
決意
第2幕 Bストーリー
お楽しみ
中点
迫り来る悪い奴ら
全てを失って
心の暗闇
苦境
助け
成長・工夫
転換
試練
破滅
契機
第3幕 フィナーレ
ファイナルイメージ
対決
排除
満足

・プロットを組むメリット/デメリット

なぜここまで手間をかけてプロットを組み立てるのか?

一つは、こうすることで物語を矛盾なく進めることができるということ。
気分でつらつらと書いた文章は時に前後で致命的な矛盾を抱えることがあるが、そういうミスを少しでも減らすため。

もう一つは、あらかじめ予定を組むことで時間的にも内容的にも無駄なく創作するため。


逆に問題点としては、キャラクターが突然予定外の行動を取り始める、所謂「一人歩き」の妨げになること。
もしそういう場面に向き合ったら、無理やり元の道を歩ませるのではなくキャラクターの歩く先にゴールが来るようプロットを修正するほうが、
キャラクターの魅力や作品の味が出たりとプラスになることが多い。


プロでもプロットを組まない人(ライブ派)もいるので、組むのならあくまで予定であることを頭にいれて使うのが正しいプロットの組み方といえるだろう。
創作の技巧は人によって十人十色なので、これが絶対的に正しいという回答はないのだから。




起:項目が建てられた
承:たくさんの人が読んだ
転:誤字や不適切な表現が見つかった
結:追記・修正で事なきをえた

この項目が面白かったなら……\ポチッと/