カンニング(芸人)

登録日 :2011/08/12(金) 01:09:00
更新日 : 2016/04/05 Tue 17:25:22
所要時間 :約 7 分で読めます




カンニングは、日本のお笑い芸人。
所属事務所はサン・ミュージック。

竹山隆範中島忠幸 の二人組…だったが、中島は今は鬼籍に入られている為、現在は竹山がピンで活動している。

もともと幼馴染の二人が、芸人目指して上京し挫折した竹山と板前目指して上京し挫折した中島が、飲食店で偶然出会って1992年コンビを結成。


◇ネタの内容


竹山がキレる。
とにかくキレまくる。
中島が竹山の暴走を止める→竹山の暴走が止まる→再発

が、オキマリのパターンである。

しかし芸風とは逆に、私生活では中島の方がよっぽど短気で、ネタでもキレまくる竹山に中島が更にブチギレるというパターンもある。

「(怒られて)今から普通の漫才します…」
「出来るか!お前がいつも一人でしゃべるせいでやり方忘れたわ!!」


◇出演番組





  • 笑いの金メダル

他多数。


◇エピソード


2004年7月のエンタの神様本番中に竹山が尻を丸出しにする暴挙に出た。
竹山は

「ホンマに此処でウンコするぞ!!」
「止められるモンなら止めてみやがれ!!」

隣で中島が必死で止めるも、結局竹山は全国放送でズボンとパンツをおろしてしまう。
其処へスタッフが登場、強制退場となった。


そして翌週。

竹山「俺は此処でウンコをしようとしました!ゴメンナサイ!!」

と述べて謝罪。

竹山「俺はウンコ芸人ではありません!ウンコです!!」

と言いつつ、相方の中島に

竹山「何で俺を止めなかった!」

と食ってかかった。その言葉に激怒した中島が

「なんじゃその態度は!オメエ本当に反省してんのか!!」

と叫び、竹山を客席と視聴者に向かって土下座させ、あらためて謝罪。

謝罪後に竹山は

「今の小学校じゃウンコに行くと虐められたりすることがよくある」
「僕がこういうことをすることで、小学校が『ああ、俺たちもトイレに行っていいんだ』と思ってくれれば……っていう気持ちも少しはあったんです」

と、若干屁理屈とも受け取られかねない釈明をした。そして最後は
「僕がテレビに出演してるだけで不快な気持ちになる視聴者の方は大勢いるでしょう。
今日はこれで失礼します、どうもすみませんでした。」

と締めくくり自主退場した。この際は司会と客席の双方から拍手が起こり、形の上では綺麗に落ち着いた。


因みにこの騒動のあと、スタッフによって仕組まれたものでは?との意見が続出する。

主な疑問点として

1…仮に番組の意図しない竹山の暴走で尻を出したのならば、なぜそれを放送したのか?

2…そもそもリハと違うことをやっていたら最悪の事態になる前に止められたのでは?

3…番組のホームページに殺到したカンニングへの批判・苦情コメントがそのまま掲載された。(これまでは苦情が掲載されたことなど一度もなかった)

4…あれだけの問題を起こしたのに干されることもなく、その翌週にも出演した。


などが挙げられる。
この件についてはカンニング本人からも番組からも正式なコメントはないため、残念ながら真相は分からない。

騒動後も定期的に同番組に出演し、ある時は喫茶店コントを披露。
明らかに滑った…。
そして竹山は

「全然ウケねぇじゃねぇか!」

直後、芸風の違うコントを試みた理由として番組スタッフから
「普通の漫才は出来ないの?」
と軽いノリで聞かれた際に見栄を張って『出来ます』と答え、引っ込みがきかなくなったからと述べた。

その後にネタ中に

「すいませんスタッフさん。でもはっきり言います、僕ら漫才できません!」

とぶっちゃける。

時には携帯電話を取り出し、

「文句がある奴は俺に電話して来い!!俺の携帯の番号は、090のバキューンバキューン」

電話番号を言おうとした所、銃声でかき消された。

他にも同じ事務所の後輩芸人・ラブカップル(男女のお笑いコンビで、メンバーは中田とカオリちゃん)を同番組に呼んだ事がある。
しかも竹山は、あろう事か中田が自分の財布から金を盗んだ事をその場で告発。
勿論中田は涙ながらに謝罪した。
が、幾ら何でもやり過ぎである。

因みに中田は同じメンバーのカオリちゃんと本当の夫婦になりたいと思っている。
が、当のカオリちゃんはそれを嫌がっている。

それから暫くして竹山は再び二人を同番組に呼び、漫才をやらせた。
因みにこれは中島が白血病で入院した後の出来事だった。



2006年12月20日、中島は白血病が原因で、妻と幼い子を遺し、鬼籍に入られた。享年35。

竹山をはじめ、同事務所の芸人達が葬儀に参加したのであった…。
この葬儀には多数の取材陣が殺到し、竹山は戸惑ったようなコメントを漏らした。
それから竹山は 「カンニング竹山」 として活動を開始したのであった。


現在ではもっぱらイジラレてはキレるという芸風である。

特にアンタッチャブル山崎はなにかにつけ竹山をいじったりトークに入り込んでくる。


アメトーークに出演する際は、もっぱらアナルいじりをされている。
家族でアメトーーク見てる人間には、ケンコバのTENGAネタ並の茶の間ブリザードと化す可能性が高いので注意しよう。
同じようなものにブラマヨ小杉のイランイランオイルがあるが、こちらは定着しなかった。

中井正広のブラックバラエティでは、初登場時に「竹山というよりさいとうぽい」「カブトムシ飼ってそう」と カブトムシさいとう の名を与えられ、
以降誰かが竹山と呼ぶ度、いちいちテロップがさいとうと修正する。

その縁からか、カブトムシの斉藤さんというキャラのいる漫画『伝染るんです』の実写版にカブトムシの斉藤さん役で出演していたりする。
ドラマ「斉藤さん」に竹山が出演した際には、これ以上なくいじり倒した。


中島がいなくなってから、
誰かが竹山をいじるのも、皆から愛されているからだと切実に思う。


幸せ者だな…




因みにプライベートでは、

近所の子供に名前を呼び捨てで呼ばれたり、新車に傷をつけられたりしていた。

……かなり子供に嫌われている事がわかる。

他にも笑点スペシャルでは、パペットマペットの頭巾を無理矢理脱がそうとした。

竹山「もうパペットマペットとは仕事したくないんですよ!」

何で?

竹山「だって差し入れの弁当、牛用、蛙用、(頭巾の)中身用ってあるんですよ!!」









以下ネタバレ?注意

生前、中島にネタがつまらないなどの暴言を常日頃から吐いていた。
しかし人格面については貶めしてネタにするようなことはせずに、ただ「いい人です」と話の最後に付けるだけであった。








\追記・修正出来るモンなら追記・修正してみやがれ!!/
   ____
  /    \
 / ノ(((((ハ_ 丶
〈 /_≧_ッ_≦_丶〉
(H_◎_八_◎_H)
(|  (_)  |)
 |  ノェェェェヘ  ノ
 丶 |⌒⌒| /
 /\`=="/\
`/ |>―</| ヽ
|  >丶  / <  |
|  \丶 / /  |

この項目が面白かったなら……\ポチッと/